活動記録!

おいしい農風「非常時クッキング」

6月のおいしい農風はつかの間の梅雨の晴れ間に恵まれました。マーケット会場には七夕の笹も飾られ、ささやかですがお祭り気分☆

会場_6月

さて、非常時に備えた食料品や水の備蓄、みなさんしてらっしゃいますか?

最近は防災意識の高まりから、ある程度準備されている方も多いようです♪

便利な加工品もどんどん種類が増えてますね。

 

よく3日ぶんは確保をと聞きますが、避難の必要はない災害や感染症の拡大などでも、3日以上の長期間、ライフラインがとぼしい状況下で自宅籠城になることが想定できます。

 

非常食生活が続いた時、一番ホッとする食事は、炊きたての温かいごはんだそうです。

家族で食べるホカホカごはんは、ストレスフルな身体も心もやわらげてくれる頼もしい存在!

 

そこで今回は非常時に便利なごはんの炊き方の実習と、身近な食材で対応できる保存食レシピを紹介してもらいました。

 

6月食材  6月食材 2

 

実は普段からこの分野の研究にも余念のないチョシ先生。「無駄なく合理的な」実践方法を考えるのは、ご本人の楽しみでもある様子です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まずは基本の白米の炊き方。

用意するのはお米、水、ジッパーつき保存袋、深いお鍋

今回のお米はみやもと山さんの「蛍米」を使いました。

 

○ 水は最小限で済ますため、お米は洗いません。洗わないお米はどんな味でしょう??

○ お鍋に沸かすお水は必ずしもきれいでなくてもOK。この日はトウモロコシを茹でたお湯の再利用です。

○ 袋に米と水を入れ、しっかり空気を抜いて閉じ、沸騰したお鍋に入れ20-30分茹でる。

○  引き上げたら少し蒸らして出来上がり!

気をつけるのは鍋底に直接袋が触れないように何か敷くぐらい。あら簡単!

 

6月実習1 6月実習2

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さてこれだけだと「これだけ!?」という感じもあるので、今回はカレー風味の炊き込みごはんも一緒に調理しました。

炒り玄米、炒り大豆など乾物いろいろと、調味料、そしてカレー粉をお米に混ぜて、あとは同じように炊くだけです。

6月食材3  IMG_4896

 

乾物さえ用意がしてあれば手間はかからないのですが、これだけでグンとグレードアップした感じ。

何より湯気と一緒にお鍋から漂ってくるカレーのスパイシーな香りに、食欲をそそられました。

 

味だけでなく、乾物類からは豊富なミネラルが摂取できます。

ストレス下ではミネラルが普段以上に消費されてしまうので、ミネラル補給も考えておきたいですね。

乾物類は普段から意識して切らさないようにしておくだけで済むのもいいところ。またいつも食べ慣れている味というのは、それだけでストレスをやわらげるという、嬉しい効果もあります。

炊き込みごはん

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ごはんが炊きあがるまでの間に、「炒り玄米」の作り方デモや「瓶詰め保存食」のコツなども教えてもらいました。

炒り玄米はなじみのない方が多い保存食です。玄米は栄養はあるけど、調理に時間がかかるというイメージですが、炒り玄米は洗ってフライパンで炒るだけ。

炒るだけなのに、香ばしくておやつにもなるし、白米と一緒に炊くこともでき、常温で日持ちもする便利な食材に変身するとあって、参加者さんからも驚きの声があがっていました。

6月実習4  6月実習3

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

試食は炊き込みご飯と先生が作ってきてくれた瓶詰め(茄子、えのきとなめこ)。

 そしてマーケットの旬のお野菜♪ 今日は先生もびっくりするほど甘~いトウモロコシとミニトマト。

 6月試食

やっぱりカレー風味の炊き込みご飯は好評、洗米してなくとも気にならないようでした。

白米は袋のままお持ち帰りいただきました。腐敗防止に梅酢が入っています。

 

今回は少なめですが、毎回試食には先生が朝会場をまわって調達してきた旬のお野菜がついてきます。

事前に写真告知できないのが残念なのですが、そのぶん試食の時のお楽しみにしてもらえると嬉しいです。

ひだまり農園さんのゴールドラッシュ、ごちそうさまでした〜

ゴールドラッシュ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最近不定期開催ですが、またのご参加をお待ちしておりま〜す。 

 

2/21

【おいしい農風】 発酵と種 カカオ豆から手づくりするホンモノのチョコレートづくり

おいしい農風カカオ_1

  

2月のおいしい農風では、NPO法人APLAさんとの一年ぶりのコラボ、「カカオ豆から手づくりするホンモノのチョコレートづくり」を開催しました。

APLAさんは、カカオ、バナナ、コーヒー、砂糖などを、生産者のもとを訪ねて直に取引されています。そして生産地とのつながりをいかして、カカオ豆を使ったワークショップを各地で開催しています。今回も仕入れにご協力いただき、さらに理事の廣瀬さんがカカオのお話を聞かせに来てくださいました。

 

ワークショップは煎ったカカオ豆をすり鉢ですり、できたチョコペーストをチョコフォンデュのようにバナナや苺やパンをつけて食べよう、というもの。大人も子供も一緒に楽しみました。

おいしい農風_カカオ02

おいしい農風_カカオ03

 ————

まずはチョコをつける食材の仕入れの様子からご紹介しましょう。無農薬・有機栽培のバナナとカカオ豆とマスコバド糖はAPLAさん。APLAさんはキッチンカーでのカフェ出店です。

おいしい農風_カカオ04    おいしい農風カカオ_5    おいしい農風カカオ_6

 

ローストして荒く砕いただけのカカオ豆(カカオニブ)と、それをさらに練ってかためたカカオマス、マスコバド糖はオンラインショップからも購入できます。

———— 

イチゴは手づくりジャムのトコトワさんから仕入れました。

無農薬栽培のイチゴは珍しく、この時期だけ分けていただける貴重なものです。

おいしい農風カカオ_7    おいしい農風カカオ_8

 ————

パンは修験deパンさん。かわいい子やぎが目印のお店です。粉の味わいが楽しめる、チョコに負けない力強いパンです。

おいしい農風カカオ_9   daidokoro_5_8

 ————

それでは実習スタート! 

まずは焙煎の仕上げをします。事前にある程度焙煎してきたカカオ豆をフライパンで煎ると、チョコの香りが漂い出しました。

おいしい農風カカオ_11

煎ったカカオ豆の皮をみんなでむきます。皮がうすくて子供にはちょっと難しい。でもがんばる!

おいしい農風カカオ_10つやつやした中味が出てきました。

 おいしい農風カカオ_11   おいしい農風カカオ_13

 

ペースト状になるまで、みんなでかわるがわるすりました。これも根気のいる作業です。

おいしい農風カカオ_14 

テントは2月の屋外。カカオが冷えすぎてすりにくいので、ときどき湯煎でかるく温めながらすります。室内なら温める必要はないそうです。

 

すったカカオは小鍋に移します。すり鉢の目につまったカカオを「ささら」で丁寧に落とす作業では子供たちが大活躍。

鍋に豆乳と砂糖を加え、ペースト状になるまで温めながら混ぜます。

おいしい農風カカオ_15   おいしい農風カカオ_16

 ————

今回はペースト状になったところでできあがりです♪ 小さく切ったバナナ、苺、パンをつけて試食してもらいました。

 

 

おいしい農風カカオ_16

 

市販のチョコレートは、今回のワークショップの何倍もの工程を経て、あの口溶けのよいなめらかなチョコに仕上げられます。場合によっては砂糖や混ぜ物も何倍も入ります。

ペーストチョコは素朴ですが、そのぶんカカオの風味が生きていました! 少しカカオのつぶつぶ感が残るのもいいアクセントです。

 ————

 

おいしい農風カカオ_17

 

試食しながら、廣瀬さんのカカオのお話を聞かせてもらいました。廣瀬さんは生産地のパプアにも足を運ばれています。
チョコレートは身近なお菓子ですが、植物としてのカカオや、市販のチョコレートになるまでの過程には、あまり聞き慣れないことがいっぱいです。勉強になりました。

廣瀬さん、ありがとうございました!

 ————

カカオの実(カカオポッド)は、幹から直接ぴょこっと生えてくるのが特長。カカオ豆はこの実の中に果肉に包まれ3〜40粒入っています。取り出した豆と果肉まずは発酵させます。

カカオポッド

発酵が終わった豆は乾燥を経て出荷され、生産者の手を遠く離れます。

それ以降の豆がどうなるか、最終的にどんな食べ物となるのかは、生産者より私たちのほうが詳しい、という逆転現象がおきていて、そこには実はさまざな問題が含まれています。

フェアトレードのチョコレートを選ぶことは、わたしたちの方から生産者に少〜しあゆみよることなのかもしれません。詳しくはこちらもご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓

 http://altertrade.jp/chocoladepapua

 

3月は「おいしい農風」はお休みですが、NARUTO Coffee & Roastersさんのブースでコーヒー焙煎ワークショップが開催されます! そちらもぜひお楽しみに。 

 

 

1/25 マーケット料理部・ホットワイン

ホットワイン1

こんにちは、「おいしい農風」講師の塚越です。

今回は寒い冬にぴったり、体も心もホカホカになるホットワインをご紹介します。
実はワタクシ甘いお酒が苦手。そのせいかこれまで出会ったホットワインはどれもいまひとつな印象でした。

マーケットに出店されている生産者さんにホットワイン向きのワインやスパイス、フルーツなどを教えてもらったら自分好みのホットワインが作れちゃうかも!? という私のわがままで1月は「マーケット料理部」として会場でホットワインの試作会となりました。

まずは赤ワインを調達に自然派ワイン専門店「ルヴァンナチュール」さんへ。

ルヴァンナチュールホットワイン2

ルヴァンナチュールさんはビオロジック&ビオディナミワインのパイオニア。
オーガニックワインならなんでも良いというわけではなく、各ドメーヌを訪れて畑の状態や醸造、造り手の考えなどを伺い、時間をかけて選んだワインを取り扱っておられます。

そんなワインのプロ、新澤さんにホットワインに適したワイン、コツなどを教えていただきました。

ホットワイン向きのワイン&コツ

  • 渋み少な目、酸味はそこそこあるワインが向いている
  • ボージョレのガメイやグルナッシュ系
  • ボージョレのガメイといえば「ボージョレ・ヌーヴォー」の品種ですね。
  • 加熱するから高いワインでなくてもOK
  • スパイスや果物を10分くらい漬けてから加熱する。
  • 甘みは試飲して、足りなければ適宜入れて調整
  • ぐらぐら煮立たせないのがコツ
  • スパイスはペッパー、シナモン、クローブなどが定番
  • かんきつ類、りんごも合う

ちなみにこの日はルヴァンナチュールさんでもホットワインも作って販売されていました。

お次はスパイスを調達にエヌハーベストさんへ。

エヌ・ハーベストエヌ・ハーベスト2

基本のスパイス、ブラックペッパー・シナモンスティック・クローブを購入。
そしてなんとエヌハーベストさんオリジナルの「有機ワインスパイスミックス」があるではないですか!
自分の好みで作るものと比べるためにもぜひ試してみたいのでこちらも購入。
その他、フルーツ、生姜もいれたいね、ということでこんな材料がそろいました。

マーケット料理部・ホットワイン材料

  • ワイン…Mas Nicot Rouge(マス・ニコ・ルージュ/ルヴァンナチュールさん)
  • スパイス……ブラックペッパーホール、シナモンスティック、クローブホール、ワインスパイスミックス(エヌ・ハーベストさん)
  • かんきつ……紅はっさく(農園ゆうさん)
  • りんご……王林(新農業人ネットワーク山形さん)
  • 生姜……(Minowa Rice Field × Soleilさん)

ホットワイン4

基本のスパイス、ブラックペッパー・シナモンスティック・クローブは
共通して使い、果物としょうがの組み合わせを変えて3種類、
ワインスパイスミックスのみのもの1種類の計4種類を作ってみます。

  • A……王林・紅はっさく・生姜+基本のスパイス
  • B……紅はっさく+基本のスパイス
  • C……王林+基本のスパイス
  • D……ワインスパイスミックスのみ

りんごは皮をむいて芯を取ってスライス。はっさくは小房にわけて筋を取りました。小房の皮が比較的薄かったので薄皮はそのまま。

ホットワイン5
フルーツ、しょうがの準備が出来たらそれぞれカップや小鍋に入れワインを注ぎます。
エヌ・ハーベストさんブレンドのワインスパイスミックスは袋裏のレシピを参考にカップ1杯にこれくらいの量を入れました。
10分くらいそのままおいて馴染ませます。

ホットワイン7ホットワイン6
鍋を火にかけ、沸騰しそうになったら火を弱めことこと10分煮ます。
味をみて甘さが足りなければはちみつや砂糖を適宜加えます。
グラスにうつして完成です。

さてみんなでそれぞれ一口ずつ試飲していきます。

むむっ、Bのはっさくのみのものがかなーり苦い。
渋みも強調されてこのままでは無理。マロニエさんのはちみつを
多めに入れてなんとか飲める味に調整しましたが
それでもまだ苦味が全面に出てきます。
はっさくの薄皮を取らなかったのがよくなかったみたい…
ところがここに生姜のスライスを1枚入れるとあら不思議!
苦味や渋みが消されていきなりさわやかテイストに!
りんごの甘さが出たCも生姜を入れると後味がすっとしてよりバランスが取れた味に。
生姜、おすすめです。

試飲の結果はおもしろいように好みが分かれました。
いろいろな香りと味が楽しめるAが好きという人、
苦味が強いBが好みの人。
ホットワインは自分の好みに合わせて作るものだと確信しました(笑)

さて、最後にエヌ・ハーベストさんブレンドのワインスパイスミックスを使ったホットワインを試飲…
バランスが良くておいしい!
ホットワインに初めて挑戦する方はワインスパイスミックスを使うといいですね。
ルヴァンナチュールさんから「白ワインで作ってもおいしいよ」と伺ったので今度は白で試してみたいと思います。

ホットワイン8

ワインでカルダモンがふっくら

基本レシピ(2杯分)

  • 好みのワイン…2カップ
  • シナモンスティック…1/2本
  • ブラックペッパーホール…2粒
  • クローブホール…1本
  • りんご…1/8個
  • 好みの柑橘…少々
  • ショウガ…スライス1〜2枚
  • はちみつや黒糖など…お好みで

作り方
1)小鍋にワインを入れ、スパイス、フルーツ、ショウガを入れて10分ほど置く。
2)鍋を火にかけ、沸騰しそうになったら弱火にし10分ほどコトコト煮る。
 ☆ぐらぐら煮立たせないのがコツ
3)味見をして甘みが足りなければハチミツや黒糖を加え、好みの味に整えます。
4)カップに注いで出来上がり。スパイスが気になる場合は茶漉しなどで濾しましょう。

以上、マーケット料理部活動報告でした。

 

◎部員、週末農風まさみからもひとこと。

やや甘口が好みですが、いろいろ飲み比べるとホットワイン=甘いという先入観がだんだん薄れ、どれもそれぞれ味わい深く感じました。

ちなみに今回使った小鍋2つのうちフィスラーのソースパンはわたしのお気に入り。鍋から注ぐ際のきれが良いのでミルクパンにもいいのですが、蓋があり厚手なので味噌汁から炊飯、蒸し煮、さらには揚げ物にと幅広く使えます。熱まわりの良さでホットワインもあっというま。

それとエヌ・ハーベストさんのワインスパイスミックスは、サングリアにも使えるそうなので、冬でも夏でも活躍してくれますね。

 

次回、2月15日のマーケットはお料理教室「おいしい農風」を開催予定です。

内容はこちら↓

チョコレートワークショップ APLA×週末農風
「発酵と種 カカオ豆から手づくりするホンモノのチョコレートづくり」
 
どうぞお楽しみに!