活動記録!

2018年 7/16 鴨追いと蛍の夕べ 

いつもは午前中に農作業をしていますが、日中暑さが厳しいのと、田んぼに飛び交う蛍を見たいという事もあり農作業は午後から。

そして午後集合ならではのお楽しみで、みやもと山さんをはじめとした近隣の有機野菜をたっぷり使ったお料理を提供している『たけおごはん』のランチに行くのがならわしになってます。

今日も一品一品丁寧に作られ、盛り付けられた野菜定食を頂きました。

CIMG4792

お料理を作る人、その食材を作っている人の思いまで伝わってきて、ゆっくり丁寧に味わいました。

あんまりにも満足度が高くて、もうイベントが終わった気分になってしまいましたが、お仕事はこれからです!

とは言え、まだ陽が高い14時頃は殺人的な暑さ。

田んぼの水温が42℃にもなっていると言う事で、涼しくなるまでみやもと山さん家で待機する事になりました。

部屋の中に吊られたハンモックに揺られたり、土間でおしゃべりしたりして過ごしたり。

CIMG4796

15時近くになると涼しい風が吹いてきて、やっと気温も下がり田んぼへ出発!

田んぼに放っていた100羽の内、40羽は回収済みで、残り3カ所にいる60羽を回収しなければなりません。 田んぼの奥から追い立てる①班と、コーナーに追いつめる②班に別れて、田んぼの周りに展開。 2mほどの棒を横に持ち、稲の葉を揺らしながら前に進みます。

CIMG4806

田んぼに足を取られ覚束ない足取りで、イネを踏まないように&防鳥糸に引っかからないように、足元にも目の前にも目を向けつつ、鴨を追うのはかなり難しかったです。

それでも1カ所目は、1回で10羽ほどの鴨を追い集め、ゲージに収容できました。

ゲージに入れられる時、オスはすぐに観念してしまうのか、か細い鳴き声であまり暴れたりしないのに、メスは盛大に泣き喚き、足をバタつかせてもがいて大騒ぎ。
生への執着が強いのか?メスは強い!

CIMG4809CIMG4813

2カ所目はあと少しのところで我々の包囲網をくぐり抜けられてしまい、再度展開して捕獲。

3カ所目は畔を駆け上がって逃げ出す鴨もいて、1回目で6羽に逃げられ、2回目もすんでのところで2羽に逃げられてしまいました。

最後の一羽は2枚も向こうの田んぼまで逃げてしまい、みんな諦めモードになったのですが、シスターの「あそこにいるわよ!」と言う言葉に励まされ、畔を登って来た所を参加者のパパさんが手づかみで捕獲。

みんな拍手喝采でお開きとなりました。

夕飯は流し素麺。

食べるより流すのに夢中になってしまうのはいつもの事。

CIMG4820

みやもと山産素材で作られたゆで卵の天ぷらや、大豆のフムスも美味しかった。

皆さんの持ち寄りは、夏野菜・甘酢・揚げ物が共通項。

暑い時でも美味しく食べられるメニューがそろい、ついつい食べ過ぎてしまいました。

CIMG4815

食事の後片付けをしてる間に、空が茜色に染まり薄暗くなってきました。

CIMG4821

蛍を見るために再び田んぼへ。

みやもと山さんの田んぼの辺りは、平家蛍が見られます。 源氏蛍よりも小型で、発光の点滅回数が多い、発生時期が半月~1ヶ月ほど遅いなどの違いがあります。

車のハザードランプの点滅とメスの点滅リズムが似ているそうで、ハザードランプをつけると、あちらこちらから蛍が集まってきました。

蛍はのんびり屋さんで、素手で割と簡単に捕まえられます 手の中に集めた数匹の蛍が、瞬き合うのもきれいでした。

9E3660CB-856B-4DA2-8ED4-6B05D547B586

 

盛りだくさんなイベントを提供して頂いたみやもと山さんに改めて感謝です。

次回は最終回、稲刈りです。 8月下旬~9月上旬になりそうです。 稲刈り日は今後の気候によって決まるので、開催日の決定は間際になります。

またFacebookやメールなどでお知らせ致します。 お楽しみに!