活動記録!

11/6 農園ゆうの収穫手伝い&塩づくり隊

農園ゆうの堀江さんの地元千倉町では、毎年お祭りで塩作りをしていて、
その塩作り隊長がお知り合いだという事で、
今回のイベントを企画しました。

「塩作り」なんてそうそう体験できないですし、
興味を持ってくれた方が沢山参加してくれました。
それなのに朝から小雨大雨を繰り返す悪天候。
こんなに雨に降られた事は今までなかったのに。。。

でも、堀江さんご家族やお仲間の方が、前もって用意をしてくれたお陰で、
無事に開催する事ができました。
参加していただいた皆さんも、雨にもめげずありがとうございました。

堀江さん宅に到着後、まずは気になる塩作り様子を見に行きました。
畳1枚くらいのバットからはもうもうと湯気が出ていて、
薄茶色の液体がグラグラと煮えていました。

堀江家の長男司くんが、水産試験場から海水を運んできたり、
まきを用意したりして準備を整え、
前日の朝から、バットに海水を継ぎ足しながら煮詰め、
300Lの海水が今やバットの半分くらいの量になっていました。

まきの燃えカスを網ですくいつつ、時折まきをくべて更に蒸発させていきます。
この段階でできるだけカスを取り除くのが、きれいな塩を作るポイントだそう。

塩ができるまで後1時間くらいかかるという事で、
その間に大ピーナッツ「おおまさり」を収穫しに行きました。

ピーナッツは枝から地面に伸びた根の先に実がなります。
横に伸びた枝をかき集めるようにして引き抜くと
沢山のピーナッツがついていて大歓声(^o^)
更にその大きさにも驚きの声☆
おおまさりは普通のピーナッツの倍くらいあるのです!

引き抜いた後は地中に残ってるピーナッツ探し。
シャベルで掘り返すと場所によっては、ゴロっと大きなのが見つかり、宝探しのよう☆
みんな『掘り出し物』を見つけようと真剣でした。
枝からピーナッツをむしって回収すると箱2つ分もあり、
2畳分くらいの収穫だったのにこんなに取れるんだと。
土ってスゴイなぁと思いました。

今回私と飯田が通っていた、クシマクロビオティックアカデミーの同期の方が
お二人参加されていたので、その方達にお昼ご飯の準備をお願いし、
サツマイモを堀りに行くチーム、塩を煮詰めるチームに別れて作業開始。

昼餉の用意は、野菜を収穫するところからだったので、
土を落とすだけでも時間がかかって、しかも人数も多かったし、結構大変でした。

サツマイモはお土産用と焼き芋用。
太いのやら小さいのやら色んなサイズのが、土から掘り出されました。
中くらいのを濡れ新聞紙とアルミにくるんで、塩を煮詰めてる焚火に投入。
こういう事ができるのも焚火のいいところ♪

『そろそろ塩の花が咲きますよ』と司くんが呼びに来てくれて、
みんな塩の周りに再集合。
朝見た時より更に水が少なくなって、グツグツと沸き立っていました。
トンボをゆっくり動かしてバットの角に塩水を寄せるようにしていくと、
端からサーッと白くなり塩が現れました。

できた塩をスコップですくって、ザルの上にひいた手ぬぐいの上に上げていきます。
みんなで順番に塩をすくっていき、ザルに山盛りの塩ができました。
海水の塩濃度は3%なので、計算上は300Lから約10kgの塩ができます。

みんなが昼食の用意をしている合間に、堀江さんがおじさんから譲りうけたミカン畑へ。
もちろんこれも無農薬。というより手が回らずほとんど放置してあるそう。
なのにこんなにたわわ~

もぎたてのミカンのジューシーなこと。
こんなに美味しいミカンは初めて☆
でも去年は収穫が間に合わず、半分以上捨ててしまったそうです。
今年は救済してあげたい!

ザルの下からポタポタと染み出してきているのが、豆腐を作る時に使うにがり。
茶色い液体で苦辛いw

コレが肌荒れに効くと塩作り隊長の福原さんに勧められ、
試しに手にすりこんでしばらくすると、、、
驚いた事に指の関節にできていたガサガサの湿疹がキレイに消えました!
後で調べてみたところ、にがりの成分であるマグネシウムは、
肌のシワや毛穴に詰まった汚れを吸い出す効果があるそう。
知らなかった~!もらってから毎日使ってます。

畑の野菜を沢山入れたお味噌汁が完成して、
長女のユキちゃんが作ってくれたおむすびと共にいただきます♪

おにぎりは塩むすびとサツマイモを炊き込んだのがあって美味しかったなぁ~

朝収穫したおおまさりが大人気!ホクホクして栗のような味。
サツマイモも焼けて、作った塩をかけて頂きました。
採れたて出来立てのお料理、最高の贅沢でした。

沢山食べた後はもう一働き。生姜を収穫に行きました。
生姜は地表から浅いところにできるので、引っ張るとすぐ抜けます。
茎の根元をカットして、根を取って終了。
13人もいるとあっという間に終わってしまいます。

お土産には収穫したサツマイモ、生姜、みかん、そしてお塩を頂きました。

お塩はまだ湿っている状態で、1ヶ月くらい天日干ししてにがりを抜くと
まろやかな塩が出来上がるそうです。
ウチではザルに入れて置いてあるのですが、
毎日受け皿ににがりが溜まっていて、塩は段々白くなっていってます。

生姜はレモンと一緒にハチミツ漬けにしたり、
サツマイモと一緒にご飯と炊き込んだり。
みかんは皮を取っておいて薬味にしてます。

自分で収穫してくると、大事に使って、美味しく食べてあげようって
気持ちがより強くなります。
みなさんはどうやって食べたでしょうか?
コメントお待ちしてます♪

今回はずっと雨で、大人数で参加したのに力が発揮できず残念でした。
また今度行く時は農作業に貢献したいです!

トモ

台風15号の後、農園ゆうさんへ♪

次回のイベント『収穫手伝い&塩作り』の打ち合わせもかね、
農園ゆうさんに行ってきました。

メンバーは農風スタッフのまさことスタッフ候補のこころ、
前回参加して頂いたY氏を運転手に迎え池袋に7時集合!
台風15号で荒らされた畑の片付けや、
翌日のマーケットの出荷準備を手伝うぞーと意気込んでいたのですが、
道を間違え神奈川でさ迷い、やっとたどり着いたアクアラインは、
事故渋滞で入口にさえ入れないほど。。。

ゆうさん家に着いたのは11時半。
お母さん=さつきさんが『皆さん来るのをあてにして待ってたのよ~』
と出迎えてくれました。

早速マーケットに出荷するピーナッツを取りに畑に行くと、
7月に農風で雑草を抜いた場所が、立派な畑になってて、
一緒に作業したY氏と感動を分かち合っちゃいました☆
成果を目にすると達成感がわいてきます(^^)
雑草畑だった7月

同じ場所とは思えません!

ピーナッツ畑はタヌキよけの電柵に囲まれてて、
電線に葉っぱが触れると電圧が落ちてしまうそう。
なのでちょっと早めだけど、柵周りの株を抜いて
マーケットに出荷するそうです。

ピーナッツは枝を横に這うように伸ばしており、
枝の下から土中へ伸びた枝先にピーナッツがなっています。

土から枝をはがすようにして引っこ抜くと、
ピーナッツがゴロゴロ出てきます。
意外と知らない方も多いのですが、ピーナッツは地中になるのです。

根っこには根粒菌の粒が沢山ついてました。
こんなにぎっしり根粒がついてるのを見たのは初めて!

※根粒菌は、マメ科植物の根に粒を作り、大気中の窒素を植物が栄養分として利用できる物質に変えて植物に供給してます。逆に植物からは、光合成産物をもらって菌は増殖します。根粒菌と植物の間で需要と供給関係が成り立っているいい関係なのです。

作業場に運んで、出荷に適当な大きさの実だけ枝から取っていきます。
いつもは、この後洗って干してから出荷するそう。
収穫~出荷までの『調整』作業にもかなり手がかかる事を、
週末農風の活動をやるようになって知りました。
地味に大変です(^_^;)

今回は干して土を払うだけにする事になり、
ムシロに天日干しにしてお昼休憩。

お昼ご飯は調理担当ユキちゃんが和風カレーを作ってくれました。
普通のカレーには入れないレンコンやオクラが入ってて色んな食感♪
お代わりしちゃいました◎
里芋の煮物も絶品でした~
デザートの塩茹でピーナッツは、殻いっぱいに実がつまってて
コリっとして、ナッティな甘味☆
後引く美味しさで手が止まらなくなっちゃいました。

自給自足を心掛けている堀江さんちで、買っていい野菜は玉ねぎだけだそう。
野菜が採れない時期、ユキちゃんは頭を悩ませるそうです。

午後は台風で倒れてしまったオクラ畑の片付け。

夏に見た時は胸くらいの高さだったのに、今は見上げるよう。
しかも根元の方は木の幹のように太く固くなっていて、
ちょっと引っ張ったくらいじゃ抜けません。
クワで根元を掘り返して、なんとか倒しました。

更にそれを運びやすい大きさに切らなきゃならないんだけど、
固くてハサミの歯が立ちませんw
苦心惨憺して50本ほどのオクラを始末しました。

2畝は種取り用に残しておくそう。
堀江さんちの野菜はほとんど自家採種。
それも昔からずっとなので『ゆう在来種』と言っていいかも。
オクラも元は八丈島から来た八丈オクラという品種だけど、もうゆう在来かも?!

お土産には、倒したオクラから採ったオクラに加え、
ワサビ菜、間引き大根、新生姜、ナスにピーマン、
そして巨大ピーナッツのおおまさり☆
沢山頂いちゃいましたo(^-^)o

帰ってから早速おおまさりを圧力鍋で塩茹で。
ホクホクしてて芋や栗のよう♪
食べちゃって写真がなくてゴメンなさい。

11月にはきっとおおまさりも収穫するはず。
実物を見に来て下さい(^-^)/
『収穫手伝い&塩作り』参加お待ちしてます♪

7/17 農園ゆうさんで野菜畑の草むしり隊☆

7月は2週連続企画です!担当のイトウトモの2連チャンです。
『野菜畑の草むしり隊』に男性2名、女性2名が参加してくれました。
朝から暑い中ありがとうございました。

今回訪れた農園ゆうさんは週末農風初登場♪
なのでちょこっとご紹介します(^^)

農園ゆうでは、堀江さんご家族、88歳になるおばあちゃんとお母さん、
息子さんの3世代で、四季折々の野菜とお米を育てています。
台所は娘さんが担当。家族が協力し合っていてとても仲が良いのです。

「ゆう」はどなたかのお名前かと思っていたら、
優秀の優、有機の有、友達の友、遊ぶの遊と色んな思いの重なった「ゆう」だそう。

南房総の千倉町、歩いて海まで行けるところに田畑があり、
無農薬、有機肥料(牛糞、海草粉末、牡蠣がら、二価鉄)とEM菌を使って土作りをしています。
※EM菌とは。。。有用微生物群の総称で、微生物同士の相互作用により、
植物が良く育つ土壌へ改良されます。
ゆうさんではEM菌液に焼酎・酢・糖蜜・唐辛子・にんにくを混ぜたモノを
病害虫対策に用いています。

堀江さんが案内してくれたのは見渡す限り雑草しか生えてない畑。
『何が植えてあるんですか?』と聞いたら、『手が回らなくて。雑草畑です。』と。
おぉ雑草畑とは言い得て妙。
片っ端からドンドン抜いていけばOK!
みんな手に手にシャベルやら鎌やら持って端っこから攻めていきました。

日照り続きで土が乾燥してるから割りと簡単に抜けるのですが、
土が見えないほどビッチリ雑草が生えていて、鎌が土に届かなかったりして苦戦w
たちまち汗ビッショリ(;-o-;)
でも雑草畑の隣のピーナッツ畑では、おばあちゃんも草むしりをしていて、
若い者が弱音を吐けません。
出荷先から帰ってきた息子さんも加わり、おしゃべりをしながらも手は雑草を抜き続けました。

『休憩しましょ~スイカありますよ~』との声☆
第1回スイカブレイクは冷凍スイカ♪

手が汚れてても食べられるように1カットずつラップにくるんでありました。
この自然な甘味最高!生き返る~
お昼ご飯前にもう一頑張り!

雑草畑の横には人参畑があり、みんな1本ずつ引かせてもらいました。

土の上から根本を触り太くなってそうなのを探します。
葉っぱが育ってるからといって根が太いとは限らないそう。
これだっと思ったけど細かったw
早速井戸水で洗ってかじると、特に中心が甘くて美味(^^)♪

家の裏の畑でオクラも採取。

よく見かけるオクラと違って断面が丸く長いタイプ。
八丈島産の八丈オクラの種を自家採種して栽培してるそうです。
これもお昼のおかずに♪

お昼ご飯は娘さんが用意してくれました。

ホクホクなカボチャの煮物に米ナスのチーズ焼き。
おにぎりには10年ものの梅干しが入ってました。
生で食べた八丈オクラは、ポクポクとした歯ざわりが楽しい感じで美味しかったです。
野菜やお米はもちろん自給。
驚いたのは、塩を近所の方に作ってもらっている事!
口溶けが良くて甘味を感じる塩でした。

さぁ続きやっちゃいましょ~
始める前の写真(左)と比べると、お昼までに(右)真ん中の竹の所まで2mくらい進みました。
できれば終わらせたいp(‘o’q)

雑草を掘り起こしてると畝らしき凸凹があったり、
ヒョロッとした玉ねぎの葉っぱがでてきたりして、
畑だった頃があったんだと再確認。

日照り続きで水もないのにどうして雑草がこんなに生き生きと育ってるのか。
生命力の強さに圧倒されました。

隣のピーナッツ畑が気になったので撮影。
丸っこい葉っぱに黄色い花で愛らしいのです☆
咲き終わった花のガクの横から根っこみたいなのが伸びています。

これが土まで伸びていって、地中でピーナッツを実らせます。
和名;落花生の名の由来はここにあります。
千葉と言えばピーナッツ!まだピーナッツ企画した事ないのでやらなきゃ♪
(ちなみに…8月企画のバターピーナッツはカボチャの一種です)

スイカブレイク第2段はスイカが丸ごと1個!
これを手で割って食べるのがツウの食べ方だそう。

バリッと割ってできたギザギザの割れ目からカブりつくと、
口の中に自然にスイカが転がり込んでくる感じ☆
包丁の切り口からかじるのとは口当たりが違いました。

残り15分。ラストスパートをかけましたが、畑全体は終わらずW
1/4くらい残ってしまいました。
でも大健闘だったと思います!お疲れ様でしたm(_ _)m

『お土産にナスとピーマンを好きなだけ取って下さい』と言われ畑へ。
料亭には1つ200円で卸してる米ナスも、地元では70円でも見向きされないとか。
みなさん家庭菜園で自給してるんでしょうね(^^;)
お言葉に甘えて、遠慮なく沢山頂いてしまいました。

熱中症対策にスイカなど用意して下さったおかげで、
みんな最後まで元気に作業できました。
いい汗をかいてデトックスできたかな(^^)♪
堀江家の皆様ありがとうございました。

頂いた米なすは、トマトとバジルとオリーブオイルで炒めたり、
焼いて味噌あんをかけて食べたりと洋風にも和風にも良く合い最高でした♪
マーケットで見かけたら是非食べてみて下さい!

イトウトモ