活動記録!

2017年5月3-4日 北川園の新茶刈り手伝い

2017年の八十八夜は5/2で、暦の上ではちょうど茶葉の収穫時期だったのですが、北川さんの茶畑がある静岡県の金谷では、ほとんどの茶畑で収穫が始まっておらず、茶畑はまだ新芽の淡いグリーンでした。
*淡いグリーンの新芽、1芯2葉を新茶刈りでは収穫します。この部分を刈り取ると冬越えの濃い緑の葉が現れ、茶畑は濃い緑色の姿に変わります。

IMG_6689

今年は春先の朝晩の気温が低かったために、茶葉の生育が遅くなってしまったそうです。
私は暑い日が多かった印象が強いのですが、桜が満開になるのも遅かったですし、植物にとっては寒い春だったんでしょう。

茶葉を間近で観察すると昨年収穫した時の半分くらいの大きさで、これを製茶したらわずかなお茶しかできなそうです。
肥料をたくさん与えて育てている農園では、もう収穫を始めているところもあるそうですが、北川さんは無農薬・無化学肥料で育てており、収穫時期は自然任せです。

慣行農法の茶畑でも、新茶収穫時期の3週間前からは農薬散布を止めて農薬が分解されてるだろう茶葉を収穫します。
そして、収穫終了から1週間後くらいすると、農協から農薬散布OKのお達しが出るそうです。

北川さんは有機認証を取るために、慣行農法の茶畑に隣接している茶畑では高い生け垣を作り、生け垣から更に数m離して茶木を育てていますが、周囲で農薬がまかれる前に収穫を終えたいので、あんまり収穫時期を遅らせるわけにもいきません。難しいところです。

IMG_6669

今回は収穫前の茶畑の草取りをお手伝いしました。
8回目にして初めて(たぶん)訪れる茶畑でした。雑草も成長が遅いのか、それほど多くはなかったです。

IMG_6635

イノシシが茶木の周りを掘り返して大穴を空けてしまったので、そこを埋める作業も行いました。お茶の葉を食べるわけではないので、土の中のミミズでもねらったのでしょうか?かなり広範囲に荒らされていました。

IMG_6641

農作業の途中で私と料理上手な男性2人は抜けて、夕飯の準備に取り掛かりました。
千葉から車で参加してくれた2人には、来る途中の御前崎漁港で魚介類の仕入れもお願いしていてあり、買ってきて頂いたアジとトビウオをさばいてお刺身や焼き魚にしてくれました。

IMG_6649

旬の生シラスなんて珍しいものも調達してきてくれ、調理済みのマグロの煮つけと桜エビのウインナーは朝食に頂く事にしました。

夕方、作業を終えた皆さんと合流して温泉へ。
例年は道路も浴場も大混雑なのですが、今年はどちらも空いていて大助かり。
とは言え時間はかなりおしていて、北川さん宅に戻ったのは19時半近く。
炊飯器が壊れていたなんてトラブルもあり、夕飯を食べ始めたのは20時半になってしまいました。
今年はもっと早く食べ始められるかと思ったのですが申し訳なかったです。
食卓には前述の魚介類の他、北川さんが用意してくれた静岡おでんや地元の野菜のサラダなども並び、静岡尽くしなラインナップになりました。

IMG_6651

翌朝は、魚のあら汁をと思っていたのですが、ウッカリ捨ててしまいお豆腐の味噌汁に(^^;)
北川さんのお母さんが漬けてくれた10年物のす~っぱい梅干しと、北川さんの淹れてくれたお茶が、前日食べすぎ&飲みすぎてしまった胃ぶくろを労わってくれました。

IMG_6656

皆さんを見送ったあと、居残ってくれた方も一緒に片付けや掃除、昼食のお弁当作り。
前日に摘んだお茶の芽やタケノコの天ぷら、卵焼きなどを詰めこみました。

IMG_6674

この日は毎年行くワラビが茶木を覆うように茂っている茶畑の草取りです。
普段食べているのはワラビの新芽の部分で、大きくなると1mにもなってふさふさの葉が茶葉に日陰を作ってしまいます。
茶木から飛び出ているワラビを抜いて、陽があたるようにしてあげます。

IMG_6666

葉が開く前の食べられるサイズのワラビは、収穫してお土産に持ち帰って頂きました。
2日間お疲れ様でした!

IMG_6681

午後は北川さんの仲間の製茶工場を見学させて頂きました。
残念ながらこの日は全部の機械が止まっていましたが、製茶の工程を説明して頂きました。

IMG_6692

北川さんの新茶は、5/27,28のアースデイマーケットで販売されます!
今年の新茶を飲むのが楽しみです(^^)