活動記録!

2016.5.4~5 北川園さんの新茶刈り手伝い

4月は例年より暖かだったので、北川園さんと有機お茶農家仲間達のグループ「自然のわ研究会」では、5/1の八十八夜の1週間ほど前から新茶の収穫を始めたそうです。

天気予報では風雨も心配されていたのですが、横浜を過ぎる頃には晴れ上がり、三島辺りでは富士山が望めました!

今回は茶畑初めての方と常連さんが半々の10人が参加。
電車組が北川さん宅に到着すると、渋滞を避けて早目に車で来ていたSくんが蕎麦を打ってくれていたり、自転車で最寄りの金谷駅から北川さん宅まで来た方もいたりと、いつもにも増して色んな方達が集った印象です。

IMG_4990

作業着に着替え、お昼のお弁当を持って本日作業する茶畑へ。
私は名古屋旅行帰りのAさんに天むすを買ってきてもらい、御前崎漁港に寄り道したSくんが買ってきたマグロの照り焼きを分けてもらったりと豪勢なランチでした(^^)

晴天を誰よりも喜んでいたのは、プロカメラマン志望のHちゃんかも。
2日間とも絶好の撮影日和だったので、一眼レフをニコニコしながらかまえて、撮りまくってしました。
農風アルバムで写真を公開させて頂く予定なので乞うご期待!
Hちゃんが撮ってくれた写真。太陽の光の煌めきを受けすくっと立った茶葉が美しい。

IMG_4995

イベント告知の際、つい「茶摘み」と言ってしまうのですが、手で摘む事はまずなく、
収穫はバリカンを大きくしたような機械で行ないます。
しかし今回は風が強く、収穫した茶葉を収集する袋が煽られてしまうので、収穫作業はせず、茶木の間にはえている雑草取りを行ないました。
写真の白っぽく見えている部分がワラビが密生しているところ。
IMG_4980

雑草と言っても主にワラビなので、夕飯の食材探しも兼ねての作業になります。
ワラビは根が浅いので、引っ張るとスポスポ簡単に抜け「楽し~ストレス解消になる~」とみんな作業に没頭していました。

IMG_4985

いつも思うのですが、こういう楽しさを分かち合える方たちが集うのが週末農風の良さだなぁと。
会社で雑草取りが楽しかった話をしても中々共感は得られないですもの。。。

例年は夕飯の支度に追われて茶畑の手伝いはほとんどできないのですが、
今回は人数も少な目でしたし、おかずの差し入れもあったお陰でだいぶ用意が楽になり、
久しぶりに茶畑で柔らかなお茶の葉に触れ幸せでした(^^)

草取り作業の後、茶摘み体験もして頂きました。
一芯二葉と言って、新芽とその下の葉っぱ2枚を収穫していきます。
この部分は柔らかいので簡単に手で折れます。

IMG_5005

今は機械で刈り取っていて、100%一芯二葉という訳にはいきませんが、
北川さんの長年の経験で刈り取る高さを見極め収穫しているそうです。
その判断も人それぞれ。それによってお茶の味に差が出てきます。
いつもニコニコ「いいよ~」と受け入れてくれる北川さんが、
「仲間内でもそこは違う」とキリっとした顔で断言していたのも印象的でした。

夕食前に北川さん宅から車で乗り合わせて温泉へ。
GW中とあって湯船は芋洗い状態でしたが、やっぱり温泉は気持ちいい!
旅行気分も堪能できました。

家に帰ってからみんなで夕飯の配膳をして、ようやく食べ始めたのは20時半。

メインは静岡名物の黒いおでん。
黒いけど味は甘めで、青海苔などの入ったかつお節の粉を振りかけて食べます。
たぶんはじめて?ジャガイモもあって、味がすご~~く染み込んでて美味しかったです。

IMG_5013 (2)

宴を中座してSくんは午前中にうった蕎麦を茹で、私はみんなが収穫してきてくれた茶の芽に薄く衣をつけて天ぷらに。
お茶農家仲間の杉本園のお母さんは、宴に参加する息子さんたちを送りに来ただけだからすぐ帰るとおっしゃっていたのですが、蕎麦を食べてからにしたらと引き止め、茹でたてを召し上がっていただきました。
そうしたら「おいしい~」ととても喜んでくれて、とうとうお開きになるまでいらっしゃいました。
工場の機械が壊れて宴に参加できなかった杉本のお父さんには、ちょっと申し訳なかったかな。

IMG_5015

Sくんは「みんなが喜んでくれるのを見るのが嬉しくて」と農風イベントの時にはよく蕎麦を打ってくれます。
そば粉はもちろん、蕎麦つゆに使うみりんやかつお節にもこだわっていてとってもおいしい!
彼はGW中の3つの農風イベント全部に参加してくれて、そして毎回蕎麦を打ってきてくれました。
なんていい人なんだ~大感謝ですm(_ _)m

食後みんなで皿洗いもして就寝。
手際が良い方たちばかりでとても助かりました。

翌朝の朝ごはんに御前崎漁港で買ってきてもらった釜揚げシラスと桜エビが登場!
こんなにふっくらとしたシラスを食べたのは初めて。
外国産のシラスの倍以上値段だったそうだけど、それだけの価値がありました。

IMG_5024

北川家の楽しみの一つは屋根の上に上がれること。

私もみんなを送り出した後登ってみたのですが、瓦が暖かくて風が気持ちよくて、このまま昼寝をしちゃいたい感じでした。

IMG_5032

この日は、後日収穫作業がやりやすいようにするため、茶木の畝の間をふさぐように伸びた枝を刈り取りを手伝いました。
収穫するまでに色々な準備作業があるんだなと。
皆さんの作業のおかげで茶畑は見違えるようにきれいになりました。
お疲れ様でした。

IMG_5052

杉本さん家に併設されている製茶工場を見学させてもらいました。
収穫した茶葉がベルトコンベアで送られ、蒸して乾燥され、もまれて茶葉になります。
工場内は機械も人も忙しそうに動いていて、こんなに忙しい最中に農風イベントをやらせてくれた北川さんに感謝です。

IMG_5061

お土産に出来立ての新茶と北川さんのお母さん手作りの梅漬け、お茶の木を頂きました。
電車の中でも私達の周りはお茶の爽やかな香りがしていい気分。
長い道中も、お茶の香りに癒されながら過ごせました。

アースデイマーケット前日の5/28に、私がオーナーを務めるfrom a & eカフェで、
北川さんが新茶の試飲販売を行います。

お近くの方は是非新茶を飲みにいらしてください。
お待ちしてます(^^)

3/19 田縁の会最終回☆麹の会

田植えから始まったみやもと山さんでの「田縁の会」
最終回は玄米からつくられた麹で、塩麹と甘酒を仕込み。

麹は蒸した玄米に麹菌をつけ、菌を米粒いっぱいに増やしたものです。

IMG_4842

この菌が生産するでんぷんやたんぱく質を分解する酵素によって、発酵食品がつくられます。

みやもと山さんでは以前はお父さんが、今では息子の超くんが麹をつくっていて、
看板商品のひとつ「おしゃべり味噌」などに使われています。

まずは塩麹から。
レシピはとっても簡単。
麹と麹の重さの3分の1の塩を混ぜ、ひたひたになるくらい水を加えるだけ。
ポイントは麹をよ~~くもんで手のひらの常在菌をつける事。

IMG_4860

1か月ほど熟成させた塩麹を試食したら、玄米の皮が気にならないほど柔らかくなっており、
塩気がまるくなり甘みも感じられました。

IMG_4861

私もみやもと山さんの麹で塩麹をつくっているのですが、まるっきり違う味なのでビックリ!
みやもと山さんにいい菌がたくさんいるんだろうな~

次は甘酒仕込み。
まず固めに炊いた蒸米をほぐして冷まします。

IMG_4873

手でさわれるくらいになったら、同量の麹を加えまんべんなくお米と麹をで混ぜ込みます。

IMG_4881

炊飯器に移し、水をひたひた加えたら保温。
これに酵母を加えて常温においておくとどぶろくになります。

午後からは裏山の整備の予定でしたが、あいにくの雨だったのでぐるっと散策。
椿の大木があったり太い杉の木があったり、母屋の裏手にこんな場所があったとは。

IMG_4902

IMG_4918

超くんの夢は、ツリーハウスを建てることだそうです。
作業場の前には種もみが浸漬してあり、これから田植えに向けどんどん忙しくなるそうで、裏山の作業は次年度の農閑期までお預け。
またの機会にお手伝いしたいと思います。

IMG_4897

お昼はみんなの持ち寄りおかずや手打ち蕎麦。

みやもと山のお母さん、ふみちゃんのセイロで炊いた赤飯と、メレンゲオムレツ、
アイガモのマーマレード煮など。

IMG_4931

テーブルを囲んで大家族のように団らんしてお昼ご飯。
みんなで食べるとおさら美味しかったです。

食後の後片付けをした後は、揚げたてのおかきを食べながら、
恒例の近況報告やふみちゃんの語り部「あわふむな」

IMG_4935

写真家の卵のHちゃんの写真見ながら、仕込んでから3時間ほどの甘酒を試食すると、
もう甘くなってました。
更に1時間後、持ち帰り用の袋詰めをしたころにはもっと甘くなっていて酵素パワーすごい!

IMG_4939

あと1か月後には田植えがはじまります。
今年も田縁の会の会員さんを募集しますよ~
アイガモ農法の田んぼを増やすそうなので、皆さんのご協力をお待ちしております!

3/5~6 豊穣庵さんの田んぼの堀さらいと燻製作り

こんにちは。
今回のレポートは、山形のまさこがお届けします♪
週末農風をイトウトモと一緒に立ち上げたのですが、2年後に地域おこし協力隊として山形へ行き、終了後に県内に定住してしまいました・・^^;
詳しい話しは最後にまわすとして、楽しかった豊穣庵さんでの2日間を報告します!

豊穣庵のある那須は、山形からも車で3時間ほど。
ちょうど東京と山形の途中にあるので、山形に来てからも何度か訪問していました。
週末農風イベントは久々でしたが、今回は参加者として夫婦で参加させてもらいました!

電車の方の集合は黒田原駅 9:50。私たちが車で10時過ぎに到着すると、すでにみんな到着してにぎやかな様子^^
お茶とおやつの時間でした。
よしえさん手づくりの花豆の煮豆、これがとっても美味しいのです♪

おなじみのメンバーも多くて、なんだかうれしくなりました*^^*
少し休憩したら、いよいよ田んぼの堀さらい開始!
体験に来る学生さんの田んぼ用長靴を貸していただき、各自スコップを手に取り、田んぼへ。

IMG_4691

女子率が高い週末農風ですが、今回は男女比がちょうど半々の10人。
3年ほど前に許可を受け、繊維用の大麻を栽培されている豊穣庵さんは、昨年から研修生も受け入れていて、そのご夫婦も一緒に参加してくださいました。
力も体力も必要な作業なので、男手が多くて助かります!

IMG_4686

今年度収穫した大麻から作った精麻。今年は京都の出雲大神宮に奉納したそうです。

IMG_4677
研修生のご夫婦は荷台に手作りのタイニーハウスを乗せた軽トラで、三重から2か月に1回通っています。
頼りになる助っ人です。

堀さらいは、冬の間に田んぼの溝に溜まってしまった泥や落ち葉、枯れ草などをかき出して、水の流れをよくする作業。
足元が泥でぬかるんで、足をとられながらの作業。

IMG_4696

水分を含んだ泥は重くて大変ですが、男手が多いので、サクサク進みます。

IMG_4706

かき出した泥のなかに、どじょうやザリガニなどの生き物がいました。
お休みのところ起こしちゃってごめんなさい^^;

IMG_4710

今年は大きなどじょうがたくさんいました。

IMG_4716
田んぼを掘り返すと瑠璃色のクワイが!おかず用に掘り出しているのかと思ったら、クワイは田んぼの雑草オモダカの亜種だそうで駆除が目的でした。

お昼ごはんはビーフシチュー!堀さらいの時だけ、食べることができますw
ふだんはめったに料理をしないというおとうさん(かっちゃん)の得意料理だそうです。
お米はもちろん、よしえさんがかまどで炊いてくれたごはん♡
カレーライスのように、ごはんにかけていただきます。

IMG_4726
かっちゃんの知り合いから仕入れた那須牛を使い3日間かけて作ったビーフシチュー。
たっぷり30人前はありました。

去年参加して、今年もこれを目当てに参加したという人もいるくらい。
胃袋をつかまれる、とはこのことですね(笑)
IMG_4729 (2)

みんなで後片付けをして、しばらく休憩してから、堀さらい再開!
ですが、私は先日捻挫した右手首が完治していなくて、ただでさえ力不足なのに、さらに力が入らず。。
農作業に慣れている夫(りんご農家)に私の分までがんばってもらうとして・・^^;
イトウトモは神経痛のため主に写真撮影、そして食事の支度などの裏方を一緒に手伝うことにしました。

夜、燻製をおつまみにいただくために、各参加者が燻製用の食材を持ち寄りました。
時間のかかる食材は早めに燻製器に入れるとのことで、常連参加者の料理男子が大活躍。

IMG_4672

頂きものの燻製器。レトロでステキ☆

IMG_4761

今回は自作の桜チップでスモークしました。

そのひとつが、くるみ!
群馬県片品村の地域おこし協力隊の方が、くるみを持ってきてくれました♪
殻むきはけっこう大変でしたが、キレイにとれるとおもしろい!
といっても、私はなかなかうまくとれずに、ボロボロでしたが^^;

夕方、堀さらいチームが戻ってきたら、夕食前に温泉の時間です♨
モンゴリアンビレッジテンゲルという宿泊施設のお風呂へ。
桧風呂、岩風呂、露天風呂と3種類のお風呂が楽しめる天然温泉。
いつも混んでいるとのことですが、今回は貸し切りでのんびり入れました♪

帰るとご飯ができていて、盛りつけを手伝ったら宴会のスタート!
残念ながら当主のかっちゃんは地域の集まりで出かけてしまいましたが、みんなで乾杯しました。
研修生のご夫婦が、地元で自ら罠をしかけて獲った(!)という鹿肉の塩漬けも燻製に。
燻製食材は、他にも卵、チーズ、ササミ、かまぼこ、豆腐の味噌漬け、たくあんなど。

IMG_4776
初のチャレンジでしたがどれも美味しかった~またやりたいです。

よしえさんの手づくりの料理も、お酒が進むものばかりですw

IMG_4767
初採りの祝島ひじきの煮物もおいしかった~

途中でかっちゃんも帰って来て、日本酒で乾杯♪
ワンちゃん達が、エサはまだか~と入口から覗いているのも、いつものこと(笑)
みんなで楽しく美味しく飲みながら、にぎやかな夜の宴でした。

二日目の朝。
早起き組が数名、すでに起きていて、お茶タイム。
よしえさんの指導のもと初参加の男子が、かまどでごはん炊き。

IMG_4782
煙がすごい~

IMG_4785
でもおこげもなく美味しく炊けてました(^^)

ゆっくりと時間が流れているこの感覚が好きだなぁ、と幸せな気持ちになります。
みんなが起きだして来る頃、ご飯支度もできて、1名のお寝坊さんも起こされてきて(笑)、
炊きたてのご飯と手づくりの納豆、ふきのとう味噌など、幸せな食卓
お味噌汁は卵と大根おろしという意外な組み合わせだけど、美味しかったのでウチでもつくってみようかな♪

IMG_4787

この日は敷地内の木を3本も切り倒すことに。
かわいそうだけど、家に倒木するのを防ぐための伐採です。
そのうちの1本は樹齢約50年の杉の木で、準備として、私のダンナさんが木に登ってワイヤーをかけることに。
途中まで梯子をかけますが、そこからは枝をつかって登ります。
本人は楽しかったようですが、見ている方はハラハラドキドキでした・・。

FullSizeRender (4)

伐採まで時間があるので、女子チームは畑の片づけ、男性陣は少し残っていた堀さらいへ。

畑の片づけは、食用ほおずきなどが植わっていたところのマルチ(作物の根元の土にかぶせて、雑草の繁殖を防いだり保湿の働きをするビニール)をはがして、枯れたほおずきの撤去など。
土に埋まったマルチは雑草の根っこでおさえられたりしていて、破れやすく、土を掘り起こしながらの作業です。

IMG_4804

そうこうしているうちに、伐採の達人が到着!
かっちゃんの従兄弟で、ふだんは農家だそうですが、依頼があると木を切る仕事もしているそうです。
なんとチェーンソー歴50年!
太い杉の木に、ゆっくりとチェーンソーを入れていきます。

IMG_4816

切った木が間違って家に倒れないように、反対側からワイヤーで引っ張ります。

こんなに太い木が目の前で伐採されるのは、ほとんどの人がはじめての経験。
メキメキっと音をたてて倒れる様子は、圧巻でした。

IMG_4822

伐採は午前中に終了して、お昼ごはんはおこわと鹿肉のスープ!
IMG_4829

私が持っていった鮭も燻製になって登場しました^^
それにしても、よしえさんのお漬物が美味しい。
ここに来るといつも、確実に体重増えます(笑)

午後は伐採した木の片づけ。
太い枝を切り、松の幹は切って薪の材料にします。
立派な杉の木は、製材して活用されるとのことでした。

IMG_4836

15時のおやつタイムは、甘く煮た小豆に牛乳を入れた小豆ミルク♪
幸せな味がします *^^*

なんとも食べてばかりの2日間でした(笑)

豊穣庵の渡辺ご夫妻は、とても面倒見のよく、素敵なお二人。
広い敷地には田んぼや畑もあり、かまどや湧水・・、なんともいえないホッとする景色があります。
そのため、東京の大学生さん達のサークルが継続して通っているほどです。
週末農風では、定期的に豊穣庵さんに行きますので、ぜひ参加してみてくださいね!
(参加には、直接スタッフと会ってメンバー登録が必要です。詳しくはお問合せくださいね。)

久々の週末農風は、ゆるい空気感にホッとしました^^
私が4年前に東京から離れるときに、一番未練があったのは、週末農風の活動ができなくなること。
その後もイトウトモとデザイナーのまさみさんががんばってくれて、継続してきました。

私は3年間の舟形町での地域おこし協力隊活動を終えて、昨年朝日町のりんご農家と結婚しました。
ダンナさんも埼玉からの移住者で、新規就農です。
まさか生産者側になるとは思っていなかったのでびっくりですが、私を知る人は、むしろなるべくしてなったと思っているらしい(笑)

今度は受け入れ側として、週末農風山形編も開催したいと思っています。
その際は、ぜひ遊びに来てくださいね!

今月3/27(日)のアースデイマーケットでは、「果樹園木楽」として出店する予定です。
今年度のりんごは終わてしまったので、ジュースとどらいあっぷる(乾燥りんご)を販売します。
もちろん週末農風ブースも出店しますので、ぜひお越しください✨

果樹園木楽のFacebookページ→
https://www.facebook.com/kiraku.apple

アースデイマーケット情報はコチラをチェック!→
http://www.earthdaymarket.com/