活動記録!

5/9 みやもと山☆田縁の会~アイガモ放鳥

みやもと山のこゆるくんから、金曜の朝「アイガモの放鳥が9日、10日、11日に決まりましたよー」と連絡がきました。
毎年放鳥する日は突然決まるので、これまでいつも予定が合わなかったのですが、 珍しく土曜は予定がなくこれは行くしかない!と即決。
急だから無理かな~と思いつつも、会員のみなさんメールしたりFaceBookでお誘いしたりして、なんとか2人一緒に参加してくれる仲間をみつけ伺いました。

みやもと山の庭先には生後5日のアイガモちゃんたちがピヨピヨと優しい鳴き声をあげて、
水浴びしたり餌をついばんだり。 かわいい~~

CIMG4211

アイガモを田んぼに放つ前に、アイガモが田んぼから逃げないように
田んぼの周りをトタンで囲んだり、 カラスや鷹にアイガモが取られないように
田んぼの上に糸を張ったりします。
今年はアイガモ農法の田んぼを8枚?に増やしたそうで、
昨年は確か3枚くらいだったはずだから準備も大変。

ふみちゃんにキラキラ糸の張り方を習い、田んぼを縦横に歩いて格子状に
糸を張って行きました。
ズブズブ足が田んぼにはまり足腰が鍛えられそうでしたw

CIMG4217

トタンと防鳥糸の準備ができたら、いよいよアイガモちゃんの出番です。
田んぼの広さに合わせて1枚に15羽~30羽のアイガモを放ちます。

トラックに揺られて不安そうなアイガモ達。
でも田んぼの方が楽しいよ~

CIMG4227

フワフワ柔らかいアイガモ達を田んぼに放つと、
すぐに田んぼに浮いてる水草をすごい勢いでついばみ始めました!

CIMG4235 CIMG4232

小屋にいた時とは見違えるような活発な動きで、すいすいと田んぼを移動しながら次々と水草を平らげていきました。
ピヨピヨ言いながらいつでも団体行動。
田んぼにこんなかわいいアイガモ達がいたら、田んぼに来るのも楽しくなるだろうなぁ
これもアイガモ農法のメリットかも。

CIMG4238

こんなかわいい姿でいるのも10日くらいだそう。
次の田縁の会6/6の「田んぼでアイガモ草取り」に行く頃には、羽も生え変わって大きくなってしまってる事でしょう。
それまでにカラスや鷹に捕られてないといいのですが。。。

田縁の会の会員も引き続き募集してます!
お米の買取り価格が今年は更に下がってしまう可能性があります。
みんなで楽しく買い支えましょう!

・田縁の会年会費 4500円

〈会員特典〉

①会員価格で農作業に参加できます。
②新米(コシヒカリ)を受け取れます!(10月頃) 玄米 5Kgもしくは、白米または5分つき 4.5Kg
③アースデイマーケットで使える地域通貨500円分

【お申し込み先 shumatsu.nofu@gmail.com】

タイトルを「会員希望」で、メールにてお申し込み下さい。

①お名前 ②電話番号 、メールアドレス ③郵便番号・ご住所