おいしい農風

旬の野菜の一番おいしいいただき方ってどんなだろう?
スーパーの特売で買ってきてももちろんおいしいけど、ファーマーズマーケットで農家さんから売ってもらう野菜はさらにおいしい。それが農家さんの台所でいただくならなおさら。またそこで作られた保存食にも味がぎゅっとつまっています。
農風の活動には、いろいろなおいしいものとの出会いがあふれています。おいしい野菜には、手間をかけない簡単アレンジがよく合う。ここでは農風のスタッフとくいしんぼうなメンバーたちが、そんな簡単レシピや食材をお伝えしていきます。
また毎月の東京朝市アースデイマーケットにて「おいしい農風の台所」を開催し、お料理ワークショップを行なっています。予約不要ですので、ご興味ある方はどうぞお立ち寄りください。

  • おいしい農風の台所とは
kanbuturice

 

農家さんつながりとはちょっと違うレシピですがぜひご紹介したいので掲載します。
アースデイマーケットでお料理ワークショップの講師をされている塚越尚美さんに教わりました。
災害時や外に出られない時に役立つ、少ない水とエネルギーでのごはんの炊き方です。
ジッパー付き保存袋で炊き込みごはんも作れちゃいます。
まずは基本から↓

■基本の白米の炊き方
【材料】
米…1合(150g)、水1カップ弱(200cc)
あれば梅酢小さじ1/8、ジッパー付き保存袋(中)1枚

【作り方】
(1)ジッパー付き保存袋にお米と水を入れる。
★水に余裕があれば洗米してもよい。
(2)中の空気をしっかり抜いて口を閉める。
★ちゃんとしまっているかどうかよく確認しよう!
(3)沸騰した鍋に(2)の袋を入れ、20〜30分茹でる。
(4)お湯から引き上げ、少し蒸らせば出来上がり
(5)炊き上がったご飯はほぐしておきましょう。(熱いので軍手があると便利。)

☆ジッパー付き保存袋での洗米の仕方
・米と水を袋に入れる
・口をしっかりしめてしゃかしゃかする
・口の端っこをちょっとだけ開けて排水

☆ポイント☆
・お米を茹でる時、鍋肌に袋がつかないように注意しましょう
・一応、ジップロック(袋)は湯煎対応ではありません
あくまでも非常時の炊飯方法です。
・梅酢の代わりに梅干の種を入れて炊いても保存性UP!

☆非常時はいつも以上にミネラル分が必要です。
保存性の高い乾物類はミネラルが豊富なのでぜひ活用してください。

ワークショップの様子はこちらをどうぞ

http://xn--7pv151g3kav3z.jp/2014/05/03/1740

先生から農林水産省の食料備蓄ガイドの紹介もありました。ダウンロードできるのでこちらもぜひ参考にしてみてください。

http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/pdf/pdf/gaido-kinkyu.pdf

【レシピ作成】ツカゴシナオミ:やさい料理研究家/KIJ 認定クシマクロビオティックアドバイザー

レシピ

炒り玄米と乾物入り炊き込みご飯

poli_rice_3
材料)
白米…1合、炒り玄米…大さじ1、炒り大豆…大さじ1、 ひじき…ひとつまみ、切干大根…ひとつまみ 水…1カップ強、しょうゆ…小さじ2
手順)
  1. 切り干し大根は乾燥のままキッチンハサミで   ちょきちょき切る。ひじきも長ければ切る。
  2. 全ての材料を袋に入れ、空気をしっかり抜いて口を閉める。
  3. 沸騰した鍋に(2)の袋を入れ、20〜30分茹でる。
  4. お湯から引き上げ、少し蒸らせば出来上がり。
  • poli_rice_1
  • poli_rice_2