活動記録!

11/14 自然村~掌さんの 収穫祭♪

干し柿皮むき隊の翌朝、前日にも会った顔ぶれの4人で東京駅から高速バスで千葉県東庄町ヘ。
この日は自然村~掌 岡野さんの収穫祭です。
疲れたなんて、眠いなんて言ってられません!テンション上げてGO!!

10月に稲刈り&天日干しでお邪魔した時は公民館を利用したので、
今回初めての岡野家訪問です。
広い縁側のあるイメージ通りのお宅☆庭先で収穫祭の用意が始まってました。

メインはもちろん新米!岡野さんはイセヒカリという品種を作っています。

※イセヒカリとは。。。
ある年、2度の台風で伊勢神宮神田のイネはことごとく倒れてしまったのですが、
コシヒカリの植えられていた田んぼで、2株だけ直立したまま生き延びた株がありました。
この株から取った種籾を育てた所、コシヒカリとはイネの形も味も異なり、
別品種と認められました。伊勢神宮の意向で品種登録はされておらず、
農家さんが神田から分譲してもらって栽培しているのでとても貴重です。

この貴重なイセヒカリをおばあちゃんがかまどで炊いてくれます♪
火おこしもお手の物。なんなくかまどに火がくべられて炊飯開始。

炊き上がりを待ってる間に、主催者の岡野哲也さん、冨山さんの開墾から始まった赤カエル米トラストの話。
熱い思いと汗と苦労、収穫の喜び。色んな思いが伝わってきました。

参加者全員が自己紹介し終わったところで収穫を祝って乾杯(^∀^)ノ
岡野家特製けんちん汁が振る舞われ、みんなのポットラックをおかずに宴会が始まりました。

「ご飯が炊けましたよー」の声にお茶碗を持って集まった人、ふたを開けた時のふわーと上がる湯気を撮ろうとカメラを構える人、
「米粒たってるかな♪」「カニ穴あいてるかな♪」などと、みんなワクワクしながらふたがあく瞬間を注目してました。
「開けるよー」っといざふたをあけてみたら、すでにおばあちゃんがかき混ぜてくれた後でした(^^;)

大コケしたのも束の間。みんな目を輝かせてご飯をよそってました。
チーム冨山の方々、みないい笑顔で収穫の喜びを分かち合っていて羨ましかった~

ご相伴にあずかったイセヒカリは、さっぱり味でおかずを引き立てる名脇役って感じ。
イセヒカリの後コシヒカリを食べたら甘くてモッチリしてて、味の違いは明らかでした。
おにぎりだったらコシが勝ちだけど、カレーとか丼ものはイセのが断然美味しいと思います。
コシヒカリ一辺倒ではなく、おかずに合わせてご飯を選ぶなんて事をしたら、いいんじゃないかと思いました。

みんなのお腹が満足した頃、子供達のピザ作りが始まりました。
哲也さんは昔、某ピザチェーンでバイト経験があり、華麗にピザ生地を回してました♪
焼きたてのピザはパリッと香ばしくて最高でした♪

食後一服したところで、参加者による太鼓やバイオリンの演奏、やよいさんの田植え歌などみんな芸達者!
のんびりゆったりとした時間を過ごしました(^^)

この収穫祭にはエコや健康に関わる多方面の方々が招かれていて、色んなお話ができた事も収穫の一つです。
心地の良い場には心地いい人々が集うものですね。

最後にみんなで輪になって回れ右して前の人の肩たたき、反対向いて肩たたきしてお疲れ様。
一本ジメでおひらきとなりました。
最後にまた一体感が生まれた感じがして良かったです◎

来年は是非田植えから一緒にやらせて頂きたいです♪
やよいさんよろしくお願いします(^人^)

(イトウトモ)

10/9 稲刈り&天日干し隊♪

週末農風イトウトモです。
10/9 曇りのち雨の予報でしたがなんとか天気ももち、
過ごしやすい気温の中、稲刈り&天日干し頑張りました♪

今回は、赤ガエル米トラストの活動に加えて頂く形の企画でした。
このトラストは、アースディマーケット実行委員会のメンバの一員、
冨山さんが、マーケットに出店している掌さんの休耕田を、
仲間達と復活させる所から始まりました。
無農薬、無肥料の田んぼには、稀少なニホンアカガエルが
生息してた事から『赤ガエル米トラスト』名付ける事になりました。

当日は冨山さんの仲間や岡野さんのお知り合いの方達に、
週末農風のメンバ14人が加わり、総勢40名で2反の田んぼの稲刈り
&天日干しをしました。
はじめに岡野さんに鎌の使い方や稲の束ね方を習い、
ぬかるんでいて機械が入れない部分を中心に作業開始。

1反目は2年休耕してた田んぼ。
草取りをしてたのにもかかわらず、稲穂の合間からひょこひょこ
ヒエが顔を出していて仕分け困難!
ということで、干してから引き抜くことなりまずは一斉に稲刈り。
初めは中々刃がたたず苦戦してましたが、鎌の扱いに慣れてくると
ザクッと気持ち良く切れていきます。

鎌先に目を転じると、虫やカエル、ザリガニ、マムシまで!
色んな生き物達がそこにいて、生きている田んぼだなぁと感じました。

あらかた刈り終わった所で、束ねて稲架(はさ)にかける作業を
していきました。
稲束を藁でくくって、ねじって、ネクタイ締め。
きつく縛らないと稲架がけしてる間に落ちてきてしまうので気を遣います。

地面が乾いてる所を、岡野さんが稲を刈って束ねていくバインダーで
どんどん進ませてくれたお陰で、お昼までに1枚目終了。

お待ちかねのランチは岡野さんの新米とけんちん汁、
キュウリとシソの実の浅漬け。
参加者が持ち寄った1品を並べて頂きます(^O^)

ご飯が美味しいと食が進みます。けんちん汁はごぼうの香りがよく具沢山♪
みずみずしいキュウリにシソ実の粒々感たまりません◎

ポットラックもこれだけの数が並ぶと壮観☆
どれも美味しそうで争奪戦でした~

午後は2反目の9年休耕してた田んぼに集中。
こちらは雑草が少なく、稲の葉が青々としており、
沢山分けつしていて1株で1抱えある感じ。
稲穂も重そうに頭を垂れています。

男子チームは稲束をかける稲架を竹で組んでいきます。

1枚目より地面のぬかるみがひどく、長靴が抜けなくなりそうに
なりながらの作業でした。
途中で稲架が倒れる!なんてハプニングもあり、まだ作業が終わらないうちに、
週末農風達は帰宅時間を向かえてしまいました。

みんな来た時よりも生き生きとした顔で、「最後までやっていきたかった」とか、
「やり足らなかった」なんて言いながら田んぼを後にしました。

今回から導入した『農家さんのお土産』は新米でした☆
しかも、おかかお握り付き♪ありがたいです(*^o^*)

我々もお握りを手伝ったのですが、マーケットでいつも100こ作ってるだけあって、
50このお握りはたちまちできてしまいました。
毎回こんな風に作ってるのねーと思うとまた買う楽しみも出てきました(*^-^*)

岡野さんの所では、田畑の他に農産加工品も作っていて、
この日も米粉のシフォンケーキやせんべい、にんじんやビーツのパスタの
販売もあり、みんなお土産に購入してました。

これからの季節は切り干し大根やこんにゃくも作るそうです。
そういった農家さんの冬の手仕事もチャレンジしてみたいです。
春夏はブルーベリーのお手伝いもいいなと思ったり。
でも、なによりも参加者の希望にもあったように、
来年は田植えから携わっていきたいなと思いました。