活動記録!

6/20-21 豊穣庵で色んな豆の種まきとあんこ作り

梅雨の時期のイベントはいつも天気予報に一喜一憂させられます。
今回は色んな作業を計画していたのに雨予報が出ていて心配でしたが、
時折パラパラと降った程度ですみ予定通り作業が行えて助かりました。

お昼ご飯前にまずは豆類の種まき。
大豆、小豆、赤大豆、祝島小豆は直接畑に蒔き、白小豆と祝島緑豆はマルチを張った所に蒔く計画。

同じ種まき作業でも農家さんによってやり方は様々。
豊穣庵では耕した畑にロープを張り、そのライン上に30センチおきに2粒づつ蒔いていきます。

紐を張る人、土に穴をあける人、その穴に種を埋める人。
役割を交代しながらやっていく内に、段々とみんなの息があって、スムーズに種まきが進んでいきました。

IMG_2199 (2)

穴あけに便利な道具が発明されたりもして作業効率up!

IMG_2204

豊穣庵での豆の種まきは今年で3回目。
毎年、畑の場所も蒔く豆の種類や量も異なり、思いの外できが良かったり悪かったり。
今年はどうなることやら

大豆と小豆を蒔き終わったところで12時。
そろそろお昼ご飯ができたかな~と庵に戻ると、台所からカレーの香り♪

先週末、豊穣庵の渡辺夫妻はご縁のある祝島へ行き、旬のビワを生食だけではなく
カレーに入れて食べたらとってもおいしかったそうで、 そのビワカレーを再現してくれました!

IMG_2213
お豆とビワがたくさん入ったちょっと甘めのカレーに、プチプチした食感の黒米ごはん。
ペコペコだった胃袋がカレーに満たされて幸せでした♡

午後は残りの種まきからスタート。
あと半分というところでパラパラと雨が降りはじめて、何人かがレインコートを取りに行きましたが、帰ってきた頃には上がっていて何とか種まきを終える事ができました。

先月蒔いた種取り用の大麻は小さかったので間引きは見送り。
ぽっかりと何も生えていない部分もあり、鳥に食べられたのか、蒔き忘れてしまったのか。。。
繊維用の大麻は、1mほどになってました。
収穫時期の7月末~8月中旬には3mを超えていて欲しい。これからの益々の成長に期待!

IMG_2194 IMG_2197

ジャガイモも4種類くらい育てていて、その中でひときわ虫に喰われていて元気がない葉をめくってみると、黄色くてトゲトゲした虫が沢山ついてました! 
これはテントウムシの1種、ニジュウヤホシテントウの幼虫で、葉っぱを食いつくしてしまう害虫だそうです。

IMG_2254 (2)

葉っぱボロボロでしたが、芋はたくさんついてました!
皮つきのままあげて味噌煮に♪

IMG_2228 IMG_2258

ズッキーニはフライやピクルスにしました。

IMG_2225
週末農風の畑に行ってみると、意外と?!順調に育っていました。
特にキャベツは虫にも食われず、葉っぱを巻いた姿が美しかった☆

 IMG_2311

畑の端にたくさん植えたサツマイモは、日照りでダメになってしまったものもありましたが、 半分以上は生き残ってました!
秋には芋ほりを楽しめそうです(^^)

育ち過ぎて固くなってしまったスナップエンドウは、中の豆だけ使って豆ごはんに♪

IMG_2259 IMG_2244

こうして畑でとってきたものが食卓にのぼるのを見ていくと、
よし江さんが「豊穣庵の味は、豊穣庵で育った食材を使ってこそ出せる」 と語っていたのが腑に落ちます。

野菜の味を生かした料理の数々。 夕飯もおいしく頂きました。

IMG_2268

翌朝はあんこ作りから。

IMG_2282

いつもよし江さんの作ってくれるあんこは黒々としていておいしそうなので、
黒く仕上がるコツを知りたかったのですが、材料も作り方もいたってシンプル。
なぜ黒くなるのかは謎のままです。。。

以前POCO A POCO農園の和知さんから頂いた色んな種類のトマトを、よし江さんに育ててもらっています。
どんな実をつけるのかとっても楽しみ!

IMG_2291
週末農風の畑では、よし江さんに支柱の立て方やトマトの芽かきを教わりました。
悩みながらも脇芽っぽいのを摘んでみましたが、 成長し過ぎてどれが脇芽なのか分かりにくいものも。。。

IMG_2304

今はよし江さんに言われるままやっていますが、自分で時期を何をすべきなのか判断できるよう、 経験を重ねていこうと思っています。

前日に作った羊羹をつまみながらお昼のヨモギ餅の準備。 春に摘んで冷凍保存してあったヨモギをふんだんに使って2升のお餅を搗きました。

IMG_2327

 

白と緑が杵で搗いてこねられていく内にモチモチと混ざり合っていき、キレイな緑色になりました~

IMG_2338 IMG_2346
IMG_2343 IMG_2361

 

食べやすい大きさにちぎってあんこときな粉と納豆にもあえてみましたが、
やっぱりヨモギには甘いのがあいます!納豆はイマイチでしたxx

IMG_2373

おいしくて何個も食べちゃいましたが、さすがに9人では2升ものお餅は食べきれず、お土産にたくさんもらって帰りました。

IMG_2364

次回は8月1~2日にタイミングがあえば大麻の収穫、天気が悪くて収穫作業ができない場合は野菜畑の作業となります。
大麻の収穫はとても大変らしいので是非手伝いたいところです。
みなさんのご参加をお待ちしています!

5/30-31 豊穣庵で大麻の種まきと米あめ作り

前回3月に訪れた時堀さらいをした田んぼには水が張られ苗が風にそよぎ、
水面に映った青空がとてもきれいでした。

今回は珍しく初参加の割合が高いメンバーとなったこともあり、作業の前にまずは自己紹介から。

IMG_1977

昨年の大麻収穫に参加されたご縁でみえた方や、私が参加していた薬膳料理教室の先生、
豊穣庵の常連さん達に「ご飯がおいしい」って聞いてなどなど、
常連さん達の口コミも豊穣庵人気を支えてくれているようで感謝感謝です。

最後に豊穣庵の渡辺夫妻にも自己紹介をして頂きました。
今年還暦になるよし江さんは
「農業は歳をとってもできるというけど、やはり体はきつくなっていくし、
子供のいない自分たちは老後の事を真剣に考えていかなきゃならない。
そのためにいかに楽してお金を稼ぐかを考えている」と。

また「昨年米価が下がり、今や牛の飼料用米よりも安く買い上げられるようになったので、
今年は田んぼを半分に減らした」そう。
半分になったお米の収入をどうやって補てんしていくか?週末農風でもできる事がないか、考えていこうと思います。

旦那さんのカッちゃんは
「20代の頃、ノートに書き留めておいた夢。色んな所から人が集まってきて、
自給自足できる場を作りたいというのが今実現している」と。

東日本大震災後、福島原発から放出された放射性物質は豊穣庵の土地も汚染したため、
渡辺夫妻はそれまでやっていた牛飼いをやめ、繊維用大麻を育てる事にしました。

IMG_1987

大麻を育て始めて3年目。
今では日本の大麻栽培面積の7%を占めるようになり、大麻の新規就農者のホストにもなったそうです。
まだよく認知されていない大麻について多くの人に知って頂くため、
大麻栽培~繊維をとるところまで週末農風でイベントを企画していきたいと思っています。

繊維用の大麻の種は4月に蒔いてあり、生長すると3mにもなるので倒れないようにギッシリと密生させています。
大麻の生長で面白い点は、切れ込みのない双葉から上に伸びていくにつれて、葉の切れ込みが3、5、7、9、11、最後は13まで増えていく所です。
今は4~5葉目で7~9の切れ込みのある葉っぱ広がっていました。

IMG_1991

今回は種取用の大麻の種まきをしました。
繊維用と蒔き方が異なり、前後左右1.8メートルもあけて20~30粒の種を蒔いていきます。
大麻には雄と雌があり、花が咲く頃にならないと見分けがつかないので多めに蒔き、雄は2株を残して抜いてしまうそうです。

IMG_2005 IMG_2000

種まきのあとは、鳥に食べられないように畑の上にキラキラテープを張り巡らせて完成。
土の茶色と大麻の緑、空の青がとってもきれいでした。

IMG_2011

昼食後は週末農風で借りてる畑に、トマトやバジル、キュウリなどの苗を植え、新たに1畝マルチを張ました。

IMG_2028

雑草が生えないように、畝の両脇には余って枯れた稲の苗(稲の根が密に絡まりあい、
マットのようにしっかりしてました)や稲藁を土が見えないように敷きました。
これがまたよい肥料にもなるんでしょう。
今年も異常な天候が続いていて心配ですが、たくさんの実りが得られますように!

IMG_2049

カラッと晴れ渡った空のもとでの農作業で久しぶりに汗をかきました。
作業の合間に飲んだ冷たいお茶がおいしかった~

IMG_2033

温泉でサッパリとして帰ってきたあと、夕飯前にもうひと仕事。
午前中にもち米と麦芽を混ぜて仕込んだ米あめを搾りました。
米あめの仕込みはとっても簡単。
炊いたモチ米をお湯づけにした所に粉砕した麦芽を加え、電気炊飯器などで60℃くらいで6時間ほど保温するだけ。
麦芽に含まれる酵素「アミラーゼ」がもち米のでんぷんを分解して糖を生成してくれます。

IMG_2054

搾り汁は何だか懐かしいほんのりとした甘さ。

IMG_2066

これを煮詰めて水分を飛ばすと糖度が高くなりあめ状になります。
縁日のあめ屋さんを思い出しました。

IMG_2095

夕飯には那須町で教育長をされているカッちゃんの同級生がみえ、豊穣庵でとれた野菜を使った手料理が並ぶテーブルを囲んでカンパ~イ

IMG_2089

なぜこんなに都会の人が豊穣庵へ集うのか、何が魅力なのかと問われたり。
また次々と増える廃校を、合宿所やイベントなどで使えるようにして欲しいと要望したり。
なかなかこの様な機会もないので、渡辺夫妻も交えて色々とお話しました。
廃校が使えるようになるともっと面白い事ができそうなので、利用できるように動いてくれると良いのですが。。。

翌朝、確か雨の予報だったはずなのですが快晴!この日も暑かった~
よし江さんにかまどご飯の炊き方や、卵焼きの作り方を習ったりして、みんなで朝食の用意。

IMG_2109 IMG_2112

朝からしっかり食べて、この日は大麻の肥料やり班、稲の育苗ポット洗い班、農風畑のサツマイモを植え&稲藁まき班に分かれました。

畑でほうきを持っている様子はなんとも不思議な光景ですが、
カッちゃんが肥料をばらまいた後に、大麻の葉の上にのってしまった肥料をほうきで落とす作業をしています。
薬効成分はないのですが、大麻の畑に入ると何ともいえない良い香りがするので、
きっと幸せな気分で働けたと思います(^^)

IMG_2133

田植えの時に使った育苗ポットが胸くらいの高さまで積み上げられていて、
まだ絡まったままの根っこをポットからはぎ取ったあと、水洗いをしていきました。
根っこは全部取り終わったけど、洗いは半分も終わりませんでした。。。
地味な作業ほど大変です。

IMG_2156

前日に張ったマルチ1畝に全部サツマイモを植えました♪
うまく育てば秋にサツマイモが大量にとれそう!
今から「サツマイモで何作ろ~」と大盛り上がり♪
第一候補は大学芋!夢がふくらみます(^^)

IMG_2147

最後はメインイベント?!草だんご作り♪
今回は豊穣庵のコシヒカリを挽いた米粉を使ってモチを作りました。
このやり方は初めて☆まず米粉に水を加えて大雑把にまとめて蒸かし、それを練っていくと粘りが出てきます。 

途中で春に採って冷凍保存していたヨモギを加え、更に練りこんでいくと段々緑が広がっていき、全体が均一に緑色になるまで練りこみました。

IMG_2168 (2)

仕上がったモチを皆で丸め、一部は焼き団子に。
贅沢にヨモギを使うと着色料なしでもこんなに鮮やかな緑になるなんて感動! 

IMG_2173

山菜おこわと焼きおにぎりのお昼ご飯の後のデザートに、 昨夜作った米あめに醤油を足して作ったみたらしと、よし江さん特製の塩味の効いたあんこで頂きました。
炭水化物ずくし(^^;)お腹いっぱいで苦しかったけど美味しかった~

IMG_2182

 

みたらしも美味しかったけど、あんこがと~っても美味しくて、食べ終わったあと
「次回はあんこを作ろう!」という事で意見がまとまりました。

というわけで、次回6/20-21の豊穣庵のイベントでは、大麻の間引きとあんこを作って羊羹か何かを作ります。
参加確定の方は週末農風までご連絡ください。
私も楽しみ(^^)

3/21~22 豊穣庵さんの田んぼの堀さらい&麹つくり

福島にほど近い豊穣庵は春が遅いのですがこの日はポカポカ!
昨年は農風活動日にお天気に恵まれないことが多かったのですが、今年はよいスタートを切れました(^^)

豊穣庵のよし江さんには、毎回農作業に加えて手作りワークショップをお願いしていて、
今回は麹仕込みを教えて頂きました。

麹は蒸したうるち米、今回はコシヒカリを使って作りました。 蒸した米はパラパラとしていて、炊飯した時のようなモチモチ感も甘味もほとんどありません。

まず、蒸し上がったお米をさらしの上に広げて冷まします。
IMG_1395

蒸米を薄く広げたら、薄い緑がかったベージュ色の麹菌の粉末を高い位置から振りかけ、まんべんなく混ぜます。
IMG_1397

IMG_1400

混ぜ終わったらさらしにくるんで容器に入れ、段ボール箱の底に熱湯を入れたペットボトルの上に置き、更に毛布で段ボール箱をくるんで保温します。

発酵には2日間かかるので、私たちはよし江さんが仕込んだ麹を頂きました。
IMG_1384

発酵してくると麹菌は熱を発するそうで、左側のは温度が高くなり過ぎたために緑がかってしまったそうです。
右側のと食べ比べてみると若干クセがある感じ?
でも問題なく使えるとの事なので、ありがたく頂きました。
ちなみに私達が仕込んだ麹は、よし江さんが味噌仕込みに使うそうです。

堀さらいの時はいつも主人のかっちゃんが那須牛のビーフシチューを作ってくれます。
今回は勢い余って?80人前以上も作ってくれちゃいました~
農風メンバー8人と渡辺夫妻の10人しかいないんですけどね(^^;)

IMG_1417

IMG_1409

思う存分ビーフシチューを頂いた後は、シャベルを担いで田んぼへGO!

IMG_1430

田んぼへ水を引くための堀は秋~冬の間に泥がたまり、乾いてる部分は割と楽なのですが、大部分は水が残っていて、踏み込むと膝のあたりまで埋まってしまう所もありました。
水を含んだ泥はとても重くて、シャベルに張り付いて更に作業をやり辛くさせます。

IMG_1435

IMG_1444

すくった泥をよく見るとにょろにょろと動くドジョウを発見!
ミミズくらいの細さのが多かったですが、中には柳川鍋にしたら美味しそうなくらいの大きさものもいました。
震災が起こる前、ここでとったドジョウをみんなで食べた事を思い出してちょっと切なくなってしまいました。。。

夕方には任務完了!
大げさではなく頭のてっぺんから足の先まで泥だらけになってしまいました~

IMG_1446

温泉につかって汚れと疲れを落とし、待ちにまった夕食(o^^o)
メインはヒジキコロッケとマスの燻製♪
伊勢神宮へ大麻を奉納した際に頂いたお神酒で乾杯して、さぁいただきま~す♪
この日もおいしく楽しく夜が更けていったのでした。

IMG_1459

IMG_1456

翌朝、恒例になってきた朝ヨガ。
全身くまなく動かすとスッキリして朝ごはんがおいしく頂けます。

朝食のおかずには、私が仕込んできたテンペを使ってもらいました。
豊穣庵で取れた紅大豆で仕込んだので、ほんのりピンク色のテンペ。

IMG_1475

*テンペとは・・・大豆をテンペ菌で発酵させたインドネシアの発酵食品。菌糸により大豆同士がくっついてブロック状になるので、調理方法のバリエーションが増え、肉の代用品としてよく使われています。テンペ菌の発酵作用により、ビタミン類は増加、また色々な栄養分が分解されて体内に吸収されやすくなります。

よし江さんはテンペを新メニューに加えたいと考えていて、今回はこのテンペで照り焼きと炒り卵を作ってくれました。
IMG_1480

オイスターソースを加えた甘辛な照り焼きもおいしかったし、炒り卵は見た目はソーセージっぽくていい感じ。
これはいけそう!という事で、次回の農風ではテンペつくりワークショップをやる事になりそうです(^^)

今年は上の畑の半分くらいを週末農風で使わせてもらうことになりました。 春に蒔くのは、光郷城 畑懐さんから買ったフルーツスナップエンドウとマイクロトマト、POCO A POCO農園さんから頂いたアーティチョーク。
IMG_1489

他にも育ててみたい野菜は色々あるのですが、月に一度くらいしか世話をできないとなると、なるべく手のかからない野菜じゃないと!という事でジャガイモも植える事になりました。

まだ畑に蒔くには早いので、育苗ポットにフルーツスナップエンドウの種を蒔き、
IMG_1496
畑に有機肥料「別格」を与えたり、
IMG_1503
マルチを張ったりして準備を整えました。
IMG_1551

苗を植えに行けたらいいんだけど4月は予定がギッシリで私は伺えそうにありませんw 有志で行ってくれるといいんだけどな~

天気もよく風も少なかったので、田んぼ周りの土手焼きの手伝いもしました。 土手焼きをする事で、カメムシなどの害虫の卵を焼き尽くし、土中の微生物を殺菌して春からの農作業に備えます。

藁の先に火をつけ、枯草の上を引きずると一瞬の内に火がつき、めらめらと土手を舐めるように火が燃え広がっていきました。
IMG_1523
大きな炎ではなかったけど、熱いし煙いしで近くにはいられませんでした。
IMG_1517

火の勢いってすごい! 焼き尽くした後は緑の中に黒いラインが刻まれ風景が一変。 新しい農業年の始まりです!
IMG_1550

お持ち帰り用に畑に残ったカブや大根を収穫したり、田んぼの堀でクレソンを取ったり、フキノトウをを摘んだり。
IMG_1557

やっぱり食べきれなかったビーフシチューやお昼ご飯の残りのひじきおこわも頂いて、今回もお土産いっぱい! いつもの事ながら楽しくおいしく過ごさせて頂き、渡辺夫妻に大感謝です。 今年の豊穣庵での活動は、衣料用大麻栽培の手伝いもからめていく予定で、次回は6/20-21に決定! 大麻の間引きをメインに農風畑の農作業も行う予定です。 参加をご希望の方はしっかり予定をあけておいてくださいね~