活動記録!

6/11-12 豊饒庵さんの田んぼの草取り隊♪

またまた那須の豊饒庵・渡辺夫妻(かっちゃん&よし江さん)のお手伝いに行ってきました♪
今回の参加者7人は、全員30代女子。
いつもにも増して賑やかに盛り上がりました(≧∇≦)

梅雨の最中の企画だったので、週間天気予報を祈るような気持ちで
毎日チェックしてたのですが、出発の朝は夜中から続く大雨。
雨でも家の中でやる作業はあると言ったものの、
あまりにヒドイ降りっぷりにひるみましたw
でも、到着する頃には雨が上がり、晴れ女がいたのかな?良かったです(^^)

作業前に自己紹介とお昼ご飯。
早起きだったから腹ペコペコ~

山菜おこわにタケノコやフキの煮物。
どれも渡辺さん家の周りで採れた物ばかり♪
お味噌汁に入ってたジャガ芋が、サツマイモのように甘くてビックリ☆
去年収穫したシオシオになったジャガ芋だそう。
最近新ジャガばかり食べてたけど、また違った美味しさでした◎

東京でも梅雨入りしてから肌寒い日が続いてましたが、
那須ではストーブを点けるほど寒い日があり、
稲の成育どころか雑草も生えてこない始末。
なので『草取り隊』を返上!
まずは先日の台風2号で苗が流れてしまった田んぼの田植えをしました。

地震で地盤が低くなった上に、昨夜からの雨で増水してて、
植えてもまた苗が浮いてきてしまったり。
立ち止まってるとズブズブ田んぼに足がはまって、
長靴の中に水が入りそうになったり。
みんな大苦戦でした(^_^;)

次は自家採種した花豆、パンダ豆、白豆の種まき。(上から時計回り)

ビニールハウスの骨組みの根本に蒔きました。
パンダ豆かわいい♪でも煮ちゃうと白黒が分かりにくくなってしまうそう残念。

渡辺家の食卓を支える野菜畑は、夏野菜の準備の真っ最中。
よし江さんは色んな種類の野菜を育てていて、トマトだけでも4品種植えています。
この日はポットで育てたオクラやバジルの苗を植える『定植』をやらせてもらいました。

畑の脇にはカモミールが自生していて、ハーブティー用とお持ち帰り用に、
みんなイソイソと摘んだりポットに移植したりしました。

お茶にはカモミールの花だけを使います。
見た目にもかわいい♪
生のカモミールは甘い香りで優しい味でした。

おやつはよし江さんの手作りの柏餅。

大きな柏の葉(林で採ってきたそう)に包まれてた餅の中には、
あんこの代わりに甘く煮た花豆が☆なんて贅沢な~

糖分取って元気が出たとこでもう一働き。
ヒマワリの種蒔きと、ちょっと登った畑へ、
夕飯用のレタスとサニーレタスを収穫しに行きました。

レタスはまだ丸まって(結球して)おらず、葉っぱがフワフワ。
育っていくうちに結球してくるそう。
キャベツと違ってレタスはフワッと丸まってる方が美味しいそうです。
買う時チェックしましょう!

お風呂は日帰り温泉『那須山』へ。
ありがたい事に送迎して頂けます。
ここは源泉掛け流しで、いい湯加減♪お肌がツルツルになりました。

さぁ待望の夕飯♪メインはたらの芽とコーンフリーの天ぷら。
米粉の衣でカラッと揚げました。

山盛りのレタスとサニーレタスのサラダ、わらびと山アスパラのおひたしなど。

女子に嬉しい野菜三昧。
動物性のものは、よし江さんの地元、福島でよく食べられている
ニシンの山椒づけのみ。
ビタミン、ミネラル、ファイバーをたっぷり補給しました♪

去年採ったプラムを浸けたプラム酒も美味しかった~
渡辺さんの畑の周りには、プラムの他にも
梨や梅、ブルーベリーなどの果樹が植えられてて、
これから順々に実っていくそう。また行かなきゃ~

渡辺夫妻を囲んでのおしゃべりに花が咲き、
気が付けば23時半!明朝に備えておやすみなさい。

翌朝。取材の約束をしていたNHKさんが訪ねてきました。
週末農風の活動を「いっと6けん」て番組で紹介してくれるそう。
まずは朝食のご飯をかまどで炊くシーンから撮影開始!

よし江さんは昔の日本の生活スタイルに戻したいという思いから、
ご飯は毎回かまどで木切れを使って炊いてます。

火のおこし方から焼べ方、火加減などよし江さんにレクチャーを受け、
みんなで順々に木切れをかまどに焼べ、炊き上がりを待ちました。

沸騰してから5分もたたない内に火のついた木切れを掻き出し、
みんなのリクエストに応えて、おき火でちょっと焦がしておこげをつけました。
点火から炊き上がりまで正味30分くらい。炊飯器よりも早い!

朝食はかまど炊きご飯に合わせて自家製納豆、蕗味噌、きゃらぶき。
オコゲに山椒醤油をかけただけでも最高に美味しいです♪
ご飯の1粒ずつがふっくらモッチリしてて、
NHKの人に感想を聞かれたのですが、
みんな『美味しい』って言葉しか出てきませんでした(^^;)

撮影の都合もあり、まず前日とは別の田んぼの田植えから。
この田んぼには小さいオタマジャクシがた~くさんいて可愛かったです。

きゃらぶきの作り方を教えてもらうために、
水路脇に自生してる山ブキを採りに行きました。
皮をむかないで作るので、なるべく細いものがいいそう。

山ブキは地下茎で増えて群生しており、1分枝から3本生えてきます。
一番初めに出てきたのが大きくて狙い目らしい。
そう言われても、密集してて何が何だか分からない感じ(@_@;)
とにかく細いのをみんなでザクザク刈り集め、カゴいっぱいにしました。

それを井戸端で洗って、サッと下ゆで、5cm位に切りそろえた後、
また茹でて水にさらしてアク抜き。
ここまでが下準備。

ここから砂糖醤油を加えてコトコト煮込みます。
今回は帰る間際まで、4時間くらい煮詰めましたが、
本当は焦げ茶色になるまで煮て完成です。

右が完成品、左は今回作ったもの。

きゃらぶきを作るのに、こんなに手間隙かかるなんて!
感謝して食べなきゃです。

きゃらぶきを煮詰めてる間に、『マルチ張り』を教えてもらいました。
畑の土の保温と雑草除けのために、土の上にかける黒いビニールがマルチです。
コレを畝の真ん中にピンと張って、動かないように両端に土をかけて固定していきます。

この作業、まずクワの扱いが難しい!
思うようにクワ操れず四苦八苦。
でも、畝の半分くらいまで終わった頃には、腰の入ったいい手つきになっていました。

マルチもピンとしてるし、上出来じゃない?!と思っていたら、
途中から中心がズレてて、畝の表面がボコボコ。
軌道修正して、表面を均しました (^_^;)
マルチ張りは素人には難しいみたいw

お昼は恒例の餅つき♪
NHKのスタッフさんにも手伝ってもらい、代わりばんこについたり、かえしたり。

きれいな草餅が完成♪
定番のあんこ、きなこ、納豆に加え、Mちゃん提案の磯部巻きも作りました。

とうとう最後の食事。
思い残す事のないように、お腹いっぱい食べました。
中にはお餅8個におにぎり2こを完食したツワモノもいて(女子)、
目はまだ食べたいけど、もう降参w残りはお土産に頂きました。

食後は犬達と、お土産用のサニーレタスや山ぶきを取りに行き、
いっぱいのお土産を詰め込んで帰り仕度。

何回来てもまた来たくなってしまうのは、渡辺夫妻の温かな人柄や美味しいご飯。
そして四季折々の農作業や那須の自然を体験できる、
この土地にとても魅力があるせいだと思います。

まだ来てない方も、来た事がある方にも楽しんでもらえる企画を、
今後もやっていこうと思います♪

今回の農作業の様子は6/24のNHKの「いっと6けん」で放映されました。

豊穣庵さんで稲の種まきをしてきました♪

イトウトモです。

溝きり隊で伺った栃木県那須町の豊穣庵さんの田んぼは、
先日の震災でも幸い大きな被害がなく、
例年通り田植えを行う事ができるということで、
お手伝いに行ってきました。

稲の種まきは晴天が絶対条件。
微妙な天気予報に振り回されながらも、
17日の朝は雲ひとつない晴天!しかも風もなく暖かな日でした。

種まきどうやるのかなぁと思ったら、
ちゃんと機械がありました!
稲作ってホントにいろ~んな機械があるんですね。

土の入ったバットを置くと、水がかけられ、
次に種が上からばら撒かれ、最後は土がかけられて完成!

種まきをしたバットは、温室に敷き詰められ、
上からビニールをかけて保温。
30~35度に保つことで芽が出ます。

4時間ほどで、コシヒカリ、もち米、黒米の種を、
バット200枚くらい蒔きました。
人手だったらどんだけ時間がかかったことか。。。機械ってすごい。

那須は今、桜とこぶしの花が見頃。
カタクリの花も次々と咲いていました。
29日には豊穣庵さんでお花見をするそうですよ(^^)

次は、5/1,2で山菜取りに行く予定♪
タケノコも掘れるな~
ご都合のつく方ご一緒しませんか?

2/26,27 田んぼの溝切り隊♪ 那須・豊穣庵にて

昨年の『色んなお豆の収穫隊』に続く企画第2段☆
那須町・豊穣庵さんどうじょうが出てきてこんにちは?『田んぼの溝切り隊』

参加者10名中4名が再訪というリピーター率高さ!
また来たくなってしまう魅力をお伝えしたいと思います。

東京で春一番が吹いた翌日、この日もいいお天気で思いの外の暖かでした。
最寄りの黒田原駅で、お世話になる渡辺ご夫婦と笑顔の再会。
『またお世話になりまーす』
今回もみんなそろっててホッと一安心。
毎回ここが緊張の瞬間なのです。

車に分乗し10分ほどでお宅に到着。
3匹のワンちゃん達が出迎えて?くれました。立派な番犬なのです。

母屋で作業着に着替え、薪ストーブのあるお食事スペース豊穣庵へ集合。
ストーブの上には今回のお楽しみの一つであるビーフシチューの大鍋が!
テンション上がります。「早く食べた~い」

自己紹介の後、田んぼへ。
水田の周囲には中へ水を引くための溝が掘ってあります。
そこが泥や枯れ草などで埋まっているので、
さらって水が流れるようにしつつ、
泥の中にいるドジョウを捕まえるのが今回の任務です。

男性中心にシャベルで泥をすくって土手に盛りあげ、

女性陣が泥をかき分け中でうごめくドジョウを手づかみ…

しようとするのですが、これがまた難しいw
にょろにょろ指の間をすり抜けて逃げ出します。
「バケツ早く~」とあちこちで悲鳴が上がりました。

掘りさらい組もドジョウ捕獲組も両方真剣。
お昼前に1枚目の田んぼの溝が貫通して水が流れ、
バケツの底が見えないくらいのドジョウを捕まえる事ができました。

ドジョウがうじゃうじゃいる場所と全然いない場所があり、
水の量や温度、泥の成分など生育条件が合う所にしかいないようです。

お昼ご飯は、お楽しみのビーフシチュー。
お父さんが昨日から牛スジ肉を5kgも煮込んで作ってくれました。
詳しくは豊穣庵さんのブログで。

お釜炊きのご飯にたっぷりシチューをかけていただきまーす(^O^)

お肉も野菜もトロける寸前。

濃厚なのに脂っこくなく、美味密度高!おいしすぎる~
みんな次々とおかわりしに席を立っていました。
お父さんにこんな特技があったとはお見それしました。

絶品シチューでお腹を満たし元気100倍!田んぼへGO=3
ズブズブと足が埋まる所もあれば、土で埋もれてる所もあり、
みんな泥だらけになってシャベルをふるいました。

力仕事だし、足場が悪かったので大変だったけど、
みんなで交代しながらだったので、辛さはなく、
予定より早く作業を終える事ができました。

例年、溝切りが田植えに間に合わず見切り発車になってしまうそう。
『もう終わったのー!?』とよし江さん驚いてました。
『(掘りさらいを)一人でやると大変なんだ』とお父さんがおっしゃっていて、
来年もお手伝いに行きますね!

日帰り温泉「那須山」では5名以上いれば送迎して下さるそうで、
ありがたく利用させていただきました。

ゆっくりお湯につかって、おしゃべりしながら腕や肩をマッサージ。
至福の一時です♪

温泉から出たら、星が沢山☆スバルも見えました。
もっと星を見ていたいとこだけど、ドジョウ料理しなきゃ。

ドジョウ達は温泉前に下処理済み。
沸き立つお湯へ一気に入れ、素早く蓋をしめます。
そうしないと鍋から飛び出してしまうそう。
湯通ししたドジョウはまっすぐに硬直してましたw
参加者の方が下処理の様子をYoutubeに上げてくれました。
シュールです(>_<)良かったら~
->http://www.youtube.com/watch?v=jHF2Yr6JN4M

大きめなドジョウは唐揚げに、

小さめなのは笹がきゴボウと煮て柳川にしました。

煮るとやや生臭いw
酒、みりん、醤油で味を整え卵でとじたら、割といけるかも?

机にはコロッケやポテトサラダ、豚バラキムチなどなど♪
ご馳走が並んでいて早く食べた~い。

お父さんの労いの言葉と、豊穣庵特製の青竹燗酒で乾杯♪
宴会スタート!

竹に入れてお燗したお酒はスッキリとした極上の味♪
まずは気になるドジョウにトライ。
唐揚げはワカサギのよう。おつまみにいい感じです。
柳川のドジョウは口に入れるとヌルっとして、
ニョロニョロしてた時を思い起こしました。。。

今回はみんな呑む気まんまんでお酒持参。
色んなお酒とお料理に舌鼓を打ちました。
農業~恋愛まで話が尽きず、気が付けは23時に!
「ラジオ体操しようね~」と声をかけつつお休みなさい。

翌日も晴天。凍える寒さ。
たらいのゴボウも凍ってました。

朝食前に仕込んでおいた米飴をチェック。
昨日の昼過ぎ、柔らかく炊いたご飯に水を足して70℃に調整。

クッキングカッターで砕いた麦芽を加えよく混ぜ、

炊飯器の保温のON/OFFを1時間ごとに繰り返して1晩おいておきました。

味見にしてみるとお屠蘇のようなやさしい甘さ♪
これを布でこし、絞り汁を粘りが出るまで煮詰めれば米飴の完成です。

朝食はかまど炊きのご飯に自家製納豆♪
ちょっと目を離した隙にスモークされてしまいましたが、
おかげで美味しいオコゲが食べられました(*^o^*)

納豆は「成瀬発酵科学研究所」から出している納豆菌で作ってます。

パッケージがかわいい(^^)
1袋で120kgの納豆ができるそうです。

朝の仕事はフキノトウの採取隊、マルチ回収隊、米飴の煮詰め係に別れて散開。
前回11月に大豆を収穫した畑で、雑草除けの為のカバー=マルチをはがしました。

まだ土がガチガチ凍っている場所がありましたが、
サクッと終わらせフキノトウ探しに参戦。

湿気がある日陰を好むフキノトウは、水路脇に固まって生えていました。
土の上に膝まづいて枯れ草をめくり、緑と紫の丸い花茎と見つけると、
春を見つけた気分♪
土の中では、春に向かって準備が着々と進んでしました。

こんな風に自然の恵みを頂けるのも魅力のひとつです。

渡辺さんは肉牛の繁殖もされていて、10頭の母牛と6頭の仔牛がいました。
仔牛に触りたかったのですが母牛のガードが固くて断念w
潤んだ黒い瞳が可愛かったです。

お父さんに牛の餌を保管しているサイロを見せてもらいました。
トウモロコシやヒマワリの葉、茎、芯などをサイロに入れておくと、
発酵して乳酸が豊富なサイレージになります。
すっぱい糠漬けのような香りでしたが、牛の健康的な肥育に良いそうです。

牛達はサイロ1こ分を数日で完食してしまうそう。
サイロが空になる頃には、牧草が育っているので、
牧草と稲ワラを食べさせます。

この日はお昼をはさんでその稲ワラ集め。
収穫後の田んぼに散らばったワラを集めて束ねていきます。
作業が進むにつれみんなコツをつかんでいき、
声を掛け合ってチームワークもバッチリ。
次々と田んぼを渡り歩いてワラを回収していきました。

お昼は餅つき♪しかもよもぎ餅♪♪
マナ農園の大津さんご夫妻がみえていて、餅つきの手ほどきをして頂きました。

まず練ってからつくのですが、練る時の腰の入れ方が難しい。
中々言われた様にできず苦戦(>_
重力で振り下ろすと良いそうです。
私もやってみたのですが、2回つくのが限界(>_

きれいに緑色になったよもぎ餅を千切って、
きなことあんこをまぶして重箱へ。
つまみ食いをしながらの楽しい作業です♪

みんなそろって最後の食事。
思い残す事がないように、お餅やらビーフシチューやら存分に頂きました。
お腹が一杯になりみんなウトウト。

起きていた人達はよし江さんとマナご夫妻のお話に加わり、
これからの計画や、農協の話、腐らないグレープフルーツの怖さなど、
話は尽きず、考えさせられる事ばかり。

大きな問題は沢山あるけど、自分のやれるとこからやっていくしかないかなと。
2011年の収穫に向けて、週末農風も準備をしなきゃと思いました。

マナの奥様のあやこさんより、アップルケーキの差し入れを頂きました♪

ご自宅の平飼い卵を使ったスポンジにカスタードクリームがたっぷり☆
やさしい味に癒され、幸せな気持ちになりました。
ごちそうさまでしたm(_”_)m

今回もジャガイモやお餅など沢山のお土産を頂きました。
お父さんの「みんながいなくなっちゃうと寂しくなるな」
との言葉に後ろ髪をひかれ、ホームでいつまでも見送ってくれる2人の姿に、
参加者の一人が「なんか上京するみたいだね」と。
まさにそんな気持ちにさせられました。

さてさて豊穣庵さんの魅力を感じて頂けましたでしょうか?
よし江さんと話していると、ワクワクする企画が次々と浮かび、
毎月行かなきゃという気持ちにさせられます。

というか、来月も個人的に行く事になりそう。
那須では、4/11~24に「アースディ那須2011」が開催され、
http://www.earthday-nasu.org/(3/4現在、まだ準備中との事)
開催期間中に、豊穣庵さんのお宅でもワークショップを開くそうです。

晴れた日にはイネの種まきもするというし、
これは行かないと~と思ってます。

5月には山菜採りもかねて、また企画する予定なので、
お見逃しなく!

イトウトモ