おいしい農風

旬の野菜の一番おいしいいただき方ってどんなだろう?
スーパーの特売で買ってきてももちろんおいしいけど、ファーマーズマーケットで農家さんから売ってもらう野菜はさらにおいしい。それが農家さんの台所でいただくならなおさら。またそこで作られた保存食にも味がぎゅっとつまっています。
農風の活動には、いろいろなおいしいものとの出会いがあふれています。おいしい野菜には、手間をかけない簡単アレンジがよく合う。ここでは農風のスタッフとくいしんぼうなメンバーたちが、そんな簡単レシピや食材をお伝えしていきます。
また毎月の東京朝市アースデイマーケットにて「おいしい農風の台所」を開催し、お料理ワークショップを行なっています。予約不要ですので、ご興味ある方はどうぞお立ち寄りください。

  • おいしい農風の台所とは
pickles

 

お買い得で栄養豊富な旬野菜をたっぷり買ったら、ぜひつくってほしいのがピクルスです。

簡単にできて約2週間程おいしく食べられます。

おかずにもおつまみにもあと一品というときにさっと出せば、パンチのある酸味で気分もさわやか。

いろいろな野菜でつくって並べてみると目でも楽しめますよ。

 

7月に東京朝市アースデイマーケット実施したワークショップでも、サイドメニューでつくってもらいました。
持ち帰りは保存用のビニール袋を二重にしたものを瓶の代わりに。適当な瓶がない時にも使える技です。

 

ピクルス  
【レシピ作成】ツカゴシナオミ:やさい料理研究家/KIJ 認定クシマクロビオティックアドバイザー

レシピ

野菜のピクルス

IMG_1182 ピクルス
材料)
ニンジン…1/4本、きゅうり…1本、カブ…2個、パプリカ(赤・黄)…各1/2個 【ピクルス液】 米酢…200cc、水…100cc、自然塩…小さじ1強、てんさい糖…大さじ2~、ローリエ…1枚、にんにく…1片、粒コショウ…5粒(お好みで)、唐辛子…1本
手順)
  1. 鍋にピクルス液の材料をすべて入れ火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止めて冷ます。
  2. 野菜はすべて乱切りにし、1リットルのお湯に塩大さじ1/2 を入れた湯でさっと茹で、水気を切る。※さっと茹でることで水分が抜け、味がしみこみやすくなります。
  3. 野菜が熱いうちに煮沸消毒した瓶に下処理した野菜を入れ、ピクルス液を注いで蓋をする。
  4. ※翌日~翌々日ぐらいから食べられます。 煮沸消毒したビンで作った場合の保存期間:約2週間
  • DSC05503_b
  • IMG_3581
  • IMG_3576