活動記録!

令和元年5月4日 アイガモ放鳥準備と田植え体験

令和の田縁の会が始まりました!

10連休8日目、早朝の電車はガラガラでビックリ。
千葉方面へ向かう人は意外と少ない様子。
車内にまで届く鳥のさえずりや、田んぼに苗がそよぐ車窓の風景を、のんびりと楽しみながら八日市場へ到着。
今回はお子様連れのご家族の参加が多く20名ほどが集まりました。

こどもの日イブのみやもと山・斎藤さん家の庭先には、手作りの鯉のぼりがはためいてました。翌日は昨年産まれたお子さんの初節句だそうです。

田んぼへ向かう前に、みやもと山さんちの庭先にスタンバイしている、アイガモの雛達にご挨拶。
生後4日目の雛達の愛らしい姿を堪能して、いざ田んぼへ。

アイガモ農法の田んぼでは、アイガモ達を鳥や獣から守るため田んぼの上空と周囲に糸を張り巡らせます。
前日までにだいぶ終わっていて残りはあと3枚の田んぼ。
まず糸を張る為の棒を、田んぼのぐるりに2.2mおきに立てる所からスタート。
言葉で書くと簡単そうだけど、田んぼの縁が曲線だったり、左右の長さも違うので、基点をどこにするのが良いか考えながら立てていきます。

田んぼに入る前に「もやい結び」という糸の結び方を練習。これが難しくて…
とにかくほどけない結び方で棒に糸を結び、対岸まで田んぼの中を歩い横断し、田んぼの上空にマス目状に糸を張り巡らせていきます。

こうする事で、トンビやタカ、カラスなどの空からの攻撃を防ぎます。
更に田んぼぐるりにネットや糸を巡らせ、更に更に電柵に電気を通して横からの侵入にも備えます。

万端整った所で、雛たちを田んぼへ放流。初めは戸惑った様子だった子供達も、1羽目を放つとすぐに慣れてしまったようで、我先にと雛を放ってくれました。

暑い日が多かったせいか、田んぼには既に藻がたくさん発生していたので、雛達がたーくさん食べて綺麗にしてくれる事を願います。

待ちにまった縁側ビュッフェ。

みやもと山さんからは、旬のタケノコを使ったチラシ寿司、味噌汁、タイカレー、春巻とタケノコ尽くし✨
噂の大豆も米で造った醤油も頂きました。
サラッとしていていつもの醤油とは違った味わい。
これは造ってみたい!醤油トラストやりたいなぁと思いました。

 

 

 

 

 

 

食後、恒例の自己紹介に続いて、ふみちやんの手遊びと紙芝居で和みのひと時。

お天気にも恵まれ、無事に終わってホッと一息です。
次回は6/2に田んぼ草取りを行います。
既に苗に負けじと草が出てました!
頑張らないと〜
皆さんのご参加、お待ちしております。