活動記録!

4/12-13 武藤農園さんの春の畑の種まき+苺

東京ではもう桜が散ってしまった後だったのですが、武藤農園のある栃木県の茂木はちょうど満開!
山にも川沿いにも畑にも、こんもりしたピンクが広がり、春到来の喜びを2度味わえました(^^)

今回の武藤農園には7人が参加。畑仕事も食事作りも苺も楽しんできました♪

DSC09685

茂木へは秋葉原から高速バス「関東やきものライナー」で2時間半くらい。
産直野菜などを売っている「いい里さかがわ館」で降りて、まずは食材の購入。
今は端境期で武藤さんの畑には野菜が少ないそうなので、色々買い込みました。
屋台でおやつを食べちゃったりも(*^.^*)
DSC09544

到着した武藤さんちの庭は水仙が花盛り。
まずは、花の間を通ってビニールハウスの中を案内してもらいました。
DSC09554

中には色々な苗ポットが置かれていて、奥にはネットのアーチがかかり、稲わらで囲われた温床がありました。
大雪で中止になってしまいましたが、2月に予定していたイベントでは、この温床を作る予定だったのです。

通気をよくするために稲で囲った箱の中へ、落ち葉や糠、わらなどを入れては水をかけ、踏み込み固めてはまた落ち葉などを足すという作業を繰り返して温床は作られます。
できてから何日かすると発酵して温かくなるそうで、この日も温床の中は45度!
触ってみるとお風呂のような温かさでした。
DSC09559

この温床の上に苗箱をおき、温かさで発芽を促進させます。
色んな種類のトマトやなすの苗が育てられていました。
同じ時に種をまいたのに、苗の大きさがマチマチなのは、土の量や水やりが均一じゃないからだそう。
ちょっとした事でもこんなに差が出てしまうなんて、植物って繊細w
DSC09566

お昼ご飯は味噌汁や浅漬けを作り、みんなで持ち寄ったおかずを並べていただきます!
食後には、参加者の方がもってきてくれた白イチゴのサプライズも☆
DSC09591

食後は歩いて畑へ。
午後はネギの植え付けをお手伝い。

ネギの種まきは昨年の9月。
30センチくらいの苗の大きさに育つまでに8か月もかかるなんてビックリです!
V字に切った溝へ立てかけるように苗を置いていき、根の部分に土をかけ、溝に稲わらを敷いて完了。
DSC09618

大きくなったら土をかけて日に当たらないようにして育てていくと、白い部分が段々と長くなっていき、
冬まで徐々に出荷できるので、宅配のお客さんが多い武藤さんにとっては都合のよい作物なんだそうです。

はじめは苗の間隔や、土の被せ具合など迷いながらやっていましたが、
慣れてくるとペースが上がり、武藤さんに2回も苗を補充してもらって沢山植えました。
これでネギの出荷には困らないでしょう~
DSC09607

苗がなくなったところで本日の作業終了。
温泉に行ってスッキリしたあとは、みんなで夕飯作り♪

今回、買いすぎしまった食材や引き出しの奥に眠ってる調味料や乾物などを活用させる【サルベージ】料理を作ろうと、
参加者の皆さんに家に余ってる食材をもってきてもらいました。

それらと武藤さんの小松菜と菜花、産直で買った品々を合わせ、色々とお料理ができました。
小松菜の胡麻和、庭先で採れたこごみ、揚げ湯葉と菜花の煮物、菊芋のきんぴら、こんにゃくのピーナッツ味噌田楽、汲み上げ豆腐の奴、鴨肉のスモークとカブのサラダ、イカと大根の煮物、出汁に使ったおかかと昆布の佃煮(これがサルベージ大賞だったかも)。
〆は恒例の蕎麦打ち名人Sくんの手打ち蕎麦☆
できたての蕎麦つゆの香りが最高でした。
DSC09645

いい感じでお酒がまわってきたところで武藤さんがオリジナル新曲を披露~
これまでのオリジナルソングはネガティブな内容だったけど、今回のは前向き!リズミカルな楽しい曲でした。
武藤さんの心境の変化かしら?(^^)

2曲目の前に、武藤さんが農に目覚めたきっかけを語ってくれました。

サラリーマン時代、漠然と「農業をやりたい」と思い、週末に農業の学校に通いはじめ、
その時に受けた講座がたまたま有機野菜を作る講座でした。
友達同士で学校の畑を借り、有機農法で色んな野菜を作った中で、
自分で苗から育てた芽キャベツがめちゃくちゃおいしくて「世の中にこんなおいしいものがあったんだ」と感激したそう。
その後、スーパーで買った芽キャベツを食べたら、自分の作ったものとあまりにも違う味で愕然とし、
どうせ作るならおいしい、安全な野菜を作ろうと、有機農業を本気で学び始めました。
有機農業で有名な小川町の金子さんのところで勉強していくうちに、
人それぞれの有機農業のやり方があるというところに魅力を感じ、
有機農業の世界に惹きこまれていき、脱サラをして現在に至るそうです。

武藤さんは口下手なので、これまでなかなか過去の話を聞く機会がなかったのですが、
今回お酒の力も借りてこんなステキな話を語ってくれて、この話を聞けただけでもこの企画は成功だったなと思いました。
週末農風では武藤さんの芽キャベツを全面的の応援することにしました!
乞うご期待~

翌朝もまずは朝食作りから。
厚揚げと菊芋の煮物、菜花のおひたし、サツマイモの胡麻和え、ブロッコリーとソーセージ、ぬか漬け、武藤さんちで萎びてしまいそうだったキウイと柑橘もサルベージ!
DSC09652

DSC09650

食後は温床で育てたトマトの苗の鉢上げをお手伝い。
大玉、中玉、プチの赤と黄色の4種類を混じらないように、違う色のポットに植え替えていきます。
土は温床を更に寝かせたものに、燻炭などを入れたものを使いました。
DSC09662

DSC09665

枯葉が土に変化するのは、理論はわかっていても不思議な感じ。ミミズや微生物の力って偉大です。
5センチ四方の小さなポットで芽を出した苗は、お隣同士でも大きさが違っていて、
小さい苗はか弱くて、植え替えるのに気を使いました。
大きくなれよ~

余った土をふるいにかけて種まきもしました。
種はとても小さくて繊細な作業なので、こういうことは女性の方が得意かも。

DSC09697

昼食は「家にたくさんあって」と持ってきてくれた素麺と、手打ちそば。
今回買ったり持ってきたりした食材はほぼ使い切り、みんなよく食べました。
武藤さんとお父さんにも喜んで頂けて良かったです。

午後は、笠間で新規就農した[Kamos]さんで、炭素循環農法の畑見学といちご狩りをさせてもらいました。

炭素循環農法の畑は初めて。
畑を森の中と同じ状態にして、土の中の微生物を元気にすると、肥料がなくても農薬がなくても元気に野菜が育てられるそうです。
具体的には、畑に年に1度チップを混ぜ込むだけ。
土の中の微生物が元気であれば、チップは徐々に分解されゆっくりと野菜の養分になるそうです。
畑の両側は1mくらい溝を掘ってあり、余分な水分がないため、土の表面はサラサラに乾燥しており、
草取りをしていないというのに、ほとんど雑草が生えていませんでした。
手入れをする必要がないからと、土がみえないくらいギッシリと小松菜が育てられていたのは圧巻。
今まで見た事のない畑でした。
DSC09766
畑を案内してくれたKamosoの横山くんの「僕らは微生物のお世話係なんです」という言葉がとても印象的。
DSC09761
そして苺美味しかった~

DSC09728

若手3人で始めたKamosさん。いつかアースデイマーケットにも出店して欲しいです。

8/31-9/1 武藤農園さんの冬野菜の準備&益子で陶芸体験

残暑厳しい中、茂木の武藤農園さんのお手伝いしてきました。
集合

同じ栃木でも前週行った那須町は、日中も過ごしやすかったのですが、
茂木は太陽が出たらもう暑い!!
栃木って広いなぁ~と思いました(^_^;)

到着してすぐのお昼前の暑い最中に、農家さんも倦厭するマルチはがしをしました。
(マルチとは土の上にはるビニールシートの事。主に除草のために用いる)
ズッキーニの畑だったそうだけど、マルチが見えない。。。。
マルチ1

収穫後、すぐにはがせばなんて事はない作業なのですが、
時間がたつとシートの隙間から雑草が密生してきて、シートと根っこが絡まりもう厄介!
シートよりも根っこの方が強く、引っ張るとシートが破れてしまうので、掘っては剥いでの繰り返し。
1時間くらいで3畝分のシートをはがし終えました。
マルチ2

お昼ごはんはポットラックと武藤さんちの野菜でサラダ。
お昼1

農家さんのお宅で頂くサラダは格別です!
瑞々しくて青臭さがなく、完熟のトマトの甘酸っぱさはたまりません~

食後。殺人的な暑さだったので夕飯の支度を先に始めました。
パンパンに太った米ナスと旬のピーマン、完熟のカボチャを大目の油で揚げ焼きし、
出汁とお酢、みりん、赤唐辛子を加えて一煮立ちさせた漬け汁に投入。
夕食の頃にはお野菜に味がしみて甘酸っぱい揚げ浸しになってるはず。

なんだか賑やか?!と思ったら、豊穣庵の渡辺夫妻がた~くさんの差し入れを持って訪ねてきてくれました!
大好きなお稲荷さんに、ナスの揚げ浸し、水ナスの漬物、夏野菜のラタトゥィユ。
そして私の大好物のスイカ~
お母さんのように私の好きなものを持ってきてくれてジーンと感動!ありがたかったです。
お昼2

ちょっと涼しくなってきた15時ころ作業再開!
残りのマルチはがしをやりました。
午後の畝は玉ねぎが植わってた所で、マルチにあいた穴が多い=雑草が多い!!
思いのほか手間取りました~
雑草がはびこる前に手伝いに来てマルチをはがした方が良さそうです(^_^;)

温泉で汗を流したあと、みんなで夕飯準備。
武藤さんちの近所に住む私の同級生から沢蟹の差し入れがあり、
素揚げにすると美味しいそう。
生きたままの沢蟹くん達を油に投入!
油がはねて、はねて。。。
沢蟹は脱走しようとするし、、、
大格闘の末、香ばしく揚げあがりました。

沢蟹 沢蟹2

豊穣庵さんの差し入れのお陰でゴージャスな夕餉になりました(^^)
夕食1

夕食2

翌朝、朝食を済ませた8時頃にはもう暑い!!
朝食前に農作業をした方が良かった。。。
汗だくになりながら残り1畝のマルチをちゃちゃっと片付け、
ナス、ピーマン、島オクラ、甘長唐辛子、唐辛子が実る畑へ。

0831 057

ナスは普通のナスに加え、米ナス、白ナス、ロッソ・ビアンカが植えられていて、
次々と花を咲かせてました。
左上:普通のナス 茎まで紫、中央上:ロッソ・ビアンカ、右上:ロッソ・ビアンカの花、実も大きいけど花も大きめ、
左下:白ナス 花の色が薄め、中央下:米ナス。ほんのり紫、右下:ピーマンの可憐な花

0831 065 0831 055 0831 058
0831 060 0831 063 0831 066

オクラはハイビスカスと同じアオイ科で、お花も食べられます。
ちょっと粘り気があり、苦味は全くないので食べやす~い
オクラぱく

続いてニガウリをゲット。
白いニガウリは苦味が少なくて、塩もみしただけでも食べやすいです。
ゴーや

カボチャ畑に連れてきてもらったハズなのですが。。。
ヤブを切り開いて中に進入。
カボチャ1

よ~く見るとカボチャがあります(^^;)
武藤さんによると、植えてから初めて来たとか。
立派な自然農です。
カボチャ3 (1)

大量に収穫した野菜たちを、お土産に沢山いただいちゃいました(^o^)
お家で色々作ろ~♪

お昼は、豊穣庵さんに頂いたラタトゥィユのパスタ。
武藤さんのカボチャを蒸してマッシュし、酒粕マヨと混ぜたサラダと豆乳で伸ばし冷製スープを作りました。
簡単おいしいランチ♪
パスタ

午後は、益子の川尻製陶所さんで陶芸体験。
ソフトボール大の粘土から、手びねりで器を作りあげていきました。
指先で厚みを測り、凸凹をならして形を整えていきます。
武藤さんも親子で参加してくれました。
てびねり

陶芸。はまりますね~
0831 105

早くできた人は、ろくろの使い方をレクチャーしていただきました。
0831 102

みんなの作品♪

トモ マコ るい
ムトウ イケ アケ

これから十分に乾かして、10月に焼成されるそう。
釉薬は川尻さんにお任せなので、どんな仕上がりになるか楽しみです(^^)

武藤農園さんのイベントは2回目。
前回は真冬の1月で雪に覆われてた畑も、今回は青々としていて、畑仕事は山ほどやる事がありました。
1泊2日くらいじゃやり足りないw

9月から秋葉原発のバスが武藤さんちの近くまで行くそうです。
今まで行きにくかった茂木町も、バス1本で行かれますよ~
お1人で農作業をされてる武藤さんを、是非お手伝いにいってください!
週末農風でも応援していきたいと思います!

1/19-20 武藤農園さんの大根堀りと切干大根作り

再三のラブコールを受け、ようやく実現した武藤農園イベント♪
まだ雪の残る栃木県茂木町まで行ってきました!
2013.1.19 009

私が武藤さんと知り合ったのは、2年前のフードハートパーティでした。
「農家さんと仲良くなろう!」がコンセプトのパーティでお話をして、
武藤さんの憎めないキャラクターと美味しい大根に、
「絶対お手伝いに行きますから!」と言ったものの茂木町遠い!!
これはイベント立てるの難しい。。。。と保留になって1年半が経過(^^;)

次は去年の豊穣庵さんイベントに武藤さんが参加してくれた時。
宴会で披露してくれたオリジナル曲の切なくネガティブな歌とギターに、
私だけでなくその場にいた全員がハートをつかまれたはず。

「もうこれは行くしかない!」
豊穣庵の渡辺夫妻の後押しもあり、その日の内に武藤農園でのイベントが決定し、
メデタク武藤農園のイベント開催にこぎつけたのでした(^o^)

茂木までは車で2時間ほど。途中の直売所で夕飯の食材を購入しました。
茂木まで来ると野菜が安い!東京の2/3ほどのお値段でした。
今が旬の苺も忘れずにゲットd(^-^)

近くまで来たことを武藤さんに電話で知らせると、案の定お掃除の真っ最中。
『もう来ちゃったの~』と焦った声を聞くだけで、武藤さんの姿が目に浮かんでしまいました(^^)

武藤さんちの周りはまだ沢山雪が残ってましたが、太陽のお陰で覚悟してたほどは寒くありませんでした。
2013.1.19 143

武藤家に到着後、荷をほどいてお昼ご飯の準備をしていると、
那須から渡辺夫妻(よし江さん&かっちゃん)が、できたての山菜おこわに、ピーナツ餅。
自家製納豆に沢庵と沢山の差し入れを持って遊びにきてくれました!
うれし~~~い(^o^)
よし江さんがキッチンに入ると、途端にお昼の用意にも活気が沸いちゃいます♪
2013.1.19 134

お昼ごはんは、よし江さんのおこわと武藤さんが作ってくれたお味噌汁をよそい、
みんなのポットラックも並べて豪華な食卓になりました♪
2013.1.19 141

武藤さんのお父さんからウエルカムトーク。
普段は東京にお住まいですが、私達を出迎えるためにわざわざいらしてくれたのかな?
ず~~~っと家中のお掃除をしてくれてました(^^)
お父さんは、会社を辞め農業をやると決めた武藤さんへ
「自分人生だから好きなことをやったらいい」と後押ししてくれたそう。
新規就農にあたり、なかなか出てくる言葉ではないと思う。
きっと息子さんを信じて受け止めたんでしょうね。
ニコニコ優しい笑顔のステキなお父さんでした。
2013.1.19 139

大根堀りに畑へGO!
畑までの道のりも雪だらけでしたw
2013.1.19 155

畑に残ってる白菜も寒そうに出荷されるのを待ってます。
凍みた外側をはがせば内側は生き生き☆ 甘味もup!
2013.1.19 153

雪の下から大根を発掘。

2013.1.19 002

種をまくのが遅かったり、その後の寒さもあってミニサイズ。
でも使い切りできるくらいのサイズの方が嬉しいかも◎
2013.1.19 005

まずは庭先で大根洗い。寒い中お疲れ様でした~
大根あらい

皮付きのまま巨大スライサー=「大根突き器」でスライスしていきます。
手まで削っちゃわないように軍手は必須!
削った大根たちはザルに広げて一晩外におき霜にあてます。
2013.1.19 022

その頃、台所では夕飯の準備が進んでいました。
武藤さんちにある大根・白菜・人参・ねぎ・カボチャでできるもの。
という事で、白菜が沢山美味しく食べられる鍋と、野菜の味が生きる天ぷら、
直売所で買ったがんもと色んな野菜の煮物に決定!
スタッフの正海ちゃんが腕をふるってくれました☆

下見で伺った時に、台所の備品や調味料はチェックしてたので、
参加者の方に鍋、カセットコンロを持ってきていただいたり、
食器類は人数分事前に送り、足りない食材もそろえていきました。
それでもやっぱり14人分を作るとなると鍋が小さくて煮物を炊飯器でやったり、
あると思ってたポン酢がなくて、おろし醤油とゆずで即席のタレを作ったり。
次回は湯飲みも持っていかなきゃ~

そんなこんなで大わらわな夕飯準備でしたが、アースデイマーケット実行委員長の冨山一家も交えて賑やかな夕食がスタート♪
2013.1.19 029

白菜美味しかったな~すぐに鍋が空になってしまいました◎
おろし醤油のタレが意外といけました♪
お試しあれ!

待ってました!武藤さんの弾き語り♪
「キミのいない畑」を披露していただきました(^^)
歌詞を聞いていると、武藤さんが1人で畑で作業してる姿が目に浮かんでガンバレ!
と応援したくなります。
神田川の替え歌も聞きたかったな~次回はお願いします♪
2013.1.19 032

鍋の〆は参加者のSくんの手打ち蕎麦☆
前日打ってきてくれたそうで感謝感激O(^-^)O
見て~このキレイな蕎麦!
手作りのそばつゆもいいお味でした◎
2013.1.19 036

覚悟をしてたけど明け方は寒く、干しておいた大根には霜が降りてました。
美味しい切干に仕上がりますように。
2013.1.19 050

2013.1.19 047

2日目は武藤さんも一緒にお出かけ♪
まずご近所の「菓子処 いい村」さんへ。
2013.1.19 054

偶然にもイトウトモの同級生がやっている和菓子屋さんで、
次回は和菓子作りをやらせてもらおうかなと思ってます。
武藤さんの野菜を使ったお菓子ができたらいいな~

オススメの羽二重苺をイートイン。
こんなに滑らかな食感の羽二重餅は初めて!絶品でした☆
2013.1.19 059

食べてばかりですが(^^;)、昼食は益子町の雨巻山登山口近くにある「茶屋雨巻」さんへ。
店内はアチコチおしゃれな上に、本格的なピザ釜もあってステキなカフェでした。
2013.1.19 064

チーズの代わりにおからを載せたベジピザや、生ソーセージを使ったピザなど。
見た目も美しい上に美味しかった~
2013.1.19 071

次は、アースデイマーケットの「食の器市」にも出店される「川尻製陶所」さんへ。
川尻さんはご両親も陶芸家で、お父様は益子でも少ない登り窯を作れる職人さんです。
今回は息子さんの拓也さんの工房にお邪魔しました。

まずは登り窯見学。
坂の一番下に焚口があり、上に3つの作品を焼く焼成室が連なっています。
各焼成室の壁には穴があいていて、そこを通って熱が上に登っていく仕組みです。
2013.1.19 098

焚口の前で登り窯について説明をしていただき、みんなからは色んな質問があがりました。
火を入れると1300度にもなるそうで、薪だけでそんなに高温になるとは驚きでした。
2013.1.19 084

次は山から掘り出してきた粘土質の土の塊から、
粘土を精製する「水簸(スイヒ)」という作業を体験させていただきました。
水に浸った土を板を使ってかき混ぜてドロドロに溶かしていきます。
一見、草津の湯もみのようですが、沈んだ土に中々板が食い込まず大苦戦☆
2013.1.19 103

力強い男子の攪拌のおかげで、段々と粘土が水に溶けていき、
触るとちょっとヌルっとした感じになってきました。
これをこして大きな砂利を除き、沈殿させたものが陶器の原料となる粘土になります。
益子の粘土は砂利が多いのが特徴だそうで、独特のざらついた質感はザルの編目をスルーした小さな砂利の賜物。
土の塊から陶器を作り出す方法を編み出した先人の知恵に感服です☆

いよいよ工房の中に入り陶芸体験♪
手びねりでの作り方を教えていただきました。
2013.1.19 113

はじめはワイワイ「あーしよう」「こーしたい」など話をしながら
手を動かしてましたが、仕上げの段階に入ってくるとみんな口数も少なくなり
真剣な表情。
2013.1.19 123
2013.1.19 128

粘土に触っているうちに指先へ神経が集中していき、
器の厚みを感じながら仕上げていく作業はとても気持ちよかったです。
陶芸にはまりそ~

みんなの作品はコチラ↓

nyansachi

nidoyoshi

ake.19 130ara

kappakei

masamuto

tomo

焼きあがると2割ほど縮むそう。どんな釉薬をかけてくれるのかな~
仕上がりが楽しみです(^^)
自分達の作った器でオフ会とかも楽しそう♪

今回のイベントは農作業を手伝うということより、
武藤さんの人柄に触れてもらい、茂木や益子の魅力を知ってもらう事に
重点をおきました。
きっと「また行きたい!」と思ってくれたはず。
次回の武藤農園イベントは9月上旬にやろうと思ってます。
次はガッツリ農作業やりますよ~(笑)お楽しみに♪

イトウトモ