活動記録!

3/21~22 豊穣庵さんの田んぼの堀さらい&麹つくり

福島にほど近い豊穣庵は春が遅いのですがこの日はポカポカ!
昨年は農風活動日にお天気に恵まれないことが多かったのですが、今年はよいスタートを切れました(^^)

豊穣庵のよし江さんには、毎回農作業に加えて手作りワークショップをお願いしていて、
今回は麹仕込みを教えて頂きました。

麹は蒸したうるち米、今回はコシヒカリを使って作りました。 蒸した米はパラパラとしていて、炊飯した時のようなモチモチ感も甘味もほとんどありません。

まず、蒸し上がったお米をさらしの上に広げて冷まします。
IMG_1395

蒸米を薄く広げたら、薄い緑がかったベージュ色の麹菌の粉末を高い位置から振りかけ、まんべんなく混ぜます。
IMG_1397

IMG_1400

混ぜ終わったらさらしにくるんで容器に入れ、段ボール箱の底に熱湯を入れたペットボトルの上に置き、更に毛布で段ボール箱をくるんで保温します。

発酵には2日間かかるので、私たちはよし江さんが仕込んだ麹を頂きました。
IMG_1384

発酵してくると麹菌は熱を発するそうで、左側のは温度が高くなり過ぎたために緑がかってしまったそうです。
右側のと食べ比べてみると若干クセがある感じ?
でも問題なく使えるとの事なので、ありがたく頂きました。
ちなみに私達が仕込んだ麹は、よし江さんが味噌仕込みに使うそうです。

堀さらいの時はいつも主人のかっちゃんが那須牛のビーフシチューを作ってくれます。
今回は勢い余って?80人前以上も作ってくれちゃいました~
農風メンバー8人と渡辺夫妻の10人しかいないんですけどね(^^;)

IMG_1417

IMG_1409

思う存分ビーフシチューを頂いた後は、シャベルを担いで田んぼへGO!

IMG_1430

田んぼへ水を引くための堀は秋~冬の間に泥がたまり、乾いてる部分は割と楽なのですが、大部分は水が残っていて、踏み込むと膝のあたりまで埋まってしまう所もありました。
水を含んだ泥はとても重くて、シャベルに張り付いて更に作業をやり辛くさせます。

IMG_1435

IMG_1444

すくった泥をよく見るとにょろにょろと動くドジョウを発見!
ミミズくらいの細さのが多かったですが、中には柳川鍋にしたら美味しそうなくらいの大きさものもいました。
震災が起こる前、ここでとったドジョウをみんなで食べた事を思い出してちょっと切なくなってしまいました。。。

夕方には任務完了!
大げさではなく頭のてっぺんから足の先まで泥だらけになってしまいました~

IMG_1446

温泉につかって汚れと疲れを落とし、待ちにまった夕食(o^^o)
メインはヒジキコロッケとマスの燻製♪
伊勢神宮へ大麻を奉納した際に頂いたお神酒で乾杯して、さぁいただきま~す♪
この日もおいしく楽しく夜が更けていったのでした。

IMG_1459

IMG_1456

翌朝、恒例になってきた朝ヨガ。
全身くまなく動かすとスッキリして朝ごはんがおいしく頂けます。

朝食のおかずには、私が仕込んできたテンペを使ってもらいました。
豊穣庵で取れた紅大豆で仕込んだので、ほんのりピンク色のテンペ。

IMG_1475

*テンペとは・・・大豆をテンペ菌で発酵させたインドネシアの発酵食品。菌糸により大豆同士がくっついてブロック状になるので、調理方法のバリエーションが増え、肉の代用品としてよく使われています。テンペ菌の発酵作用により、ビタミン類は増加、また色々な栄養分が分解されて体内に吸収されやすくなります。

よし江さんはテンペを新メニューに加えたいと考えていて、今回はこのテンペで照り焼きと炒り卵を作ってくれました。
IMG_1480

オイスターソースを加えた甘辛な照り焼きもおいしかったし、炒り卵は見た目はソーセージっぽくていい感じ。
これはいけそう!という事で、次回の農風ではテンペつくりワークショップをやる事になりそうです(^^)

今年は上の畑の半分くらいを週末農風で使わせてもらうことになりました。 春に蒔くのは、光郷城 畑懐さんから買ったフルーツスナップエンドウとマイクロトマト、POCO A POCO農園さんから頂いたアーティチョーク。
IMG_1489

他にも育ててみたい野菜は色々あるのですが、月に一度くらいしか世話をできないとなると、なるべく手のかからない野菜じゃないと!という事でジャガイモも植える事になりました。

まだ畑に蒔くには早いので、育苗ポットにフルーツスナップエンドウの種を蒔き、
IMG_1496
畑に有機肥料「別格」を与えたり、
IMG_1503
マルチを張ったりして準備を整えました。
IMG_1551

苗を植えに行けたらいいんだけど4月は予定がギッシリで私は伺えそうにありませんw 有志で行ってくれるといいんだけどな~

天気もよく風も少なかったので、田んぼ周りの土手焼きの手伝いもしました。 土手焼きをする事で、カメムシなどの害虫の卵を焼き尽くし、土中の微生物を殺菌して春からの農作業に備えます。

藁の先に火をつけ、枯草の上を引きずると一瞬の内に火がつき、めらめらと土手を舐めるように火が燃え広がっていきました。
IMG_1523
大きな炎ではなかったけど、熱いし煙いしで近くにはいられませんでした。
IMG_1517

火の勢いってすごい! 焼き尽くした後は緑の中に黒いラインが刻まれ風景が一変。 新しい農業年の始まりです!
IMG_1550

お持ち帰り用に畑に残ったカブや大根を収穫したり、田んぼの堀でクレソンを取ったり、フキノトウをを摘んだり。
IMG_1557

やっぱり食べきれなかったビーフシチューやお昼ご飯の残りのひじきおこわも頂いて、今回もお土産いっぱい! いつもの事ながら楽しくおいしく過ごさせて頂き、渡辺夫妻に大感謝です。 今年の豊穣庵での活動は、衣料用大麻栽培の手伝いもからめていく予定で、次回は6/20-21に決定! 大麻の間引きをメインに農風畑の農作業も行う予定です。 参加をご希望の方はしっかり予定をあけておいてくださいね~