活動記録!

9/10 田縁の会☆稲刈り

8月末に2週連続で来た台風のために稲刈り作業が遅れていて、当初予定していた田縁の会の稲刈りの予定を、

1週間ずらして開催することになりました。開催日が変更になった事で参加できなくなってしまった方もいたのですが、 自然が相手の事なので予定通りにいかないのも致し方ないと仰って下さり、何ともありがたい言葉にすくわれました。

そういう思いの方たちと今年も一緒に作業を行ってこられたのかと思うと、やってきてよかったなと。
また来年も頑張ろうと気合が入りました。ありがとうございます。

アイガモの田んぼへ歩いて向かうと、他の田んぼはほとんど稲刈りが終わっていました。
積んであるのはもみ殻の袋です。

img_6001

アイガモの田んぼは私達が田植えをした所とその隣がまだ稲が残っていて、台風に翻弄されかなり倒れていました。

img_6006

みやもと山のお父さんに稲の刈り方・刈った後のまとめ方を指導して頂いた後、いざ稲刈り!!

img_6019

左利きだと鎌の扱いも難しそうだけど、活躍してくれていました(^^)

img_6017

手刈り用に残しておいてもらったのは田んぼの1/4ほどの面積だったので、20人ほどで1時間くらいで稲刈り終了。
今年の稲穂もずっしりと重かったです。

img_6027

隣の田んぼでは息子の超くんがコンバインで稲刈りを進めていて、稲に交じって生えているヒエなどを刈り取ったり、
倒れている稲を棒を使って起こす作業をお手伝いしました。

img_6036

稲が寝てしまっていると機械ではうまく刈り取れないので稲を起こす必要があるのですが、
それだけではなく、できればコンバインの進行方向に倒れるようにと言われたのですが、これがとっても難しい!
一つを直そうと思っても、その隣、またその隣の稲が寄りかかっていて全然いう事をきいてくれませんw
猛獣使いのような心持で棒を操り稲と戦ってみましたが敗北。
向きをそろえるのは断念して、起こす作業に専念しました(^^;)
こんな風にできたら良かったんだけど。。。

img_6038

コンバインでの刈り取りを終えた後、手刈りした稲の脱穀を行いました。
機械の中でグルグル回転する突起が稲穂に当たることによって脱穀される仕組みです。

img_6047

先ほど刈り取った稲を各自一束ずつ持ちコンバインへ。
籾はタンクの中に集められ、葉や茎は裁断されて田んぼへ戻され肥やしになります。

img_6050

今期の田縁の会の農作業もこれにて終了。
丸坊主になった田んぼでは、住み家をなくしたバッタやカエルが一足進むごとにピョンピョン飛び跳ね、これからどうするのかな?
稲がなくなってしまうと田んぼは寂しい感じです。

全員集合したと思っていたのですが、映っていない方もいらっしゃいましたね。ゴメンナサイ

img_6057

 

作業のあとは待ちに待った昼食!新米!!
新米独特の良い香り~言うまでもなくとってもおいしかったです!
また皆さんが持ち寄ってくれたオカズがご飯に合うものばかりで、するするとご飯がお腹に入っていきました。

img_6060

みやもと山の皆さんも、新米を食べるのがこの日が初めてという事で、ちょっとビックリ。
食べてる余裕がないほど忙しかったんでしょうね。
でも、新米のおいしさを分かち合えたのは良かったです。

あと半日雨が降らなければ残りの田んぼの稲刈りも終わると仰っていましたが、
超くんのFacebookでの終了宣言は翌々日でした。
やはり望む通りにはいかないものなんですね…

会員の皆様お待ちかねの新米の発送ですが、10/10を予定しております。
そんなに待てない!と言う方は、9/25のマーケットでも受け取り可能です。
しばらくの間お待ちくださいませ。