活動記録!

[土と海と人]で週末農風が紹介されました

週末農風を始めて11年目の今年は、コロナ禍で例年の様に活動ができずに終わってしまいました。
農家さんにも参加者の皆さんにも、安心してイベントが行えるのが1番だと考えているので、それまで待機するしようと思っています。

こんな時期にタイミングが悪いのですが、関東農政局の事業「土と海と人」プロジェクトで週末農風の活動について取材を受け、その映像が公開されました✨

週末農風を始めたきっかけや、農風イベントの魅力、想いや願いを語りました。

取材に協力して頂いた修験deパンさんでの映像がメインですが、過去の週末農風の農作業シーンやアースデイマーケットの写真もコラージュされてます。
どこかに映っているかも⁉️

今はイベントをお休みしてますが、コロナ禍が払拭されたら、また皆さんと田畑でお会いしたいと思います❤️

[土と海と人『都市で働く人と農家さんをつなぐ』山梨県大月市/イトウトモ]
https://tsuchitoumitohito.com/

[Facebook]
https://www.facebook.com/tsuchitoumitohito/

[Instagram]
https://www.instagram.com/tsuchitoumitohito/

[YouTube]
https://www.youtube.com/channel/UCZPogzEkVrd_rYlIJiXwjvg?view_as=subscriber

今年の田縁の会について

新型コロナの感染が拡大している中でも、季節は移ろい、田植えの日が着実に近づいてきました。

今やどこにウイルスが潜んでいるか分からず、イベントを行う事で、自分が感染するかもしれないし、感染させてしまうかもしれない。

この様な状況下でイベントを開催すべきかとても悩んだのですが、受入側のみやもと山さんとも相談し、とても残念なのですが今年は田縁の会の農作業イベントを開催しない事に決定しました。

とは言え、みやもと山さんでは例年通りお米を作ります。
田縁の会では『新米の予約販売』と言う形で、みやもと山さんを応援できればと思います。

状況が許せれば、会員の皆さんと稲刈りして新米を食べて祝いたいと思います。

ご理解、ご支援のほどよろしくお願い致します。

+++++++++++++++++++++++++
田縁の会の会費 4500円

白米・分つき 4.5キロ または 玄米 5キロ
送料込み
*現地に受取りに行く方は、みやもと山さんの平飼い卵1パックをプレゼント。

<お申し込み・お問い合わせ>
援農企画・運営 週末農風 イトウトモ
mail: shumatsu.nofu@gmail.com 

件名「2020田縁の会」

本文に以下をご回答頂き、お申し込み下さい。
・お名前
・配送先の郵便番号、住所、電話番号
・お米の種類 白米/分つき/玄米
++++++++++++++++++++++++++

R1 9月1日 田縁の会の稲刈り!

今年は7月の気温が低くく雨続きでしたが、8月に入ってからは晴れて暑くなり、例年通りの時期に稲刈りイベントを開催する事ができました。

今回は生後5カ月のベビーから70歳以上のご高齢の方まで、幅広い年齢層の20人以上の方々にお集まり頂きました。

稲刈りが初めての方も多かったので、鎌の使い方を念入りにレクチャーして頂いてから、各自鎌を持ち田んぼへ向かい四方から刈り進んでいきました。

今回は1/3反ほどを任され、例年の倍くらい?こんなにできるかな…と正直心配だったのですが、何だかワイワイ賑やかになってきたぞと思ったら反対側から刈って来た人と向かい合ってました。
およそ30分くらい。早かった〜

田んぼに水が張ってた時には中に入れなかったお子さんも、今回は積極的に稲刈りに参加。ザクっと気持ちよく刈りとれた時の嬉しそうな顔が印象的でした。

日差しは少なかったものの、蒸し暑かった事もあって意外と大汗をかき、お父さんのアイスの差し入れを食べて一休み。
私たちが休憩している間に、少し広い隣の田んぼではコンバインによる収穫・脱穀が終わっていました。やっぱり機械は早いなぁ

私達が刈り取った稲も、コンバインの脱穀機能を使って行いました。
各自ひと抱えほどの稲束を持ちコンバインの前に整列。脱穀機を通してはまた稲束を抱えて列に並び、くるくると回って脱穀も無事に終了。

さぁ待ちに待ったお昼ご飯
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
お釜にいーっぱい炊かれた白米は、フワフワでずーっと食べていたい感じ。

縁側に並んだ皆さんの持ち寄り料理はバラエティに飛んでいて壮観でした。
みやもと山さんからは、お世話になったアイガモ達のタタキや煮込み料理。持ち寄りに「佃煮」が何品もあり、最近あまり食べなくなったけど、ご飯のお供にピッタリ。ご飯が進みました(^^)

食後の皆さんから一言ずつ感想を頂きました。
お子さんがこの回に参加した事で、食や農に対する意識に変化が見られたり、一緒に参加されてた方達が結婚されたり、学生の時の同級生が偶然再会したりとステキなミラクルが色々ありました!

みやもと山さんからは、後継者不足や政府の政策が、農家の暮らしをどんどん厳しくしていると。

『お米を買って下さい!食べて下さい!』

誰にでもできる支援です。
そして、更にそれを友人知人に広めて下さい。

これからも、田縁の会がみやもと山さんを知って頂く一助になればと思います。