活動記録!

9/21 修験deパンさんでヤギの乳搾りとカッテージチーズ作り

シルバーウィークの中日、富士山方面へ向かう列車はいつもにも増して激混みでした。
混雑のために予定していた電車に乗れなかった方も。。。
このイベントで一番大変だったのは電車移動だったかもしれません。

修験deパンの北條さん宅までは駅から歩いて30分ほど。
参加者の皆さんに歩いて頂いてる間に、私は北條さんの車で一足先にお宅に到着し、
今日のお料理の食材たちを撮影してました。

直売所で購入されたという珍しいキノコや、あけびやぶどう。

IMG_3480 IMG_3487

奥様の美和子さん手作りのペーストも色々と並んでいて、お昼ご飯への期待が高まりました!

IMG_3490

キッチンでは、いつも修験deパンさんの売り子をしているRちゃんが先乗りして
お料理のお手伝いをしてくれていました。

IMG_3522

今回のメニューはこんな感じ。

  • 山のキノコと山羊チーズ&ワイン
  • 山羊チース入りディップソースいろいろ
  • 山羊チーズのパスタ
  • 山羊乳から酵母をおこした山羊ミルクパン
  • 山羊チーズケーキ

まさに山羊ミルクづくし!

北條さんは通常、雌ヤギと子ヤギは放し飼いにしていて、雄ヤギのみ柵で囲って隔離しています。
ヤギたちは広い庭を自由に動き回り、時には家の中にも入ってきてしまいます。
高いところが好きなヤギたちは、特にベランダがお気に入り

IMG_3491

2階にある玄関のドアを開けた隙にスルッと居間に入ってきてはベランダへと抜けていき、ベランダにヤギがいっぱいに・・・
朝、玄関を開けようとするとヤギにつかえてドアが開かないなんて事もあるそうです。

雌ヤギたちは人間に触られるのに抵抗がないようで、犬以上に大人しく触らせてくれますが、 雄ヤギは近づくだけで威嚇してくるような感じ。

IMG_3500

柵のそばにいると角をガンガン柵にぶつけてきたり、角で突きあったりしてワイルド!
顔や身体つきがゴツイだけでなく、繁殖期の今は匂いもきつくも雌とはまるで違った生き物でした。

今、お乳がでるヤギはモモちゃん、ハナちゃんとメロンちゃん?の3頭。
乳搾りはベランダで、台に固定して行います。

IMG_3513

台に固定される姿は可哀そうにも見えますが、お乳をちゃんと搾り切ってあげないと
乳房炎になる事もあるので、ヤギたちの健康のためにも必要だそうです。
それに乳搾りの間はトウモロコシの入った配合飼料を食べられるとあって、
コーン好きなハナちゃんは自らすすんで乳搾り台へと入っていくくらいです。

ザーネン種のモモちゃんの乳房は、柔らかく搾りやすい形をしているので、
乳搾りが初めての方もすぐにお乳を搾れました。

IMG_3504

日本在来種のシバ山羊のハナちゃんの乳房は硬くて握り辛い形をしているので、
もっぱら男性に乳搾りをお願いしてしましました。

IMG_3517 (2)

搾り切った後の乳房は無残なくらいシオシオになりますが、乳量が多いときは半日でパンパンになるそうです。

IMG_3511

2頭は種が違うのでミルクの味も違い、モモちゃんのは洋風でコクがあり、
ハナちゃんのは和風でサッパリとした味です。 搾りたてはどちらも山羊独特の風味は少なく、牛乳よりも飲みやすいくらいです。

この日は思っていたよりも搾乳できた量が少なかったのと(モモちゃんは500 mlくらい、
ハナちゃんは300 mlくらい)、お料理に沢山のヤギ乳を使ってしまったので、
カッテージチーズ用には2 Lのヤギ乳を使いました。

IMG_3520

ヤギの乳タンパク質は、牛よりも小さいために固まり辛いそうで、
以前牛乳でカッテージチーズを作った時のように60℃に温めてから、
まずはレモン汁を2個分加えたのですが、全く固まる様子が見えず、
更に酸性度の高い米酢を加えていくと、徐々に粒粒が見えてきました。

更に熱を加えたりしてみたのですが、これ以上は固まりそうにもなかったので、
ガーゼとコーヒーフィルターでこしてみると、予想以上に固形物が取れました!

IMG_3554
軽く絞ってまだ水分を多く含んだ状態でしたが、お豆腐2丁分くらいはできたんじゃないでしょうか。
食べてみると少しザラっとした舌触りでチーズとヨーグルトの中間の様な感じ。
レモンも入れたので爽やかな味わいでした。 パンに合いそう!

カンパーニュを焼くのは旦那さんの喜久さんの担当。

IMG_3526

発酵を終えた山羊ミルクパンに切り込みを入れ、溶岩石でできた竈へ。
焼き上がるまでに1時間もかかるそうです。

IMG_3529

焼けるのを待つ間に山羊ミルクたっぷりのランチをいただきます!
100%山羊ミルクのホワイトソースのパスタなんて、ここでしか味わう事ができないんじゃないでしょうか。
濃厚でおいしかった~
沖縄野菜のハンダマとシビランのサラダや、色んなキノコのソテー、
皆さんの持ち寄ってくれた色々なお惣菜や果物でお腹は大満足~

IMG_3532

のはずなんですが、焼きたてのパンは別腹?!
外側はパリッと内側はモチモチしっとり。甘さの中にヤギ特有の香りが混じり後を引くおいしさ!
「カンパーニュは1人 1/2食べてね」と言われ、さすがにそんなには食べられませんでしたが、 山羊チーズの入ったペーストなども美味しく、ぺろっと1/4も食べてしましました。

IMG_3551

お腹が苦しい。。。と思っているところに、山羊チーズのケーキ!
1カットが小さいとはいえ、1人3切れが配分。(衝撃が大きくて写真を撮り忘れてしましました(^^;)
食べてみると味は濃いけれどサッパリとしていて、お腹いっぱいでも1切れは食べられました。
残りはカンパーニュとともにお土産に。

今回は週末農風ともかかわりが深い、国分寺のCafe Slowの店長夫妻も参加して下さいました。

IMG_3550

今年3月にCafe Slowで開催した「たねと食のおいしい祭」では、週末農風も企画から協力していて、修験deパンさんにも出店して頂きました。
またこうして別の機会に別の立場で出会えたのも面白い!

修験deパンさんでのイベントはいつも「食」が中心。
農作業をしないなんて農風らしくない企画ではありますが、おいしいものを食べることが
農への興味の入口になるのではないかと思っています。

また、日常では出会う事のない人たちがこのイベントに集い、
同じテーブルを囲んで食事をしながら団らんする「おいしい時間の共有」から、また新しいつながりが生まれていくようです。

次回の修験deパンさん企画は、昨年大人気だった「ジビエとワイン」! 11月に開催予定です。お楽しみに~

9/5~6 豊穣の縁会

この時期の豊穣庵さんは、人手が必要なほど忙しくはないのですが、
私の「スイカと枝豆とトウモロコシも食べたい!」というワガママで企画が立てられました(^^;)

豊穣庵に到着すると、早速よし江さんがトウモロコシとスイカを切ってくれて、思う存分ほうばりました(-^^-)
夏の終わりのスイカは甘味は薄いけどサッパリしてて美味しかった~

IMG_3255

食後は農風の冬野菜の畑に、1列目は大根の種と白菜の苗を定植。
大根は「耐病総太り」。なんてセンスのない名前(^^;)
白菜で今年もキムチ作るぞ~

IMG_3283

2列目は、かき菜、冬菜、チンゲン菜、高菜の種をまきました。
これらはばら蒔きなので、次に来た時に間引きする必要あり。

IMG_3292

お昼ご飯用に、草に埋もれているサツマイモの新芽を収穫。
炒めて食べたらシャキシャキした食感で、クセもなく美味しかったです。
サツマイモの味はしなかったけど。

IMG_3299

誰もが一度は食べた事があるじゃないかな?東海漬物のキュウリの醤油漬け「キューちゃん」。
豊穣庵でもこの漬物はいつも食卓にあり、私はずーっと買ってきたキューちゃんだと思っていたのですが、
よし江さんの手作りキューちゃんだと知った時はビックリ。
見た目も味も売ってるのと同じなんですもの。
今回はこれの作り方を教えてもらいました。

IMG_3304

1日目。古漬けのしおしおキュウリを7ミリくらいにみじん切りにし、
水につけてもどしたら、重石をして一晩おきます。

2日目。またしおしおになったキュウリを醤油、砂糖、お酢、生姜の調味液に浸します。
十分に味が染み込んだらできあがり☆ 思ったより簡単!
夏にたくさんキュウリが取れた時に塩漬けにしておけば、いつでも簡単にキューちゃんが食べられるわけです。
いい保存方法だなぁ

お昼は冬瓜のカレー☆
1日目のお昼はたいていカレーなんですが、毎回違うカレーで楽しみ(^^)
今回もおいしくて、おいしくて、みんなおかわりしたので、カレーもご飯も少ししか残りませんでした。

IMG_3310

余ったご飯は海苔を巻きまくった爆弾おむすびに。
爆弾というより砲丸投げか?

IMG_3315

午後は気になる丘の上の農風畑へ。
先月よりも更に作物が草に埋もれてました‼
もう何がなんやら分からない状態。。。

草をかき分け、作物の安否確認。
カボチャ類やスイカを発掘して収穫。

IMG_3322

サツマイモもちゃんと育ってたし、

IMG_3325

アーティチョークも葉っぱが大きくなってました。

IMG_3321

オクラの様なかわいいお花は食用ほうずき。

IMG_3327

見た目は普通のほうずきと変わらないけど、黄色く熟した実はコクのある甘酸っぱさで美味です。
まだ青い実ばかりで、食べごろのが少ししかなくて残念でした。

IMG_3323

3m以上に伸びたホウキモロコシは、冬に手作りほうきになるそうです。
穂先が柔らかくて細くて使いやすそう!
来年はマイほうきワークショップができるように作付したいな。

IMG_3357

先月収穫して乾燥させた大麻は、「麻はぎ」「麻ひき」の作業に入ってました。
発酵液につけお布団で寝かせるという作業を2回行って皮を柔らかくした後、
手作業で1本ずつ皮をはぎ、からまないように丁寧に重ねていきます。

IMG_3258

これをローラーにかけて押しつぶし、繊維だけを取り出したのが「精麻」です。

IMG_3338

太いものは発酵がうまくいかず、黒い斑点ができてしまうそう。
黄金に輝く精麻がたくさんできますように。

夕飯には、那須町の議員さんと那須町の地域おこし協力隊2人、
その協力隊を管轄する定住課の職員さんの4人も加わって賑やかに始まりました。
農風参加者にも協力隊のメンバーがいらっしゃったので、お互いに刺激になったかな。

IMG_3384

大好きな玄米コロッケの作り方を聞きました!
通常の1.5倍の水量で、40分間圧力鍋にかけてトロトロにした玄米に、
ニンジンなどを加えて衣をつけてたものだそうです。
カリッとした衣とトロッとクリーミーな玄米の香ばしい組み合わせが絶妙なのです(^^)

IMG_3377

翌朝、炊きたてのかまどご飯と色んなおかず。
卵は庭の小屋で飼てる鶏から、納豆も手作り!
前夜たくさん食べて呑んだはずなのに、また食べてしまいました。

IMG_3390

食後は、青唐辛子味噌作りから。
種が非常に辛いので、手袋してからみじん切り。
お昼には、これを塗った焼きおむすびを頂きましたが米にとっても合います!

IMG_3401

【青唐辛子味噌☆レシピ】
青唐辛子 100g 輪切りでみじん切り
ニンニク 20g すり下ろす
砂糖 50g
味噌 400g

1. 油でニンニクを炒めた後、青唐辛子を加えて中火で水分が飛ぶまでゆっくり炒める。
2. 砂糖を加え煮溶かす。
3. 砂糖が解けたら味噌を加え、とろ火で程よい固さまで炒める。
*炒めてる間、辛い湯気が出てくるので、メガネをかけての調理がおススメです。

おやつに飲んだシソジュースミルクが美味しかったので、急遽シソジュースも作る事に。
葉を集めるのもみんなでやると早い!

IMG_3396

赤しそを煮詰めていくと赤黒い色になってくるのですが、
クエン酸を加えると鮮やかな赤に変色します。
これもお土産に持ち帰り。

IMG_3429

お昼ご飯は、トウモロコシと色んなおむすび。
爆弾おむすびの作り方も伝授してもらいました(^^)
皆を虜にする焼きおにぎりは醤油と味噌で。

IMG_3421

9/1にアースデイマーケットとのコラボカフェ「from a & e(フロマエ)」をオープンして以来、
連日寝不足&過労でヘロヘロになってからの今回のイベントだったので、
存分に栄養補給・エネルギーをチャージする事が出来ありがたかった~!
疲れている時こそ、良いものを食べ、自然の中に身をおく時間が必要。
心も身も蘇って元気になると実感しました。

次回は10/10~11にサツマイモを収穫して、大学芋とか作りたいと思っています!
エネルギーチャージしにきませんか?