活動記録!

4/29 アイガモ米deほ穂の会☆田植えからはじめよう♪

今年3年目を迎えましたアイガモ米deほ穂の会。
*前年までは「アイガモ米トラストほ穂の会」という名前を使っていたのですが、
長いし硬いので今年から変えました。

ホームページやアースデイマーケットでの告知に加え、4/19-20のアースデイ東京のトークステージに立たせて頂いたおかげでイベント終了後はお申込みが増え、これまでで一番の22名が集いました!
CIMG3855

当日はど~んよりとした曇り空だったものの、気温は高めでショートパンツに素足で田んぼへ向かいました。
CIMG3822

場所は去年と同じ場所。
今年も田んぼの半分は機械植え済みで、残りの半分をみんなで植えます。

去年、一昨年は一人6か所ずつ植えていく方法をとっていたのですが、
均等に植えるのは難しく、列がグニャグニャになってしまったので、
今年は一人3カ所づつ苗を植えていくことにしました。
まずは30センチおきに3か所ずつ、一人分90センチ幅で紐をはっていきました。

IMG_0203

初めての方も多かったので、まずはみやもと山のお父さんに植え方を指導してもらいました。
苗は3本ずつ。これより多いと穂が大きく育たなくなってしまうそうです。

苗床から手に持てるくらいの苗をちぎって持ち、いざ田んぼへGO!

CIMG3831

IMG_0213

足裏で感じる泥の感触が柔らか〜い
踏み込むと指の間を泥がにゅるっと出てくる感じがくすぐったい(^^)
誰かが泥パックみたいって言ってたけど、まさにそんな感覚でした。
CIMG3838 (2)

カエルの合唱をBGMに田んぼと向き合い、指先の感覚を頼りに苗を植えていきます。
でもね、時には隣の人を見たり、自分の植えた後を振り返らないと、ひどい事になってたりします(^_^;)

CIMG3843 (2)

IMG_0219

途中、パラパラと雨が降って来た時はヒヤリとしましたが、
気温も水温も心地よく、人数も多かったのではかどりました。

今年の田植えはこんな感じ。
1人3列ずつにした効果があったのか、なかったのか…
今年もお父さんに「芸術的」って言われちゃいました(^_^;)

CIMG3847 (3)

気を取り直してお昼ごはん♪
みやもと山のふみちゃんからは、おにぎり、揚げ玄米餅おろし和え、豆乳の味噌汁、平飼い鶏のゆで卵と鶏ソーセージ、新玉ねぎのサラダなどが提供されました。
魚屋さんからは、ほ穂の一升瓶☆
そして、皆さんに持ってきていたおかず一品が縁側に並べられ宴のはじまり〜

CIMG3853

どれもこれもおいしそうで、何から食べたらいいか迷っちゃいます(^^)
ちなみに、私はサツマイモの豆乳ケーキを持って行きました。
季節柄、タケノコやイワシのお料理が多かったかな。
今年も料理上手な方たちが集ってくれて、毎回お昼ごはんも楽しみになりそうです。

お腹が落ち着いたところで、シメの手打ち蕎麦!
農風でお馴染みのSくんが今回も早起きして、特製の蕎麦とおつゆを作ってきてくれました。

お蕎麦を食べつつ、みやもと山恒例の自己紹介を兼ねた近況報告。

CIMG3857

ふみちゃんは、練習している千葉の民話を語る「語り部」を披露してくれました。
語り始めは「タンポポぽぽん♪」で。子供たちの興味をギュっと惹きつけました(^^)

CIMG3858
私からは、春に行った祝島の話をさせてもらいました。
海がとってもきれいだった事、その海の向こう側に原発が建てられようとしている事。

農風では祝島で反原発運動に取り組んでる仲間を支援するために、
祝島特産の海藻やびわ茶を販売する事にしました。
毎月のアースデイマーケットで、販売を致します。
びわ茶は品切れなので、当分はひじきとわかめ、祝島在来種の小豆となります。
祝島の写真もおいて置くので、ご興味のある方はご覧下さい。

次のアイガモ米deほ穂の会は6/15に草取りを行います!
アイガモたちにも会えますよ~
また是非ご参加ください。
よろしくお願いいたします。

2/1 アイガモトラストほ穂の会☆来福酒造見学

今年度のアイガモほ穂の会もついに最終回。
日本酒「ほ穂」の醸造をしている「来福酒造」へ見学に行ってきました!

つくばエキスプレスのつくば駅で、魚屋の関さんご夫妻、みやもと山のお父さん、会員のみなさんと待ち合わせ。
車に分乗し、筑波山を通り過ぎて進むこと40分。
「来福」の黄色い暖簾とレンガの煙突が目に入り、「わぁやっとこられたー」と感慨ひとしおでした。
1781874_594700537276181_763095166_n

建物の中に入ると麹の香りがほんのり。
売り場には色んなラベルの「来福」の日本酒が並んでおり、期待に胸が膨らみます!

社長さんが不在ということで、杜氏さんのガイドで見学開始!
一度外に出て、震災でレンガの煙突の先が折れてしまった事や、屋根の瓦が落ちてしまった事、
動きそうにもない大きな機械までもが横にズレた事、
でも従業員みな無事だったことなどを話してくれました。

私も震災当時つくばで働いていて、揺れが止まった後、何もかもがグチャグチャになってしまった光景を見たときの衝撃を思い出しました。
もうこれは元には戻らないんじゃないかと思ったけど、毎日片づけているうちに整然としてきて、
普通に仕事ができるようになって。
でもアスファルトのひび割れや壁の亀裂を見つけては、地震の衝撃を思い返していました。

来福酒造さんの復旧作業もさぞや大変だったんだろうと思います。
従業員のみなさんの頑張りで、また酒造りができるようになって本当に良かったです。

建物の中に戻り、日本酒造りの工程を見せて頂きました。
来福酒造さんは、10代目の今の社長さんになってから小さいロットで酒仕込みをするようになり、20種類以上の酒造好適米を使っています。
また、ほ穂のように委託されたお米も扱っていて、まずは自家精米機でお米を磨きます。
大吟醸は50%も削ってしまうそうです。もったいないw
262787_594700553942846_426213178_n

お米を手で研ぐと砕けてしまうので、洗米機を使い、水流で糠を洗い落としています。
1分間で10キロのお米が洗えてしまうそうです!

研いだ米はこしきに入れて蒸します。
この時も違う種類の米が混じらないように間にダミー米の袋を挟み、何層にも重ねて蒸していきます。
1620598_594700707276164_687606994_n

続いて酒造りで最も重要な麹づくりをする「製麹室」へ。
ここへ入る前には、手を消毒し靴も履き替えます。
1003397_594700873942814_1783234269_n

蒸米に麹菌を振りかけて糖化させる過程では、温度と水分の管理が重要だそうで、
麹菌を振りかけてから1日たったお米は白く変化し、温度は42度にもなっていて、
食べさせてもらうと優しい甘さでした(^^)
971802_594700730609495_1588126771_n

1009981_594700837276151_821564799_n

できあがった麹に酵母、蒸米、水(敷地内の井戸水)を加えて発酵させ、
酵母を増やしてお酒の元となる「酒母」を作ります。

来福酒造さんでは7種類の花の酵母を、造るお酒の種類によって使い分けており、
発酵にかかる時間は短いもので8日、山廃は1か月もかけて造ります。

タンクをのぞくとプクプクと泡が湧き上がっていてました。
この泡に酵母がいるそうです。
1622727_594700897276145_138229816_n

発酵タンクに仕上がった酒母、仕込み水、麹、蒸米を加え、日本酒の元となる「モロミ」を造っていきます。
発酵が進む過程では、麹が蒸米のでんぷんを分解して糖に変え、できた糖を酵母がアルコールに変えます。
発酵の過程ではタンクからあふれるほど泡がたつそうで、昔は寝ずの番をして泡消しをしたそうです。

仕込みは6度で行い、12度以上にならないように管理します。
低温は酵母にとっては厳しい環境ですが、低温発酵させたものの方がおいしくなるので、
「お酒は酵母の涙」とも言われているそうです。

写真は最終段階のもろみ。
お酒のいい香りがしました(^^)
558314_594700930609475_1874257652_n

モロミを絞ったものがお酒。
絞りかすが酒粕です。
最近は写真の横から圧力をかけて圧搾させる機械を使っているそうですが、
ほ穂は昔ながらの上から圧をかけるタイプの圧搾機を使って造られてます。
1000279_594700943942807_219418591_n

そして待ちに待った試飲タイム♪
レギュラー商品4種類を飲ませて頂きました。
4種類とも全く味が異なり、私は幻中の幻の酒米 愛船206号を100%使った純米吟醸が美味しかった!
71449_594700963942805_598670671_n

酒米20種類と7種類の花酵母を扱っているので、組み合わせは単純計算で140種類!
しかも精米具合や仕込みの方法で更にバリエーションは更に増えます。

毎年、組み合せを試行錯誤し、最高の味を目指してお酒を造っているそうです。
お米の出来も毎年異なるから、ベストな組み合わせができたとしても、
翌年はそれがベストじゃないかもしれない。
杜氏さんの仕事は奥が深いんだろなぁ。

今回は少人数だったため、普段は入れてもらえない製麹室にまで入れて頂き、
杜氏さんにとても丁寧に説明してもらえました。
人柄がお酒の味にも出ている感じ。穏やかで真摯な方でした。

ほ穂の仕込みはこれからだそう。
どんな味になるのか。とぉっても楽しみです。
3月のマーケットには飲めるはず。
こうご期待‼

9/7 ほ穂の会☆稲刈り

今年の稲刈りは、例年よりも2週間ほど早まりました。
イネの実る(登熟)まで時間は、花が咲いてから(出穂)の気温と日照時間によって決まります。
今年は暑くて、晴天続きだったので、こんなにも早まったわけです。
急遽稲刈りの日が決まったので、ご都合がつかなかった方たちには申し訳けなかったです。

この日みやもと山に集まった7人で、稲刈りをしてきました!
私達が植えたイネは立派に育ってましたよ~
0907 017

穂がたわわで「穂が長いのでは?!」と思ってみやもと山のお父さんに聞いてみたら、
お父さんも普通より長いとおっしゃってました。
数えてみたら1つの穂に150粒前後あり、普通は100粒程度だそうなので1.5倍です!
0907 031

お父さんに鎌の使い方を指導していただき稲刈りスタート。
0907 019

田んぼに水が入っていた時は、誘っても絶対に田んぼに入ってくれなかった女の子も、
今回はずんなり入ってくれてママと一緒に稲刈り♪
嬉しかったな~
0907 022

田んぼの大部分は既に機械で刈り取ってあり、手で刈ったのはほんの8列程度だったので、
すぐに刈り終えてしまいました。
0907 039

手で植えた切株(左)機械で植えた切株(右)を比較すると、手で植えた方のが分けつ(苗からの枝分かれ)が多く、つまり穂の数も多くて収量が多かったと思われます!
手植えバンザイ!!

0907 041 0907 040

刈った稲は田んぼですぐに脱穀し、茎の部分は田んぼにまいて来年の肥やしになります。
イネを刈ったあと、私達の植えた跡が明るみに晒されてしましました(^^;)
uneune

もう一つのアイガモのいた田んぼのお手伝いもしてきました。
そこは田んぼの端に電柱があり、その電柱周りは水はけが悪かったため、
実りが遅く稲穂が青い部分が多い上に、穂が水につかってしまってるもありました。
泥がついているのは刈り捨てだし、青い粒は実ってないのでほとんど収量がないそう。
それでも0ではないので、手で刈り取りました。
あと、この田んぼにはヒエやイグサが多く、これらを稲刈り機が入る前に刈り取りました。
ヒエは稲の生育を阻害するので、地道にこれらを排除し、この田んぼから撲滅したいそうです。
0907 005

作業のあとは待ちに待ったお昼ご飯~
ふみちゃんが新米を3升も炊いてくれました!
ご飯のお供にはアイガモちゃんの焼肉に、ご近所の魚屋さんからいただいたタイの蒸し焼き、
アジフライ♪
そして皆さんのポットラックは今回も豪華でした~

0907 009 0907 010

0907 008

食べて呑んで今回も楽しく過ごさせていただきました♪
0907 012

5月の田植えから始まった、今年のアイガモ米トラスト☆ほ穂の会の農作業はこれでお終い

順調に育ってくれて一安心です(^^)

今後は年末頃に収穫祭、年明けに来福酒造さんの見学を予定してます。
まずは新米を味わって、新酒を楽しみに待ちましょう~