活動記録!

10/10~11 豊穣庵で芋ほりと稲刈り

豊穣庵さんに10月の稲刈りシーズンに訪れたのは初めて。

芋ほりも楽しみだったけど、豊穣庵さんで稲刈りをさせてもらったり、コメの作業を見られるのもとても楽しみでした。

稲刈りシーズンとあって、今回のお茶請けは旬の(?)イナゴの佃煮と栗の渋皮煮。

IMG_3558

虫は私が食べたくないものの内の1つなのですが、割と皆さん「懐かしー」とか言いながら普通に食べていてビックリでした。
中には「イナゴの佃煮を作りたい!」と言って採取し始めた方まで。。。
渋皮煮の方がイナゴよりもおいしいと思う~

IMG_3560

翌日は雨との予報だったので、お茶してすぐに芋ほりへ。

農風畑のサツマイモは、苗を植えた後の日照り続きで一時は全滅かもと言われていたなか、 頑張って成長してくれたのですが、やはり実りは少なかった~

IMG_3579

中には大物もありましたが、掘っても掘っても1本につき2こ芋がついていればいい方で、何もついていないものも。。。

IMG_3589

豊穣庵さんの畑のサツマイモも掘らせてもらいましたが、こちらも豊作とまでは言えない感じ。
傷をつけないように大切に掘り出しました。

IMG_3600

 

収穫を終えた頃、3連休渋滞にはまってしまった車組が到着。

東京方面から5時間以上かかったそう!お疲れ様でした。

シルバーウィークの時も那須街道はすごい混みようだったそうで、震災前の賑わいが戻ってきているのかもしれません。

新米のおむすびとすいとんのお昼ご飯をすませ、午後は稲刈りから。

IMG_3632

今年は収穫時期に雨が多く、稲刈りが遅れていたそうですが今日の田んぼが最後の一枚。
林のそばがくるぶしまで埋まってしまうほどぬかるんでいて機械がはいれないので、その部分だけ手刈りしました。

IMG_3641

 

この日はコンバインで収穫&籾の脱穀までしてしまいましたが、収穫した稲を天日干しにしているものもあり、 ステキな秋の風景でした。

IMG_3563

次はビニールハウス作りを教えてもらいながら手伝いました。

夏の間も枠は建てたままだったのでビニールをはるだけなのですが、みんなで息を合わせてビニールを持ち上げたり、 留め具をはめたり、紐をかけたり。

IMG_3648IMG_3653

 

中でも天井にビニールをかける作業が大変。

IMG_3657

これをいつもはよし江さん一人でやっているというのが信じられませんでした。

今回やり方が分かったので、次からは農風に任せてもらおうと思います。

(ここらへんで私の一眼レフがダウンw 参加者のAちゃんのミラーレスを時折拝借したのですが、ショックのあまり写真がおろそかに。。。)

日暮れまで、女子は祝島在来の小豆(右)と緑豆(左)の収穫へ。

大豆類はまだ莢が緑で、来月のイベントで収穫予定です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

祝島は瀬戸内海に浮かぶハート形の島で、渡辺さんと一緒に知人を訪ねて祝島へ行った時に、 種を分けてもらったものです。

小豆は一般的な小豆より小粒で、緑豆に至っては5ミリほどの大きさしかありません。

収穫を終え、ブルーシートに山積みになった収穫物をみんなで軽トラの荷台に乗せた時、 これもまたいつもはよし江さん一人でやってるんだと気づきました。

何人かいれば大した作業ではない事も、一人でやろうとすると何倍も手間がかかって大変。

もっと手を貸したいという気持ちがわいてきました。

ビニールハウス作りもそうですが、手伝えることはもっとたくさんあるはずなので、来た時にできる事を増やしていこうと思います。

今年は柿が大豊作だそうで、枝がしなって折れそうなくらい沢山実がついていました。

渋柿なので、まだ鳥にも食べられてなくてキレイな状態です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時間があれば干し柿作りをしたかったのですが、今回はへたに焼酎をつけてビニール袋に密閉するという、 渋抜きの方法を教えてもらってお土産に持ち帰りました。

食べごろは1か月後だそう。思っていたより長くてビックリ。

男子たちは薪割にはまってました。 うまく割れると気持ちいいのよね~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕飯は女子大好物の芋・栗・南瓜三昧~ かまど炊きの栗ご飯とサツマイモとカボチャの天ぷら、冬野菜の間引き菜サラダに、ほくほくレンコンの煮物、そうめん南瓜のおひたし、お酒も色々。

机の上が収穫祭で、 いつもにも増してたくさん飲んで食べちゃいました。

IMG_3547 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして翌朝は新米のかまど炊きごはん!

おかずは料理男子たちが生みたての卵でオムレツをたくさん作ってくれました。

新米独特の香りと艶、食感も味も最高~ 前夜あれほど食べたのに、朝から食べずにはいられない美味しさでした。

 

予報通り夜半から雨だったので、この日は前日建てたビニールハウスの中で収穫した豆の脱穀と、お昼ご飯の準備の二手に分かれて作業を開始。

収穫した時にはパリパリだった莢が湿気を吸ってしまい、莢から豆を取り出しにくくなっていました。

乾いていたら上から踏むだけで莢から豆が出てくるのに、こうなってしまうと1つずつ手で莢を割らないとダメ。
とてもはかどらないので、莢を枝から外すのを優先して作業を進めてもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台所では南瓜の煮物と大学芋の準備が進んでしました。南瓜は「すくなかぼちゃ」というヘチマの様な形をした品種。

ふだんあまり料理をしないという方も、真剣なおももちで面取りに集中。

良い花嫁修業になったのでは(^^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大学芋は、普通に砂糖をあめ状にしたものと、自家製米あめとヘンプナッツをからめた2種類を作製。

サツマイモを植えた時から大学芋を食べるのを楽しみにしてたので、期待がなおさら高まります!

サツマイモ・豆・むかごのおこわが炊かれている一方で、蕎麦打ち名人のSくんが蕎麦を打ち始めていました。

朝から麺つゆも作ってくれていて、こちらも仕上がりが楽しみ(^^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あっちでもこっちでも料理ができつつあって、豊穣庵がキッチンスタジアムのような盛り上がり!

次々とお料理が盛り付けられ、お皿でテーブルが埋まっていきました。秋の味覚満載のお昼ご飯。

IMG_3550

「食欲の秋」とは良くいったもので、美味しいものが並んでいるとお腹いっぱいなのについつい手が伸び食べ続けてしまいました(^^;)たくさんご馳走さまでした。

8月から3か月連続で来ていて、これまでよりも野菜の成長や農作業の流れがみえてきました。

今年はあと2回。11/21-22に残りの豆の収穫、12/5-6に豆の脱穀を手伝いに行きます。そして年明けには田んぼの堀さらい。

そう思うと1年たつのが早い!よし江さんに「歳をとると10年なんてあっという間よ~」と言われ、まだそこまでではないけど、前よりも1年たつのが早く感じられるようになってきました。振り返った時に、ちゃんと実績を残していけるような活動を続けていこうと思います。

9/5~6 豊穣の縁会

この時期の豊穣庵さんは、人手が必要なほど忙しくはないのですが、
私の「スイカと枝豆とトウモロコシも食べたい!」というワガママで企画が立てられました(^^;)

豊穣庵に到着すると、早速よし江さんがトウモロコシとスイカを切ってくれて、思う存分ほうばりました(-^^-)
夏の終わりのスイカは甘味は薄いけどサッパリしてて美味しかった~

IMG_3255

食後は農風の冬野菜の畑に、1列目は大根の種と白菜の苗を定植。
大根は「耐病総太り」。なんてセンスのない名前(^^;)
白菜で今年もキムチ作るぞ~

IMG_3283

2列目は、かき菜、冬菜、チンゲン菜、高菜の種をまきました。
これらはばら蒔きなので、次に来た時に間引きする必要あり。

IMG_3292

お昼ご飯用に、草に埋もれているサツマイモの新芽を収穫。
炒めて食べたらシャキシャキした食感で、クセもなく美味しかったです。
サツマイモの味はしなかったけど。

IMG_3299

誰もが一度は食べた事があるじゃないかな?東海漬物のキュウリの醤油漬け「キューちゃん」。
豊穣庵でもこの漬物はいつも食卓にあり、私はずーっと買ってきたキューちゃんだと思っていたのですが、
よし江さんの手作りキューちゃんだと知った時はビックリ。
見た目も味も売ってるのと同じなんですもの。
今回はこれの作り方を教えてもらいました。

IMG_3304

1日目。古漬けのしおしおキュウリを7ミリくらいにみじん切りにし、
水につけてもどしたら、重石をして一晩おきます。

2日目。またしおしおになったキュウリを醤油、砂糖、お酢、生姜の調味液に浸します。
十分に味が染み込んだらできあがり☆ 思ったより簡単!
夏にたくさんキュウリが取れた時に塩漬けにしておけば、いつでも簡単にキューちゃんが食べられるわけです。
いい保存方法だなぁ

お昼は冬瓜のカレー☆
1日目のお昼はたいていカレーなんですが、毎回違うカレーで楽しみ(^^)
今回もおいしくて、おいしくて、みんなおかわりしたので、カレーもご飯も少ししか残りませんでした。

IMG_3310

余ったご飯は海苔を巻きまくった爆弾おむすびに。
爆弾というより砲丸投げか?

IMG_3315

午後は気になる丘の上の農風畑へ。
先月よりも更に作物が草に埋もれてました‼
もう何がなんやら分からない状態。。。

草をかき分け、作物の安否確認。
カボチャ類やスイカを発掘して収穫。

IMG_3322

サツマイモもちゃんと育ってたし、

IMG_3325

アーティチョークも葉っぱが大きくなってました。

IMG_3321

オクラの様なかわいいお花は食用ほうずき。

IMG_3327

見た目は普通のほうずきと変わらないけど、黄色く熟した実はコクのある甘酸っぱさで美味です。
まだ青い実ばかりで、食べごろのが少ししかなくて残念でした。

IMG_3323

3m以上に伸びたホウキモロコシは、冬に手作りほうきになるそうです。
穂先が柔らかくて細くて使いやすそう!
来年はマイほうきワークショップができるように作付したいな。

IMG_3357

先月収穫して乾燥させた大麻は、「麻はぎ」「麻ひき」の作業に入ってました。
発酵液につけお布団で寝かせるという作業を2回行って皮を柔らかくした後、
手作業で1本ずつ皮をはぎ、からまないように丁寧に重ねていきます。

IMG_3258

これをローラーにかけて押しつぶし、繊維だけを取り出したのが「精麻」です。

IMG_3338

太いものは発酵がうまくいかず、黒い斑点ができてしまうそう。
黄金に輝く精麻がたくさんできますように。

夕飯には、那須町の議員さんと那須町の地域おこし協力隊2人、
その協力隊を管轄する定住課の職員さんの4人も加わって賑やかに始まりました。
農風参加者にも協力隊のメンバーがいらっしゃったので、お互いに刺激になったかな。

IMG_3384

大好きな玄米コロッケの作り方を聞きました!
通常の1.5倍の水量で、40分間圧力鍋にかけてトロトロにした玄米に、
ニンジンなどを加えて衣をつけてたものだそうです。
カリッとした衣とトロッとクリーミーな玄米の香ばしい組み合わせが絶妙なのです(^^)

IMG_3377

翌朝、炊きたてのかまどご飯と色んなおかず。
卵は庭の小屋で飼てる鶏から、納豆も手作り!
前夜たくさん食べて呑んだはずなのに、また食べてしまいました。

IMG_3390

食後は、青唐辛子味噌作りから。
種が非常に辛いので、手袋してからみじん切り。
お昼には、これを塗った焼きおむすびを頂きましたが米にとっても合います!

IMG_3401

【青唐辛子味噌☆レシピ】
青唐辛子 100g 輪切りでみじん切り
ニンニク 20g すり下ろす
砂糖 50g
味噌 400g

1. 油でニンニクを炒めた後、青唐辛子を加えて中火で水分が飛ぶまでゆっくり炒める。
2. 砂糖を加え煮溶かす。
3. 砂糖が解けたら味噌を加え、とろ火で程よい固さまで炒める。
*炒めてる間、辛い湯気が出てくるので、メガネをかけての調理がおススメです。

おやつに飲んだシソジュースミルクが美味しかったので、急遽シソジュースも作る事に。
葉を集めるのもみんなでやると早い!

IMG_3396

赤しそを煮詰めていくと赤黒い色になってくるのですが、
クエン酸を加えると鮮やかな赤に変色します。
これもお土産に持ち帰り。

IMG_3429

お昼ご飯は、トウモロコシと色んなおむすび。
爆弾おむすびの作り方も伝授してもらいました(^^)
皆を虜にする焼きおにぎりは醤油と味噌で。

IMG_3421

9/1にアースデイマーケットとのコラボカフェ「from a & e(フロマエ)」をオープンして以来、
連日寝不足&過労でヘロヘロになってからの今回のイベントだったので、
存分に栄養補給・エネルギーをチャージする事が出来ありがたかった~!
疲れている時こそ、良いものを食べ、自然の中に身をおく時間が必要。
心も身も蘇って元気になると実感しました。

次回は10/10~11にサツマイモを収穫して、大学芋とか作りたいと思っています!
エネルギーチャージしにきませんか?

8/1~2 豊穣庵の繊維用大麻の収穫

今回は大麻の収穫とあって、麻に興味を持っていいる方たちも参加してくれました。
収穫作業は力仕事なので、是非とも男性に参加して頂きたかったのですが、困ったことに女性ばかり。
あてにしていた大学生たちも、地元の男性陣も都合がつかず、農風女子7人と渡辺夫妻で作業始めました。

麻の収穫作業は4日ごと、晴天が続く日を狙って行います。
1日目は収穫した麻を茹で、ビニールハウスで干します。
その後、裏表を返しながら3日間かけて乾かします。

IMG_3054

今年は4日前に1回目の収穫が行われ、今回は2回目の収穫となります。
まずは、ビニールハウスにはで乾かされていた麻の回収作業から。
パイプの上に並べられた麻はカラカラに乾いて固くなっていました。
これを畳のヘリで上下しっかりと縛っていきます。

IMG_3074

お昼ご飯前の一番暑い時間帯のビニールハウスは尋常じゃない暑さ!
湿気がないのが唯一の救いでしたが、作業を始めるとあっという間に汗だくになりました。

お昼ご飯はお稲荷さん。
ナスやキュウリの浅漬けが最高においしい!
味噌汁にトマト?!なんて意外な組み合わせだけど、トマトの酸味と旨みが味噌ととっても合うのです。

IMG_3091

近くに住む薬膳料理家のHさんが、農風畑で採れたキャベツのザワークラウトと
豊穣庵の新メニューの試作品「玄米の五平餅」を差し入れに来てくれました♪

IMG_3093

ザワークラウトは、刻んだキャベツに塩とスパイスを入れて暖かい所に置いておき、
あとは乳酸発酵して酸っぱくなるのを待つだけだそう。
いつもお酢を入れてザワークラウト風なのを作っていたけど、今度は乳酸発酵させてみよう!

五平餅はクルミ味噌仕立て。モチ玄米の炊き加減に試行錯誤したそうだけど、
すっごいおいしかったので豊穣庵の定番メニューになるといいな♪

午後から麻の収穫を開始!
去年は機械で収穫したそうですが、今年は手で引き抜いていきます。
麻畑を見渡すと細くてヒョロヒョロのものから、太くて青竹のように育ったものまで色々。

IMG_3107 (2)

まずはつかむと折れてしまうくらい細いものや折れているものを取り去り、
手ごろな太さのものを抜いていていきました。

IMG_3114

抜いたものは根と茎の境目をそろえ、一束ごとにクロスさせながら畑に積み上げました。

IMG_3101

抜くとき顔に茎が近づくと、ハーブの様ないい香りがしてきました。
私はSandalwoodのように感じましたが、油粘土の匂いという意見もあり、
人によって感じ方はいろいろなようです。

1本1本を抜くのはそれほど力はいらず、大麻効果なのか疲れは感じなかったのですが、
なにしろ暑い! 熱中症にならないよう休憩を何回かはさみながら作業を続けました。
東京の暑さと違い、湿気が少ないおかげで日陰に入ると涼しいので助かりました。

IMG_3121

大麻の作業中は食事に手をかけられないよ~と言われたけど、
畑で採ってきたばかりのトウモロコシやジャガイモは茹でただけでもご馳走でした!
農家ならでは贅沢な夕食☆

IMG_3136

翌朝は4:30起床!
朝メシ前の収穫作業の前に、まず朝食のおむすび作り。

IMG_3141

豊穣庵では竈でご飯を炊いているので、タイマーなんて便利なものはありません。
よし江さんは4時起きでご飯を炊いてくれていたのです。
働き者ぶりに頭が下がりました。

林から昇る朝日を眺めながら大麻畑へ。

IMG_3145 (2)

私達は前日に続き収穫を始め、カッちゃんは積み上げられた麻束の根と葉を裁断して茎の長さを180センチにそろえていきました。(麻切り(オキリ))

IMG_3153

切り取られた根と葉は田んぼの肥料になり、豊穣庵のコシヒカリ「麻の舞」をおいしくしてくれます。

茎に残った葉は、刃渡り50センチはありそうな麻切り包丁でそぎ落としていきます。(葉打ち(ハブチ)

IMG_3168

これが中々難しい! 刃をあてると茎がゆらゆら揺れてうまく切れないのです。
始発で駆けつけてくれたIさんも麻切り包丁チャレンジ!
最初は苦労してそうだっだけど、コツをつかんだかな?

IMG_3191

日が昇っていくにつれて気温がどんどん上昇していき暑くなってきました。
犬たちも呼吸が荒く暑そう!

IMG_3181

力及ばず予定していた範囲まで収穫が終わらなかったのですが、次の作業へ。
切りそろえられた麻を上下くくって(マルキ)母屋の方へ運搬して午前の作業終了。

IMG_3200 (2)

お昼ごはんは炊きたてご飯と夏野菜カレー♪ POCO A POCO農園さんから頂いた種子で育ったハバネロも入っていてちょいピリ辛☆

IMG_3201

午後は大麻組と農風畑組に分かれて作業開始。

カッちゃんはお昼ご飯もそこそこに、縦長のお釜、鉄砲釜で大麻を上下返しながらさっと茹で始めました。(湯かけ)

IMG_3213 (2)

鉄砲釜の火力源は薪。火力が弱まったら小さく仕切られた火口へ薪をくべます。

IMG_3198

収穫してすぐに茹でることで繊維の輝きが増すそうです。
茹で上がった麻束を温室に運び、大麻組はそれをパイプの上に重ならないように広げ、
その後、天地返ししながら3日間でかけて乾燥させます。

IMG_3220 (2) IMG_3231

農風組は懸案の農風畑へ。
よし江さんから手が回らなくて畑が草だらけになってしまったとは聞いていたけど、
畑とは思えない有様になっていました。。。

IMG_3235

ジャガイモはもう上部がなくなってしまったので、盛り上がったところに見当をつけて掘り返していったのですが小芋ばかり。。。
時折、普通サイズの芋が見つかると嬉しい感じ(^ ^;)
これぞ自然栽培ってヤツかしら~

IMG_3239

次に来られるのは9月なので、食べられそうなトマトやナス、バジルを収穫し、
絶対頑張って育って欲しいアーティチョークとサツマイモの周りを除草して撤収。

IMG_3241 (2)

母屋に帰るといつの間に収穫したのか、お土産用にキュウリとトマトがたくさん用意されていてビックリ。
よし江さんのマメさ加減にまたもや脱帽です。
大きな素麺カボチャも頂いて、帰りの荷物は気を失いそうな重さになりましたが、
おいしい野菜のために頑張りました!

次回の豊穣庵は9/5~6に「農涼の縁会」を企画してます。
畑の片づけや最後の夏野菜を食べつくして、夏の名残りを楽しもうと思います。
先着12名様、お申し込み締め切りは8/31までです。
・集合:9/5(土) 9:50 JR東北本線 黒田原駅
・解散:9/6(日) 16:22  同上
・持ち物:着替え、軍手、手ぬぐい、虫よけ、帽子、宿泊用意、寝袋またはシーツ
*長靴(23~27cm)が借りられます。
・お風呂: モンゴリアンビレッジ「テンゲル」入湯料別途
・初回参加費: 5000円
・2回目以降参加費: 4000円 (1泊4食お土産付き。アースデイマーケットで使える地域通貨500円分プレゼント)
・申し込み締め切り 8/31(月) 先着12名さま。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【お申し込み先 shumatsu.nofu@gmail.com】
件名を「農涼の縁会」本文に①~②をお書きください。
①参加者・同行者氏名 ② 当日連絡がつく携帯番号・メールアドレス 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜