活動記録!

2021年5月8日 田縁の会 イネ苗の補植

1回目の援農へ行ってきました。

今日は程よい日差しと気温で、水を引いた田んぼの水は暖かくて気持ちよかったです。

先日お知らせした様に、今年はアイガモがいないので、新しい無農薬栽培の方法に取り組む事にしたそうです。
それは稲葉光國さんが唱える自然環境を活かして利用する「いのち育む有機稲作」。

米糠や大豆などをペレットにした、自家製有機肥料を田植え前に撒いた田んぼを観察すると、アメンボやおたまじゃくし、更に目を凝らすと小さな水棲生物が沢山蠢いてました。

今回は、水面に繁茂する藻の一種「アミミドロ」によって、倒れてしまったイネを補植する作業を行いました。

アミミドロは、繁茂する事で雑草抑制効果があると言われているのですが、今回はアミミドロの繁茂の勢いにイネが負けてしまったようです。

お昼ごはんは、みなさんの持ち寄りと、みやもと山さんからは廃鶏から委託製造してもらっているチキンソーセージや、たっぷりと新玉ネギが入った味噌汁などなど。

お腹いっぱい食べて、一休みした後は補植の続きを15時頃まで。

丁度よく田んぼ1枚の補植を終える事ができて、達成感がありました。

次回の予定を尋ねたところ、今後の雑草の勢い次第と言う事でした。
初めてチャレンジ、今後の展開が楽しみです。

2021年6月20日 みやもと山さん訪問

今日は醤油の会の天地返し当番で、みやもと山さんへ行き、イネの苗箱洗いと田んぼの様子も見て周りました。

今年の醤油の会は、麦醤油と米醤油のW仕込み。

仕込んでから3ヶ月ほどたち、まだ豆の形が原型を留めていますが、液体は醤油の色になっていました。

今は週に一回天地返しを行っていて、一度樽から中身を他の容器に移し、また元に戻すことで上下を入れ替えています。

麦醤油は麦が水分を吸っていて液体の量が少なめ。

米醤油の方は、水分がおおくシャバシャバしていて色が黄色っぽい。

苗箱洗いなんて大変そうだなと思ったのですが、なんと自動で洗ってくれるマシーンがありました。
稲作作業の機械化にはいつも驚かされます。

先月補植をした田んぼは、抜けがなくなり順調に育っていました!
頑張った甲斐ありです😊

他の田んぼを見て回ると、アミミドロなどがうまく働いて草が抑制され元気育っている田んぼもあれば、コナギやオモダカに栄養を取られてしまっている田んぼもあり、一枚違う感じでした。

田んぼの水を引いて草を干からびさせたり、逆に増やして根ごと浮き上がらせて倒したりする事もできるそう。
水のコントロール重要です。

これら他の持ち主の田んぼですが、ジャンボタニシが大量発生しているのを見てきました。
10日に一回100個の卵を産むそうで、田んぼには大小無数のタニシがウヨウヨいました。
ショッキングピンクの卵がイネの根元にたくさん産みつけられているのも、なんとも悍ましい感じでした…
他の田んぼへ移らない事を祈るばかりです。

今年の田縁の会について

新型コロナの感染が拡大している中でも、季節は移ろい、田植えの日が着実に近づいてきました。

今やどこにウイルスが潜んでいるか分からず、イベントを行う事で、自分が感染するかもしれないし、感染させてしまうかもしれない。

この様な状況下でイベントを開催すべきかとても悩んだのですが、受入側のみやもと山さんとも相談し、とても残念なのですが今年は田縁の会の農作業イベントを開催しない事に決定しました。

とは言え、みやもと山さんでは例年通りお米を作ります。
田縁の会では『新米の予約販売』と言う形で、みやもと山さんを応援できればと思います。

状況が許せれば、会員の皆さんと稲刈りして新米を食べて祝いたいと思います。

ご理解、ご支援のほどよろしくお願い致します。

+++++++++++++++++++++++++
田縁の会の会費 4500円

白米・分つき 4.5キロ または 玄米 5キロ
送料込み
*現地に受取りに行く方は、みやもと山さんの平飼い卵1パックをプレゼント。

<お申し込み・お問い合わせ>
援農企画・運営 週末農風 イトウトモ
mail: shumatsu.nofu@gmail.com 

件名「2020田縁の会」

本文に以下をご回答頂き、お申し込み下さい。
・お名前
・配送先の郵便番号、住所、電話番号
・お米の種類 白米/分つき/玄米
++++++++++++++++++++++++++