活動記録!

4/11 POCO A POCO農園で種まき&ヨモギ摘み

あいにくの雨でしたが、今回は4組の親子が参加してくれてとっても賑やかなイベントになりました! IMG_1635

昼から雨が上がるという予報を信じて、午前中はビニールハウスでリーフレタスの種まき。
POCO A POCO農園では種取りできる野菜は自家採種していますが、これは園芸店で捨てられそうになっていたのを救済した種。
「せっかくできた種。見捨てずに育ててやろう」というのが農園主の和知さんの考えです。

1人1枚ずつ小さな育苗ポットに苗用の土を詰めていきます。
(畑の土だと草に負けてしまうので、苗用は市販の土を使ってるそうです。)
女の子がとても真剣な面持ちで、丁寧に土を詰めていたのが印象的でした。

IMG_1568

自然農では結球しないリーフレタスの方がうまく育てられるそうで、種子が白く葉が赤いのと種子が赤く葉が緑の2品種を蒔きました。

IMG_1566

キク科のレタスは種はタンポポの種のように薄くて小さく、1粒ずつ蒔くのは至難の業!
お子さんの方がうまくできたのではないかしら。
レタスは発芽に際し光を好むので覆土は薄くして完成!

IMG_1573

ビニールハウスの中には、すでにトマトが芽を出していました。
トマト嫌いな和知さんですが、青年海外協力隊としてメキシコでトマトを栽培していた経験もあり、珍しい品種のトマトを色々と植えてありました。

IMG_1577

ハヤトウリがそのままポットに植えられていたのは衝撃的」でした!
和風な名前がついていますが、熱帯アメリカ原産でメキシコ料理にもよく使われる食材だそうです。

IMG_1582

 

 

持ち寄りの1品を並べてランチタイム。

沖縄料理からスナック菓子まで色々な料理が並びました。
ちなみに私は祝島のひじきを使ったサラダ。
週末農風では上関原発の建設反対運動をしている祝島の仲間を支援するために、アースデイマーケットでひじきを販売しています。
瀬戸内海育ちのひじきはとても柔らかくてサラダにもってこいです。

IMG_1586

和知家の姫はイチゴジャムが気に入った様子でした(^^)

IMG_1595

予想通り雨が上がったので、昼食後はまず畑見学へ。
アブラナ科のターサイ、白菜、小松菜の黄色い菜花が花盛り。
放射状に葉を広げていたターサイが、上へ上へと伸びて、こんな姿になるとはビックリでした。 IMG_1612

アカザ科のほうれん草は雄株と雌株があり写真は雄株。こんな花とは意外な感じ。

IMG_1610

タデ科ダイオウ属のルバーブ。花を咲かせてしまうと株が弱ってしまうそう。

IMG_1615

温室にはアスパラガスがにょきにょき顔を出していて、もぎたては瑞々しくて生のまま食べられます。
その甘くてジューシーなのにみんなビックリ!

IMG_1620

自然に任せたPOCO A POCO農園ならではの、ケールと芽キャベツが交雑したハイブリット種。
葉っぱはケールっぽいけど、葉の根元に芽キャベツっぽいのができてます。

IMG_1622

去年の夏のナスがそのまま立ち枯れていて、どなたかが「ナスの墓場だ」ともらしていましたが何だか寂しい感じ。
この後どうするんですか?と聞いたら、夏向けに耕すか、ウリ科ならこのままでも畝間に植えられるかもと。
和知さんは不耕起栽培を試そうとしているそうで、農園は更なる進化をしていきそうです!

IMG_1606

畑を走り回っていた子供たちも、ヨモギ摘みには協力してくれました!
おかげで則子さんが販売しているヨモギベーグルが1か月分できるそう。
則子さんに喜んで頂けて良かった。

IMG_1627

 

 

帰りは参加者の車に乗せて頂き、2駅先の木内酒造へ。
併設のレストランが開店するまで、カウンターバーで日本酒やビールの飲み比べを楽しみ、お酒の仕込み水で打った絶品の蕎麦を頂きました(^^)

IMG_1642

今回から、参加者の方に地域通貨「アースデイマネー 500r」をプレゼントすることにしました。
アースデイマーケットで500円分の買い物ができるので、またお買い物に&遊びにきていただければとい思います。