活動記録!

10/27 POCO A POCO 農園のサツマイモ堀り♪

小春日和の気持ちのいい日に、茨城県那珂市のPOCO A POCO 農園へ行ってきました。
イトウトモ、今回が初めての訪問。しかもPOCO A POCO 農園は、アースデイマーケットでも珍しい『自然農法』を実践されていて、どんなとこだろ~とワクワクo(^^)o
参加者も14名!大人気でした☆

Wikipediaによると自然農法とは。。。
不耕起(耕さない)、不除草(除草しない)、不施肥(肥料を与えない)、無農薬(農薬を使用しない)を特徴とする農法。

ナルホド~きっと雑草がボーボーの畑なんだろうな。と思っていましたが、
農園主の和知さんに案内していただいた畑はまさに「自然」でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左:イタリアの在来種『トロンボーンズッキーニ』は、秋になっても元気に育ってます。
右:一度植えてしまったら、もう他の植物を圧倒して育ってしまう『菊芋』

 

 

 

 

 

 

 

 

左:ねこじゃらしにまぎれて見える黄色い葉っぱが『山芋』
右:種をまいたのはダメになってしまったのに、勝手に生えてきた『ルッコラ』『ターサイ』『小松菜』は雑草にも負けない!

 

POCO A POCO 農園は、変わった品種を育てているのも特徴のひとつで、
そのお陰でシェフの目に留まりレストランに野菜を卸すようになったそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左:苺のような形の『ハイビスカスの種』ハーブティーに入ってるのはこれだったのね~
右:エディブルフラワーの『ナスタチウム』はピリッと爽やかな辛さ☆

 

有機農法の中に自然農法は含まれるそうだけど、和知さんの農業のやり方・考え方は、
これまで私が出会ったどの有機農家さんともまるで違っていました。

和知さんも初めは普通の有機農法で、土を耕し、種をまき、除草をして
作物を育ていましたが、売れないし大変だしというので自然農法に変えたそうです。
「除草するのが大変だからやめたんだ」とさっぱりした顔で話しながら、
雑草が生い茂る畑をどうどうと、楽しげに案内してくれる和知さんを見て、
何から開放された感じを受けました。
何に?って言われると明確に答えられないのですが、、、

畑の作物は、在来種を育てていることもあって生命力が強い。
種を蒔かなくても前年のこぼれ種から勝手に芽を出し、
雑草にも負けじと成長します。
大きくは育たないけど、その分味の濃~い野菜になるそう。

有機農家さんを苦労させる雑草も、はびこらせたままにしておくと
害虫は雑草にもたかるので、作物への被害が少ないそう。

収穫は宝探しのよう。
雑草をかき分けて、丁度よく成長したものを集めていきます。
だから「この野菜を送って下さい」って言われると困ってしまう。
でも、野菜を卸してるレストランのシェフは「その日のおまかせでOK」
と言ってくれているそうで、いい方と巡りあって良かったなぁと思いました。

 

さて、私達が挑んだサツマイモ畑はこんなでした~

サツマイモと雑草の中でも最悪と言われるアカザとが共生してました!
芋を掘り出すためには、アカザを引っこ抜き、サツマイモの葉と蔓を刈りとらなきゃなりません。

アカザの根はガッチリ土をかんでて、ちょっと引っ張ったくらいじゃビクともしないし、
オマケに茎がツルツルで手がすべる~みんな大奮闘

サツマイモの根とも絡み合っていて、サツマイモの成長を妨げてるんじゃ?!
とどなたか質問したら、『サツマイモは土が肥えてないほうがいいし、
肥料いっぱいだと大きく育つけど、味は小さいほうがいい』と教えてくれました。

確かに、お昼に頂いた焼き芋は甘くて美味しかった~
今まで、紫芋は色はいいけど味はイマイチと思っていたけど、
すっごくおいしくて紫芋を見直しちゃいました◎

お昼ごはん前にやっと畑の半分くらいが終了。
思いのほか苦戦w

POCO A POCO 農園では”スペルト小麦”という古代種の小麦を育てていて、
それを製粉してパンなどを作ろうと準備をされています。
でもスペルト小麦は籾殻が非常に硬くて、通常のやり方では脱穀できず、
脱穀方法を探求中です。
もし、スペルト小麦の脱穀に関する情報をお持ちの方は、ご連絡くださいませ。

それで奥さんの則子さんは、とりあえずは輸入のスペルト小麦を使って、
天然酵母パンの試作をしているそうで、試食をさせて頂きました~

紫色っぽいのは、紫芋が練りこんであります。
焼いてもキレイな色でいいですね~
肝心のお味は、しっとり&モチモチしててサツマイモの味も効いててめっちゃ美味しかったです。
プレーンの他に季節のお野菜を練りこんだパンを作っていくそう。
レギュラーメニューになる日が待ち遠しいです。

後半戦スタート!
アカザを抜きつつ、サツマイモの蔓を引き剥がしていきます。
「芋づる式」とはこの事か~と実感。
引っ張っても、引っ張ってもズルズルズルズル。
どこまでつながっているのやら☆

アカザもサツマイモの蔓も取り払って畑がスッキリ!

この作業だけでも達成感を感じてしまいましたが、
コレからが本命の芋ほりです。
畑には食用の紫芋、紅はるかと干し芋用の皮の白いイズミの3種類が植えられていて、
土をかき分けてどんどん芋を掘り出していきました。

芋から白い根っこが沢山でていて、そのせいなのかな?
芋がしっかり土に埋まっていてなかなか芋が抜けなくて大変でした。
こんな風にズボッと抜けると気持ちいいよね~

みんな芋ほりに没頭。
ふと見上げた青空はきれいだった~

収穫したサツマイモを種類ごとに分けてコンテナへ。
いずみは白いから分かりやすいけど、
紫芋は中身は紫だけど、外見は紅はるかと見分けがつかないので、
迷った時ははじっこを折ってみて確かめます。
あっという間に10個くらいのコンテナが一杯になりました。

和知さんに美味しいサツマイモを教えてもらい(細いのが甘くてオススメだそう♪)
みんな貯めつ眇めつお土産用の芋を選びました。

掘ってすぐよりも乾かしてからの方が甘くなるそう。
食べごろは年明けだとか。
待ちきれないけど、そこはグッと我慢して待ちましょう(^^)

いずみを持ち帰って干し芋つくりにチャレンジする人も。
干し芋を作るには、3時間以上も芋を蒸す必要があるそうで私は挫折~
蒸せば蒸すほど柔らかい出来上がりになるそうですよ。
持って帰った人たち頑張って!

いずみは干すと甘くなるけど、ただ蒸しただけでは水っぽくて美味しくなく、
逆に紅はるかを干し芋にしても美味しくないそう。
美味しく食べる方法を編み出した先人はスゴイね~

今回、POCO A POCO 農園を訪れ、和知さんご夫妻とお話して感じたのは、
「自然をコントロールしようと思うから敵わないんであって、
自然の恵みを得ようと思えば結構与えてくれるもので、
信念をたがえず進んで行けば道は拓けていくものなんだな」と。
もっと多くの人に自然農や和知さんご夫妻を知ってもらいたいと思いました。

イトウトモ

8/6週末農風 バターナッツ磨き隊@ポコアポコ農園

まさこです。
8/6に開催しました週末農風手伝い隊の報告です☆
茨城那珂市にある自然農の畑。
ポコアポコ農園さんに行ってきました!

IMG_1087.jpg

当日1名キャンセルが入ったけれど、11人です。
週末農風で「ポコアポコ農園」さんに行くのははじめてでしたが、いきなり定員を越えるほど大人気。
自然農の畑に興味を持って参加された方が多かったようです。

今回は珍しく男性参加者が多くて、男女の比率が半々でした。
しかも、農学部出身だったり、農業学校を出て農業法人で働いていたという人も。
今までの参加者は農業未経験の方が多いので、これまた珍しい現象なのです。

まずは自己紹介に少し時間をとってから、畑の見学をさせていただきました。

IMG_1080.jpg
こちらは食用ほおずき。クーズベリーという種類だそうです。

味見用にひとつずついただいて、パクリ。
なんとまあ、甘酸っぱくておいしいこと!
まるで果物のようなのに、なんと茄子科なのだそうです。

IMG_1077.jpg
きくいも。

IMG_1079.jpg
粟とか、稗とか、あと雑草とか(自然農ですから。笑)

IMG_1083.jpg
この大きい葉っぱは、さといも。

IMG_1085.jpg
日本では珍しい、スペルト小麦。
スペルト小麦は殻が硬くて、日本の小麦とおなじ脱穀機では脱穀できないそうです。
そのため毎年栽培して種をとっているのだけど、自家用に使う分を少量手で脱穀しているだけ。
他は脱穀できないので、種取り用に。もったいない。。
どなたか、スペルト小麦の脱穀機をお持ちの方はいませんか?(←国産のスペルト小麦がほしい方、ぜひご協力を。)

IMG_1086.jpg
トマトやエディブルフラワー、ハーブを植えてあるハウス。

などなど、掲載しきれないほどたくさんの種類の作物があります。

お昼に奥さんがバターナッツのポタージュを差し入れてくださいました♪
IMG_1090.jpg
自然な甘味で十分においしかったけれど、収穫してから追熟(しばらく置くことで熟させる)したものを使った方がもっと甘くておいしいとのこと。
ちなみに、それ以外のかぼちゃでも数ヶ月間はそのまま常温で日持ちします。(カットしたら日持ちしません。ラップをして冷蔵庫へ。)

私も一応、バターナッツとなすのぬか漬け、そしておやつにくるみゆべしを作ったのですが、なんと!写真撮り忘れました(爆)
(ほんとだよ。ちゃんと手作りだったのよ。。涙)
まあ写真はともかく、みなさんは喜んでくださいました♪(たぶん・・)

さて、お腹もいっぱいになったところで作業開始。
今回のミッションはバターナッツ磨きだ!

お店で並んでいるかぼちゃに泥がついてることって滅多にないですよね?
収穫したかぼちゃを布できれいに拭くのも、農家さんの仕事のひとつなのです。

IMG_1074.jpg

IMG_1098.jpg

なかなかユニークでおもしろいカタチをしたバターナッツが勢ぞろい。

IMG_1100.jpg IMG_1101.jpg
これは、他の種類と交配しちゃったらしく、形が全然違う。。
もし農協などに出荷する場合、規格に合わないカタチの悪い野菜は出荷できません。
カタチは良くても、大きすぎたり、小さすぎたものもダメです。
ふつうだったら捨てられるか、自宅で消費するしかないこうしたお野菜も、レストランなどではかえって高い価値がつくことが多いそうです。

IMG_1106.jpg
首の長いネッシーのようなのは、バターナッツじゃなくてトロンボーンというかぼちゃの種類。緑のは飾りかぼちゃで、固くて食べられないそうです。
確かに、飾りたいほどかわいい♪

IMG_1102.jpg IMG_1103.jpg
みんな熱心にゴシゴシ。

汗かきながら、おしゃべりしながら。
丁寧に磨いています。

大勢でやると作業が早くて、ピカピカになりました。
ひとまず任務完了です!

ちなみに、去年の4倍もの株を植えたのだけど、場所を変えたので土が合わなかったためか収量が少なかったそうです。

それなのに・・

自然農だとよくあることです。
まぁ、受け入れるしかないでしょう。

と言える大らかな人柄が和知さんの魅力だと思う。
あるがままの自然を受け入れられる人じゃないと、自然農ってできないのだろうな。。

さて、お次はネギの植え付け。
今回植えるのは、赤ネギ。

IMG_1107.jpg
あれれ?ふつうのネギに見えるけど・・?

実はこれ、大きくなると白い部分が赤くなるのです。

ねぎは日の当たる部分は青くなってしまうので、白いのは土のなかに植えてある部分。赤ねぎも同じ原理で、日の当たらない部分が赤くなるのだそうです。

植え方は、ねぎ(の苗)を20cm間隔で溝に置いて、根っこの部分に土をかぶせます。

IMG_1110.jpg IMG_1111.jpg

でもこれだと、ねぎが寝たままだよ?しかも、土をかける部分が少しだけで大丈夫なの??と不安になるわたし・・。

少しずつ、根っこが土に根づいてちゃんと立ってくるのだそうです。
そしたら徐々に土をかけるのだそうです。
植えてからも手間がかかるのですね。。

IMG_1116.jpg IMG_1117.jpg

作業はハウスにあるねぎの苗を取ってくる人と植える人に分かれて。
さらに植える人は、ねぎを置く人と土をかける人にわかれて、広い畑にねぎを植えていきます。

IMG_1120.jpg
作業全部は終わらなかったけれど、早く帰る人もいるため、おみやげ用になすとミニトマトを収穫させていただきました♪

IMG_1122.jpg
白いなすも入って、トマトとなすだけとは思えないほどカラフル☆

IMG_1123.jpg IMG_1124.jpg

楽しそうですねー(笑)

でも、なんといっても今回のベストショットはこちら!

IMG_1132.jpg

土にダイブした後の写真。
さすがは農家の息子。
泥まみれの得意気なポーズに脱帽です☆

今週末、8/21(日)はアースデーマーケット。
週末農風も、ポコアポコ農園さんも出店しますよ!
ぜひ遊びに来てくださいね♪

Masako

ポコアポコ農園さん~自然農の畑へ行こう!♪

IMG_0493.jpg

6月の終わりに、茨城県那珂市のポコアポコ農園さんをたずねました。
8月に週末農風の手伝い隊でうかがう予定なので、その打ち合わせもかねて。

茨城だから近い、と思いきや、それなりに距離があります。
常磐線水戸駅で乗り換えて、静駅(水郡線)へ。
畑まで駅から徒歩(10~15分程)で行けるのがうれしい。
送迎の手間をかけてしまうのは申し訳ないので。

畑につくと、作業を中断して案内してくださいました。

IMG_0479.jpg

これは珍しい、パースニップという野菜。
見た目は白い人参のようですが、実はセリ科。
独特な香りがあります。

IMG_0488.jpg IMG_0448.jpg

この花はナスタチウムという名まえのエディブルフラワー(食べられる花)です。
先日のアースデーマーケットでも販売されていました。大根味のお花。
実際に食べてみると・・、かいわれ大根のようなピリリと辛味のある味。
サラダに入れるとかわいい♪

他にもパースニップ、フェンネル、カルドン、コリアンダー、オレガノ、ルバーブ、ナスタチウム、ズッキーニ、じゃがいも、トマト、なすなどなど、細かい種類を入れると100種ほどの野菜を栽培されているそう。

ちなみにカルドンとはアーティチョークの仲間で花のつぼみを食べるらしいのですが、どちらも食べたことがないのでどんな味がするのか・・気になります。

トマトは一般的な種類の他にも、黒や黄色、白いものも。
IMG_0501.jpg

珍しい野菜が多いので、レストランに出荷することも多いようです。

外国種の野菜だけじゃなくて、もちろん国産の在来種の野菜も栽培されているとのこと。

そんな野菜たちは、自然農を基本として育てられています。
農薬を使わないのはもちろん、肥料もほとんどあげてないそうです。
主にトマトに落ち葉と米ぬかを発酵させた堆肥を使っているくらいで、動物性の肥料も使用していません。

畑を案内していただいた後は、ランチタイムをはさんでお手伝い!

IMG_0517.jpg
じゃがいも掘りに手が回っていないとのことで、収穫作業を開始したのですが、少しすると雨が降ってきてしまい中断。。

IMG_0521.jpg
屋根のあるハウスへ移動して、トマトの芽かきと誘引の作業をすることに。
芽かきとは、脇芽をとる作業。せっかく伸びているのにかわいそうなのですが・・、実つきをよくするためなのだそうです。
誘引はヒモにトマトの茎が絡むよう、折れないように気をつけながらやさしく紐に巻きつけます。

滞在時間が短かったこともあり、手伝うぞー、と意気込んで来たものの、畑を案内していただいたり、いろいろお話しをうかがったりしている時間の方が長かったかも・・!

ご主人は青年海外協力隊でメキシコに滞在されていたそうで、国際派。
WWOOFに登録していて、海外からの滞在者も受け入れているそうです。

ご夫婦とも消費者との交流をとても大切にされています。
週末農風に興味を持っていただいて、以前から一度来てほしいとオファーをいただいていたのですが、震災後のドタバタで実現までに時間がかかってしまいました。

まだ小さいお子さんがいらっしゃるお二人は、安心安全な野菜づくりを心がけています。
それだけに、震災後は放射能の影響で一時畑を止めていたそうです。。
が、今は数値も問題ないと確認できたので開始されています。

というわけで、8/6に週末農風でうかがうことに。
作業は、収穫後のバターナッツ調整のお手伝い。
バターナッツをひたすら拭くという地味な作業ですが、自然農の畑を見学できますよ♪

7/31のアースデーマーケット(代々木公園)で募集します。

「自然農」、「バターナッツ」、「メキシコ」というキーワードにピンときた方は、ぜひマーケットにお越しくださいませ。
ポコアポコ農園さんも出店予定です☆
IMG_0447.jpg

ポコ・ア・ポコ農園さんのブログ

http://jitomate.blog94.fc2.com/

バターナッツってどんなの??という方は、こちらをチェック!

http://jitomate.blog94.fc2.com/blog-entry-602.html

マーケットでお待ちしています!

Posted by Masako