活動記録!

6/11 みやもと山☆田縁の会~草取り

梅雨入りしてからも晴れが続きこの日も晴天! 集まった皆さんと軽トラに乗り、畦道を通り抜けて私達のアイガモ田へ。

CIMG4540

車の音に驚いたのか、なかなかアイガモ達が姿を見せなかったのですが、しばらくするとクワつクワっ、バシャバシャと賑やかな物音を立てながら集まってきました。
みんな丸々と大きくなってた!草や虫をたくさん食べてくれた証拠ですね(^^)

CIMG4552

私達が手植えした稲も元気に育ってましたよ~

CIMG4546

今回イベントの前に、みやもと山のこゆるくんから「ヒエ(イネ科の雑穀)が伸びてきてしまったので草取りに来てほしい」と緊急要請があり、数人の有志が草取りに行ってくれました。
その時は田んぼの泥をかき混ぜるだけで根の浅いヒエは抜けてしまったので、稲と間違えることはなかったそうですが、今はもうしっかり根付いていて大きさも稲と同じくらい。
違いは「葉の中心が白く、柔らかいのがヒエ」と説明を受けましたが。。。。 自信をもって抜けるヒエを見分けられなかったです(^^;)

CIMG4545

ヒエ以外にも畳の材料のイグサがたくさん生えていたのでイグサを中心に抜き、苗の周りの泥をぬぐうようにすると細かい草がたくさん取れました。
とった草は丸めて泥の中に埋め込み、草の栄養を田んぼへ戻します。

CIMG4561

手袋を見ると、ヒエの種がたくさんついてました。 これが次々と伸びてきてしまうのでは、いくら草取りしてキリがないw

CIMG4566

夏のような暑さだったので、田んぼの水位が低い場所では、足湯に浸かっているような温かさでした。
こんなに温度が高くても大丈夫なのかな?と心配でしたが、稲は元々暖かい場所が起源の植物なので、むしろ元気になるくらいだそう。
今年は暑い夏になるそうだから、ますます成長して稲刈りも早くなるかも。
陽ざしは強かったのですが良い風は吹いていて、作業中も汗ばむ程度。 お昼ご飯を食べる頃には涼しいくらいになってました。
いつものように縁側に持ち寄りのおかずを並べ、みやもと山さんからは玄米モチや小芋のフライ。

CIMG4576

山谷で炊き出しをしている「ほしの家」中村さんが作ってきて下さったユスラウメのゼリーきれいだったなぁ

CIMG4572

お腹がいっぱいになった後はいつもの近況報告。 この春行われた在来種が主役のイベント「たねと食のおいしい祭」で集めた地大豆の一部を分けてもらったので、こゆるくんにその種を蒔いてもらおうと持ってきました。
こゆるくんが地元の仲間たちとやっているソーラーシェアリングの畑で蒔いてくれる事になりそう。 こちらも楽しみ~

CIMG4578

 

電車の時間まで余裕があったので、卵取りしたり、夏みかんを採ったり。
のんびりしてたらやっぱり電車の時間にギリギリになってしまいました(^^;)

次のイベントではアイガモを田んぼから追い出す作業を行います。
例年この作業は7月末に行うのですが、今年はアイガモの成長が早いので7/10にこの作業を行う事になりました。
7月末だと田んぼでホタルが見られるのですが、中旬ではまだ見られないそうで残念。
そのため、いつもと同じスケジュールでイベントを行います。

私はこの作業が一番楽しくて好き☆狩猟民族の魂が蘇る感じです。
参加をご希望の方は、ご予定をあけてお待ちください(^^)