活動記録!

2015.11.7 POCO A POCO農園の芋ほり

POCO A POCO農園の和知さんの誘いを受け、今年も芋ほりへ行ってきました。
畑に到着するといつも元気な和知さんのお子さん達が出迎えてくれました。
暖かい日ではあったけど半袖!ホント元気です。

息子さん達は、もう焼き芋の準備を始めていて、サツマイモを濡れた新聞紙でくるみ、更にアルミホイルでくるんで、レンガで組んだ釜戸の火の中や網の上へ。

火が弱まったら、雑穀などの大きな枯れ枝をくべて火おこし。手近なもので火をおこせるのがいいです。

CIMG4367

今回は参加人数が5人と少なかったので、畑でお昼のお味噌汁やサラダ作りをする事になりました。

味噌汁用に里芋、人参、長ネギなどの野菜、自家製味噌まで和知さんが用意して下さったので、みんなで剥いたり切ったりして鍋の中へ。具沢山の味噌汁になりました。

CIMG4368

 

 

味噌汁が煮えるのを待つ間に、恒例の自然農の畑見学へ。
草むらの中に10キロはありそうなトロンボーンズッキーニがゴロゴロと転がっていたり、

CIMG4371

かわいらしい小さな黄色い花は、高菜の花でした。

CIMG4385

 

今がはしりの人参やカブ達も草に負けじと、育っていました。

お昼のサラダ用に収穫した黄色、白、紫、丸人参。

CIMG4378

紅芯大根、長崎赤カブ、赤カブも収穫。

CIMG4370

人参は古い品種で、一般的な栽培種に比べて細くて長いのが特徴の一つ。
硬い土にひしめき合って育っていたので、抜くのも一苦労でした。
栽培化にあたって抜きやすいように短く太く改良されていったのも分かります。

CIMG4375

畑のあちらこちらに種取り用に残した色んな夏野菜がありました。
玉虫色のトウモロコシは、青緑色のデントコーンと他の畑から飛んできた黄色のスィートコーン花粉が交雑してこの様な彩りになったようです。
デントコーンは、メキシコではトルティーヤの原料として使われていますが、日本で作っている人は珍しいかも。

CIMG4382

珍しい黒い唐辛子を発見!赤いのより辛くない奈良の在来種。

CIMG4402

よーく見るとまだ食べられそうな黄色いトマトがたくさんありました!
黄色トマトはイマイチなものが多いけど、これはしっかりと味が濃くておいしかった~
和知さんがメキシコから持ち帰った種を植え継いでいたもので品種は不明。

CIMG4398 CIMG4399

ビニールハウスの中は、プチトマトがジャングルのようになっていて、
まだまだたくさん実をつけていました。

CIMG4392

食用ホウズキはまだ熟しておらず、辛うじて人数分をゲット。
去年は3週間早く芋ほりに訪れていて、その時もうホウズキは熟していたから、今年は暖かなせいで遅れているんでしょう。
もっと食べたかった~

CIMG4394

ビニールハウスの外には豆粒ほどの大きさのマイクロトマトが!
味がギュッと濃縮されてる感じで、果物のような甘酸っぱさでした。
これもおいしかった~

CIMG4396

畑見学&食べ歩きツアーから帰り、収穫したカブや人参を切ってお昼ご飯の用意。
紫人参や紅芯大根などは、外皮と内側の色が違うので、
切ったときに驚きがあって料理も楽しいです(^^)

CIMG4405 (2) CIMG4404

具だくさんのお味噌汁とみんなの持ち寄りのおかずを並べていただきます!

CIMG4406 (2)

とれたての野菜の瑞々しさ!根菜類をこんなにジューシーに感じた事はありません。
最高の贅沢だなぁとモリモリ野菜を頂いている向かいでは、和知家のお子さんたちが焼き鳥に夢中でした。
大きくなったら野菜のおいしさに目覚めてくれるかしら?

CIMG4408

のんびりしている間に14時になってしまい、慌ててサツマイモ畑へ!

POCO A POCO農園のサツマイモの育て方を和知さんに伺いました。

——————————————————————–

前年のサツマイモを貯蔵しておき、4月に伏せ込みといって芋を植え付けます。
5月下旬~6月中旬に茂った芋つるを芋苗として、先端から5節から7節で切断し苗にします。
切断する時は直ぐに新しく苗がとれるように最低2節残します。
それを、苗として植えつけます。なので、もちろん、芋も自家採芋?です。
サツマイモは植物検疫上、本州の持ち込みが禁止だったので、紫芋が入ってきたのはだいぶ後だったそうです。
紫芋は当時珍しかった芋で、和知さんが学んだ日本農業実践学園がずっと継代して栽培していたものを、和知さんが就農した時に頂いたものだそうで正式な品種名は不明です。

——————————————————————–

畑の芋はもう蔓が取り払われていてあとは掘るだけなのですが、手作業なので結構大変でした。

CIMG4410

掘っていくと地中に大穴があいていて、モグラやネズミが畑の土中を行き来しているよう。
かじられてしまった芋がたくさんあって、しかも一かじりしただけとか!出荷できなくなってしまうので勿体ないw
土の中を通られてしまっては防ぐのは難しそう。
トラクターが通るような畑だといなくなるそうだけど。。。

3/4ほど終わったところでタイムアウト。
紫芋と安納芋がカゴに5杯ほど収穫できました。
もっと人数がいたら終わったのになぁ残念。

お土産用に各自で人参やカブを急いで収穫。
急いでいるときに限って、なかなか抜けない手ごわい人参たちでした(^^;)

POCO A POCO農園の野菜を11/14,15に、アースデイマーケット&週末農風の縁農カフェ「フロマエ」にて販売いたします。

またカフェのお料理にも使っておりますので、この機会に是非訪れて頂けたらと思います。