活動記録!

7/17 ワークショップ「おいしい農風の台所〜夏野菜のレシピ〜」

7月の農風の台所

 

7/17(日) 東京朝市アースデイマーケット@代々木公園にて、第4回目のお料理ワークショップを開催しました。

この日のメニューは「夏野菜のピクルス&生春巻き」です。

講師は野菜料理の塚越尚美先生。(やさい料理研究家/ KIJ認定クシマクロビオティックアドバイザー)

 

野菜はもちろん会場で農家さんから仕入れたものです。

ピクルスは作ってお持ち帰り、春巻きは実習後に試食。キュウリと茄子の冷や汁と、桃の試食も一緒に召し上がっていただきました。

春巻き&ピクルス

生春巻きの巻き方は2種類を実習。具はズッキーニをはじめ生野菜いろいろと玄米ビーフン。各自好きな具を選んで巻いていきます。

巻き方実習春巻き実習2

 

 

ピクルスはカラフルな野菜で作りました。

DSC05503

 

 

できあがり〜

完成

春巻きのタレも好評でした。爽やかな酸味とニンニク風味で食欲が刺激されます。

次回の開催情報は、決まり次第アースデイマーケットのホームページと週末農風のfacebookページで告知しますのでお楽しみに〜。

おいしい農風の台所 〜第一回・酒粕〜

 

酒粕ワークショップ

 

 

こんにちは、農風のまさみです。

4月14日、強風の中で第一回「おいしい農風の台所」が開催されました。

マーケットの運営委員には、料理研究家のchosi_tさんがいます。貴重な食材がわんさか集まるマーケットで、もっと美味しい楽しい使い方を伝えたい! というchosiさんと週末農風のおもいが合体〜。毎回ワークショップを開催する運びとなりました。

 

酒粕プレート焼き酒粕

 

 

今回は酒粕ディップと焼き酒粕のマーケット野菜添えを実習、それにchosiさんが焼いてきてくれた酒粕パンケーキが添えられてなかなかボリューミー。

ディップはしっとり柔らかい酒粕の甘みが上手に引き出されています♪ お味は塩麹ベースと甘酒ベースの2種類。

焼き酒粕はお酒にあう珍味系な味。基本は焼いた酒粕を海苔にのせてわさびをトッピングするだけです。帰ってからさっそくわさびを買いに走りましたよ。

レシピの一部は「おいしい農風」にアップしていく予定ですので、よろしかったらご覧ください。

酒粕は、あいがもほ穂の会でお世話になっている酒屋の魚屋さんから提供してもらった「ほ穂」の酒粕です。魚屋さんには甘酒までご提供いただいちゃいました。ありがとうございます!

 

今回、食材もふっとびそうな強風の中、15名も参加してくださいました。

参加者のみなさんほんとにいい方ばかり。一緒にテントが飛ばないよう抑えてくださったりと協力的。

初回でこちらも余裕なかったので、とてもとてもありがたかったです。

それとよく農風に参加してくれているお料理男子、Kちゃんがアシスタントをつとめてくれました!

 

後半、chosiさんが参加者の質問にこたえてお刺身の切り方をニンジンを使って伝授するなど、楽しそうな脱線をしていて、それを見てたら今後はこんな脱線を楽しんでもらえるようなやり方もいいな〜と思いました。

 

今回のわたしの力作はこののれん。

おいしい農風のれん

のれんは以前に作ってたもの。文字だけ用途にあわせて簡単にマスキングテープで付け替えているので、力作というよりちゃっちゃっとやっつけ仕事ですが「農」の字だけが難しい!!

こののれん、違う企画の時には他の字に貼り替えて使いまわすつもりです。でも正直はがしたくないな〜。

 

次回のワークショップはお茶を使った何かを企んでいます。こうご期待!