活動記録!

5/9 みやもと山☆田縁の会~アイガモ放鳥

みやもと山のこゆるくんから、金曜の朝「アイガモの放鳥が9日、10日、11日に決まりましたよー」と連絡がきました。
毎年放鳥する日は突然決まるので、これまでいつも予定が合わなかったのですが、 珍しく土曜は予定がなくこれは行くしかない!と即決。
急だから無理かな~と思いつつも、会員のみなさんメールしたりFaceBookでお誘いしたりして、なんとか2人一緒に参加してくれる仲間をみつけ伺いました。

みやもと山の庭先には生後5日のアイガモちゃんたちがピヨピヨと優しい鳴き声をあげて、
水浴びしたり餌をついばんだり。 かわいい~~

CIMG4211

アイガモを田んぼに放つ前に、アイガモが田んぼから逃げないように
田んぼの周りをトタンで囲んだり、 カラスや鷹にアイガモが取られないように
田んぼの上に糸を張ったりします。
今年はアイガモ農法の田んぼを8枚?に増やしたそうで、
昨年は確か3枚くらいだったはずだから準備も大変。

ふみちゃんにキラキラ糸の張り方を習い、田んぼを縦横に歩いて格子状に
糸を張って行きました。
ズブズブ足が田んぼにはまり足腰が鍛えられそうでしたw

CIMG4217

トタンと防鳥糸の準備ができたら、いよいよアイガモちゃんの出番です。
田んぼの広さに合わせて1枚に15羽~30羽のアイガモを放ちます。

トラックに揺られて不安そうなアイガモ達。
でも田んぼの方が楽しいよ~

CIMG4227

フワフワ柔らかいアイガモ達を田んぼに放つと、
すぐに田んぼに浮いてる水草をすごい勢いでついばみ始めました!

CIMG4235 CIMG4232

小屋にいた時とは見違えるような活発な動きで、すいすいと田んぼを移動しながら次々と水草を平らげていきました。
ピヨピヨ言いながらいつでも団体行動。
田んぼにこんなかわいいアイガモ達がいたら、田んぼに来るのも楽しくなるだろうなぁ
これもアイガモ農法のメリットかも。

CIMG4238

こんなかわいい姿でいるのも10日くらいだそう。
次の田縁の会6/6の「田んぼでアイガモ草取り」に行く頃には、羽も生え変わって大きくなってしまってる事でしょう。
それまでにカラスや鷹に捕られてないといいのですが。。。

田縁の会の会員も引き続き募集してます!
お米の買取り価格が今年は更に下がってしまう可能性があります。
みんなで楽しく買い支えましょう!

・田縁の会年会費 4500円

〈会員特典〉

①会員価格で農作業に参加できます。
②新米(コシヒカリ)を受け取れます!(10月頃) 玄米 5Kgもしくは、白米または5分つき 4.5Kg
③アースデイマーケットで使える地域通貨500円分

【お申し込み先 shumatsu.nofu@gmail.com】

タイトルを「会員希望」で、メールにてお申し込み下さい。

①お名前 ②電話番号 、メールアドレス ③郵便番号・ご住所

4/29 みやもと山☆田縁の会~田植え

2012年から3年間、週末農風と農家のみやもと山さん、酒屋の魚屋さんで
「アイガモ米deほ穂の会」という、アイガモ農法で作ったお米を日本酒でも楽しもう
という会を運営していたのですが、日本酒の在庫調整のため昨年度に引き続き
今年度も日本酒を仕込まないことになりました。

新酒を仕込めないのはとっても残念ですが、その分今年はみやもと山での
お米作りを中心に活動をしていこうと思い「田縁の会」を設立しました。
田縁(でんえん)には「田んぼに集ったもの同士、ご縁が結ばれますように」
という願いがこもってます。

初仕事の田植えには、ありがたいことに25人もの老若男女が集いました!
薄曇りの暑くも寒くもない気候。
田んぼについたらまず、みやもと山のお父さん=みのるじいさん=ジミーに、
今年の田植えの方法を教えてもらいました。

素人でもまっすぐに植えられるように、毎年田植えの方法を改良してくれるのですが、
これまでうまくできた試しがありません(^^;)
今年は苗箱を目安に植えていくことになりました。 CIMG4175

CIMG4177 (2)

CIMG4179

田んぼの水は気持ちいい温度で、苗もよく成長していて植えやすかったな。
人数が多かったこともあり、順調に田植え終了。

田んぼからあがり、自分たちの植えたところを振り返ると割とまっすぐ植えられてて
「今年は今までで一番のできだ!」と思ったのですが、隣と見比べたらそうでもなく。。。
やっぱり例年通りのようです(^^;)

CIMG4182 (2)

お昼ご飯までに時間があるので、タケノコ堀りに行く事に♪
田んぼの道をはさんで反対側の裏山へ分け入ると薄暗い竹林に。
ジミーにタケノコ堀も伝授してもらいました。
タケノコは先端が倒れている方からシャベルを入れると簡単に掘りおこせるんだそうです。
でも、倒れてる方向を見極めるのも難しく、、、
苦戦の末にゲットした時の喜びはひとしおでした(^^)

CIMG4195

お昼ご飯の前には餅つき!
つきたてのお餅はきなこ、甘辛味噌、ネギとおかかのおろし和えで。

みんなが持ってきた1品は不思議とメニューがかぶる事もなく、
バラエティーに富んだ料理が縁側に並びました♪

IMG_4832 (2)

IMG_4833 (2)

縁側ビュッフェでお皿に好きなものを盛り合わせ、庭先の大テーブルを囲んでいただきま~す(^o^)
はじめましての方とも、肩を並べておいしいものを食べていると自然と会話もはずみ盛り上がりました。
CIMG4208 (2)

今回、ホームレスの支援活動をしている「ほしのいえ」のスタッフさん達も参加してくれました。
ほしのいえでは毎週500個ものおにぎりを握り、炊き出しをしていて、
みやもと山はその支援のためにお米を寄付し続けているそうです。
これまで心にとめていながらもみやもと山へ来る機会がなかったのですが、
週末にスタッフの方がたまたま見たみやもと山のホームページで田植えをやる事を知り、
初訪問することになったそうです。

お米を送っているみやもと山さんもステキだし、
そのお礼をしたいと田植えに来てくれたほしのいえの皆さんの心意気にも感動しました。
持ち寄りの1品に大箱いっぱいの長命寺の桜餅を持参してくださったのにも、
感謝の心があふれているのを感じました。

ほしのいえでは、活動維持のために献金や物資の寄付、ボランティアも募集しているそうです。
ここからまたご縁が結ばれていくといいなと思います。
http://hosinoie.net

食後には自己紹介&近況報告、ギターの演奏が始まり、
まだまだ盛り上がっていたのですが、電車の時間がせまり第一陣は帰宅の途につきました。

私達が帰ったあと、息子のこゆるくんの昔からのバンド仲間の小畑くんのバイオリンと
こゆるくんのギターのセッションがあったそうで聞きたかった!
IMG_4857

参加してくれた方の中には、他にも音楽やダンスなどの一芸を持っている方がいらっしゃったので、次回は披露して頂きたいなと思ってます。
なんだか楽しい会になりそう(^^)

2回目からの参加も大歓迎です!
次回6/6は田んぼに放ったアイガモと草取りします。お楽しみに~

9/6 アイガモdeほ穂の会☆稲刈り

inekari2014_1

 

ここ一週間ほど雨模様のお天気が続いたので、稲刈りも大丈夫かとあやぶまれたのですが、予定どおり9月6日にぶじに実施することができました。

みやもと山のみのるさん(お父さんです)によると、今年は稲の成育が速く稲刈りがはやまりそうだったとか。なので低温になってくれてかえって助かったそうです。おかげでちょうどたわわに実った時期に農風が間に合いました。良かった〜。

  

inekari2014_1

 

ふっさりといいお米ができていました。アイガモちゃんありがとう! みのるさんに鎌の使い方を教わり早速稲刈り開始です。

「そのうち本当に、みなさんこの技術が必要になる日がくるかもしれないので、しっかりと覚えていってください。」

なにやら意味深なお言葉。後で聞きましたが現在の米農家の厳しい現状(後継者不足、高コスト)と、それを悪化させそうな農政の未来(TPPなど)を肌で感じているからこそのお言葉でした。

そんな未来の必須スキル「手刈り」に嬉々として挑むわたしたち。

「鎌で切るときの感触がいい!」「ざくっとする感じが気持ち良い」などなど皆さんそれぞれ楽しまれたようです。

inekari2014_3

 

inekari2014_4inekari2014_7

inekari2014_5inekari2014_6

inekari2014_7  ☆稲刈り女子2014でした☆

 

無農薬の田んぼは生き物がいっぱい。刈り取ってあらわになった田んぼにはバッタやかまきり、カエルがわらわらと跳ねています。子どもたちはすっかり虫取りに夢中でした。

inekari2014_9inekari2014_10

 

刈った稲穂はすぐ脱穀機にかけられます。これもみんなでどんどん機械に運びました。

IMG_0975IMG_0979 inekari2014_13

機械は超高速で穂を吸い込んでいくので、実は稲刈りよりもこちらが緊張します。軍手など手袋をしていて、うっかり一緒に手を吸い込まれるなんて危険もあるそうです。

 

作業後はお待ちかねのランチ! ピカピカの炊きたて新米を用意してくださっていました。今年のお米はちょっと特別。

みやもと山の後継者のこゆるくんが、チェーン除草など新しいやり方を試行錯誤しながら育てたお米、“チカラ米”。手がかかってます!

inekari2014_14

 

ポットラック方式でそれぞれが持ち寄ったおかずと一緒にいただきまーす♪

inekari2014_15 inekari2014_16

 

恒例となったかたりべふみちゃん(お母さん)のお話会。今回は戦争の話もおりまぜつつ、匝瑳市の民話、またみんなでできる手遊び歌なども披露してくれました。これも最近のお楽しみです。

inekari2014_17inekari2014_18

 

みんなで刈ったお米は、後ほど会費に応じて受け取ることができます。わたしは待ちきれず、別途新米を購入して5kgを背中にかついで帰途につきました。新米の香りは最高、夏が終わり秋に向かう少し下り坂な気分もこれで吹き飛びます。

ちなみに購入はこちらからもできます→http://miyamoto.shop-pro.jp/

 

今年の田んぼでの活動はこれにて終了です。みなさんお疲れ様でした。

せっかくなのでアースデイマーケットの場を借りてオフ会を開こうとの話もあります。ぜひぜひ集まりましょう♪

代々木公園が例の蚊の件でにわかに注目を浴びているので心配ではありますが。

まんいち刺された時に発症しないためにも、毎日しっかりと食べて免疫力をアップしておきましょう〜! 免疫力にはお味噌もおすすめですよ。