活動記録!

2021年5月8日 田縁の会 イネ苗の補植

1回目の援農へ行ってきました。

今日は程よい日差しと気温で、水を引いた田んぼの水は暖かくて気持ちよかったです。

先日お知らせした様に、今年はアイガモがいないので、新しい無農薬栽培の方法に取り組む事にしたそうです。
それは稲葉光國さんが唱える自然環境を活かして利用する「いのち育む有機稲作」。

米糠や大豆などをペレットにした、自家製有機肥料を田植え前に撒いた田んぼを観察すると、アメンボやおたまじゃくし、更に目を凝らすと小さな水棲生物が沢山蠢いてました。

今回は、水面に繁茂する藻の一種「アミミドロ」によって、倒れてしまったイネを補植する作業を行いました。

アミミドロは、繁茂する事で雑草抑制効果があると言われているのですが、今回はアミミドロの繁茂の勢いにイネが負けてしまったようです。

お昼ごはんは、みなさんの持ち寄りと、みやもと山さんからは廃鶏から委託製造してもらっているチキンソーセージや、たっぷりと新玉ネギが入った味噌汁などなど。

お腹いっぱい食べて、一休みした後は補植の続きを15時頃まで。

丁度よく田んぼ1枚の補植を終える事ができて、達成感がありました。

次回の予定を尋ねたところ、今後の雑草の勢い次第と言う事でした。
初めてチャレンジ、今後の展開が楽しみです。