活動記録!

10/29 POCO A POCO農園のサツマイモ堀り

今年もPOCO A POCO農園へサツマイモ堀りにやってきました。
前日の冷たい雨から一転、秋晴れに恵まれて暑いくらいの陽気。
畑がぬかるんでいるんじゃないかと心配していたのですが、それも取り越し苦労でした。

畑に到着後、まずは農園主の和知さんに畑を案内して頂きました。
img_6203

知り合いの農家さんの中でも珍しい自然農法で、しかも珍しい品種の野菜を育てているので、畑見学を楽しみに参加される方も多いです。

まず案内されたのは、土が全く見えないくらいびっしりと草が生えている畑。
草が土を被覆していると保水効果があり、水やりをしなくても枯れる心配がないそうです。
自然のまんま。その方がうまくいくのかもしれません。

この畑には大根の種を蒔いたそうですが、夏の終わりに連続して台風がきたおかげで種が流れてしまい、
大根の葉っぱがどこにあるのか、、、もっと伸びてきたら分かるかな(^^;)
img_6199

こぼれ種から芽生えたカブ達は、草むらの間から元気に大きな葉を伸ばしていました。
スエーデンカブとも言われる大好きなルタバガは、味も変わっていますが葉の形も他の物とは異なっていました。
今まで地下部しか見たことがなかったので、ここで出会えてよかった(^^)
img_6200

人参は発芽時に水分が必要だそうで、雨予報の前日を狙って種まきをするそう。
和知さんは密にばら蒔きして、間引きというよりは大きくなったものから収穫して出荷していくそうです。
img_6206

アブラナ科は品種間で交雑しやすいので、新しい種ができてしまう事がよくあります。
ケールと芽キャベツが交雑したと思われるこの葉っぱも色も形もキレイでした。
img_6211

ビニールハウスに近づくとハチミツの様ないい香り!
セルバチコの花があふれていました。
ハチがたくさん飛び交っていて巣箱を置いておいたら美味しいハチミツが取れそう!
img_6216

隣のビニールハウスでは、イチジクが天井を突き破らんばかりに伸び伸びと育っており、その隣のハウスではアスパラガスが藪のようになっていました。
ビニールハウスの中でも植物たちは自然のまんま、自由!

畑見学のあとはみんなでお昼ご飯の味噌汁と焼き芋作りに取り掛かりました。
朝から和知さんのお子さん達が火をおこししてくれていたのですが、前日の雨のせいか豆炭に中々火がつかず焼き芋作りが大苦戦w

img_6198

和知さんが用意してくれた里芋をたっぷりと、人参&ネギを入れて味噌汁の具を煮込み始めたのですが、風が強くなってきてカセットコンロの火も煽られて中々煮えず、こちらも大苦戦w

お昼ご飯には焼き芋も味噌汁も間に合わない~~と焦っているうちに、
畑にワイルドトマトを採りに行った方たちが、レジ袋いっぱいに収穫してきてくれました。
直径1.5cm位で小さいけど、とっても甘くておいしい~

img_6232

もうお腹も減ってきてしまったので、とりあえず持ち寄りの品を並べてお昼ご飯にする事に。
今回はおむすびとデザートが色々、手作りこんにゃくや辛し味噌、カボチャの煮物もおいしかった~

img_6241

半分ほど食べた頃やっと味噌汁が煮立ってきて、さて味噌を入れようかと思ったら味噌がなく、 和知さんにご自宅まで取りに行って来てもらう事にw なんてこった~ 

あらかた食べ終わった頃に、やっと味噌汁が完成!

img_6238
待ってたおかげでよ~~く煮込まれた里芋がとろっとろで、最高においしい味噌汁ができあがりました。
皆さんにも大好評であっという間に完食でした。結果オーライって事で(^^;)

お昼ご飯の後はようやく本番の芋ほり! POCO A POCO農園では紅はるか、安納芋、パープルスィートの3種類を育てていますが、パープルは大口の注文が入ったそうで既に収穫終了。 私達は紅はるかと安納芋の収穫をしました。

絡み合った蔓を土から引きはがすように引っ張ると、絵本に出てくるようにするっと気持ちよく抜ける事もあって楽しい~

img_6262

 

もちろんそれだけじゃ抜けないものがほとんどなので、土をかき分けるようにして芋を掘り出しました。

img_6261img_6258

サツマイモは掘りたてよりも寝かせた方がデンプンが糖化して甘くなります。
紅はるかは収穫から1週間以上、安納芋は1か月以上おいた方が甘くなるそうです。
保存は暖かい場所で、冷蔵庫の上がおススメ。

子供たちが引き続き焼き芋作りに励んでいてくれたおかげで、 芋ほりが終わる頃、丁度焼き芋ができあがっていました~
間に合ってよかった(^^)

お土産のお芋をたくさん頂き、子供たちの声に見送られながら畑を後にしました。

img_6269

向かうは2つ先の駅の木内酒造! 今回は時間があったので歩いて向かいました。
途中、野菜の直売所に寄道したりして1時間半ほどかかって到着。
乾いた喉にフクロウ印の生ビール。
日本酒に蕎麦、ローストビーフに厚焼き玉子。
蕎麦汁につけたクリームチーズもおいしかった~

木内酒造に寄るのも、POCO A POCO農園へ伺う楽しみに1つだったりします(^^)

9/17~18 豊穣庵のヒエ取りと収穫、秋の味覚三昧

当初「芋ほり」の予定だったんですが、雑草がはびこったせいか? サツマイモの品種が土地に合わなかったのか?
サツマイモの蔓が全然伸びず、試しに引っこ抜いてみたけど芋も全く成長しておらず、根っこ?みたいな感じでした…

img_6070

300本も植えたのに残念過ぎる結果(; ;)
農業ってやっぱり思い通りにならないですね~

サツマイモがそんな様子だったので、参加者の皆さんには申し訳なかったのですが、
告知内容と全く違う内容になってしまい、田んぼのヒエ取りと畑の草刈りをお手伝いしました。

img_6118

ヒエはイネ科で、イネと同じように穂が出て実をつけます。
豊穣庵では10月上旬に稲刈りを予定していて、ヒエの穂を実らせたままだと稲と一緒に収穫してしまうので、
その前にヒエ取りしたいとの事でした。

穂がつく頃になるとヒエはイネよりも頭一つ分くらい大きく成長しているので、離れた所からもすぐに見つかります。
ヒエが群生しているところまでイネをかき分けて進み、実が落ちないように穂の部分だけ引っこ抜いてレジ袋に回収していきます。

img_6133

ヒエを目指して進んでは抜き、抜いては進み。 次第にみんな無言になり作業に集中しました。
田んぼ一枚(100平方くらい?)のヒエをほぼ抜ききるまでに6人で2時間ほどかかりました。

img_6119

普通に農薬を使って稲を育てている田んぼでも、農薬をまくタイミングが悪いとヒエが生えてきてしまい、
高齢の農家さんが多い那須ではヒエを取る労力がかけられず、ヒエが生えたまま収穫する事になってしまうそうです。
「雑穀米になっていいんじゃないの」なんて思いましたが、そう言うわけにもいかないようです(^^;)

先月草取りをした豆畑はこんな様子。 img_6078

またスッカリ草に覆われていましたが、莢がたくさんついてました。
大豆用に植えたものはまだ種が実っていませんでしたが、枝豆用に植えたものは食べごろ。
豊穣庵に通い始めて7年目にして初めて枝豆を食べられました♪おいしかった~~(^^)

トマトやトウモロコシ、スイカ、冬瓜、カボチャなど畑に残っている夏野菜を収穫。 巨大化した冬瓜は恐竜の卵みたい?!
シュールな光景でした。。。

 img_6089

オクラも30cmくらいに成長!もう固くて食べられませんw

img_6101

新米はお預けでしたが、夕飯には色んな野菜を使ったお料理が並びました。
メインはナスのはさみ揚げ。
今年は栗が「白髪大夫」というガの幼虫に葉っぱを食べられてしまい全滅w
代わりにカボチャご飯を頂きました。

img_6142

夜の宴会はいつものように盛り上がりましたが、私は力尽きて真っ先に就寝。 片づけを手伝わずすいませんm(_”_)m

img_6151

 

 

明け方、雨音で目が覚めてしまいました。
残念ながらこの日はずっと雨が降りやまず、農作業はあきらめて料理と食べる事を楽しむことにしました。
枝豆を茹でてずんだ豆腐を作ったり、柚子胡椒用に唐辛子を山ほど刻んで塩漬けにしたり。

img_6171

早朝から参加してくれたS君が、市場でサンマを箱買いして差し入れしてくれたおかげで、
軒下で炭火焼きにしたり、3枚おろしにしたりして、思わぬ秋の味覚をいただくことができました。
旬のサンマはすごい脂がのっていて、滴る油でサンマが炎に包まれました!

img_6190


サンマのお造りも食べ放題! 全く働いていないのに、いつもにも増して贅沢三昧なお昼を頂いてしまいました。 S君に感謝♥

img_6194

 

次回11/26~27の色んなお豆の収穫では、今回の楽した分頑張ります!

9/10 田縁の会☆稲刈り

8月末に2週連続で来た台風のために稲刈り作業が遅れていて、当初予定していた田縁の会の稲刈りの予定を、

1週間ずらして開催することになりました。開催日が変更になった事で参加できなくなってしまった方もいたのですが、 自然が相手の事なので予定通りにいかないのも致し方ないと仰って下さり、何ともありがたい言葉にすくわれました。

そういう思いの方たちと今年も一緒に作業を行ってこられたのかと思うと、やってきてよかったなと。
また来年も頑張ろうと気合が入りました。ありがとうございます。

アイガモの田んぼへ歩いて向かうと、他の田んぼはほとんど稲刈りが終わっていました。
積んであるのはもみ殻の袋です。

img_6001

アイガモの田んぼは私達が田植えをした所とその隣がまだ稲が残っていて、台風に翻弄されかなり倒れていました。

img_6006

みやもと山のお父さんに稲の刈り方・刈った後のまとめ方を指導して頂いた後、いざ稲刈り!!

img_6019

左利きだと鎌の扱いも難しそうだけど、活躍してくれていました(^^)

img_6017

手刈り用に残しておいてもらったのは田んぼの1/4ほどの面積だったので、20人ほどで1時間くらいで稲刈り終了。
今年の稲穂もずっしりと重かったです。

img_6027

隣の田んぼでは息子の超くんがコンバインで稲刈りを進めていて、稲に交じって生えているヒエなどを刈り取ったり、
倒れている稲を棒を使って起こす作業をお手伝いしました。

img_6036

稲が寝てしまっていると機械ではうまく刈り取れないので稲を起こす必要があるのですが、
それだけではなく、できればコンバインの進行方向に倒れるようにと言われたのですが、これがとっても難しい!
一つを直そうと思っても、その隣、またその隣の稲が寄りかかっていて全然いう事をきいてくれませんw
猛獣使いのような心持で棒を操り稲と戦ってみましたが敗北。
向きをそろえるのは断念して、起こす作業に専念しました(^^;)
こんな風にできたら良かったんだけど。。。

img_6038

コンバインでの刈り取りを終えた後、手刈りした稲の脱穀を行いました。
機械の中でグルグル回転する突起が稲穂に当たることによって脱穀される仕組みです。

img_6047

先ほど刈り取った稲を各自一束ずつ持ちコンバインへ。
籾はタンクの中に集められ、葉や茎は裁断されて田んぼへ戻され肥やしになります。

img_6050

今期の田縁の会の農作業もこれにて終了。
丸坊主になった田んぼでは、住み家をなくしたバッタやカエルが一足進むごとにピョンピョン飛び跳ね、これからどうするのかな?
稲がなくなってしまうと田んぼは寂しい感じです。

全員集合したと思っていたのですが、映っていない方もいらっしゃいましたね。ゴメンナサイ

img_6057

 

作業のあとは待ちに待った昼食!新米!!
新米独特の良い香り~言うまでもなくとってもおいしかったです!
また皆さんが持ち寄ってくれたオカズがご飯に合うものばかりで、するするとご飯がお腹に入っていきました。

img_6060

みやもと山の皆さんも、新米を食べるのがこの日が初めてという事で、ちょっとビックリ。
食べてる余裕がないほど忙しかったんでしょうね。
でも、新米のおいしさを分かち合えたのは良かったです。

あと半日雨が降らなければ残りの田んぼの稲刈りも終わると仰っていましたが、
超くんのFacebookでの終了宣言は翌々日でした。
やはり望む通りにはいかないものなんですね…

会員の皆様お待ちかねの新米の発送ですが、10/10を予定しております。
そんなに待てない!と言う方は、9/25のマーケットでも受け取り可能です。
しばらくの間お待ちくださいませ。