活動記録!

4/27 おいしい農風「覚えておきたい非常時に役立つ調理法」 

 

daidokoro_april_2

daidokoro_april_1

 3月は強風のために中止となったワークショップをあらためて開催、今回は晴天の暖かな陽射しの中で行うことができました。

今回はいつもと違い非常時を想定したメニューです。ライフラインが止まる、買い物に出られない、そんな事態にも慌てず対応したいですよね。自分のためにも家族のためにも。

塚越先生に教わったのは、食事の基本となるご飯、それに加えておかずの常温での保存方法など。ぜひとも覚えておきたい内容です! ↓↓↓↓

【内容】
●ジッパー付き保存袋でご飯を炊こう(実習)
・基本の白米
・ミネラル補給ばっちり!炒り玄米と乾物入り炊き込みご飯
●備蓄に最適!炒り玄米の作り方(実習)
●簡単ちょこっと瓶詰めの方法( 試食・レシピのみ)
●炒り大豆の作り方( 試食・レシピのみ)

いつもより男性の参加者が多めでした。まずは先生からテキストをもらい実習がスタート。

oishinoufu_april_01oishinoufu_april_02

 

 

少ないお水、食器いらず、衛生的で便利な「ジッパー付き保存袋でご飯を炊こう」に挑戦です。

poli_rice

お米は研がないまま入れてOK。「空気はしっかり抜かないと膨らんでたいへんだよ〜」と先生の手直しを受けながら、沸騰したお鍋に沈めます。白米にひじき、切り干し大根、煎り大豆などの乾物を混ぜた袋も一緒に投入しました。oishinoufu_april_04

 

 

お鍋の中が混雑していたせいか、非常事態発生! 厚手で丈夫な袋でしたが、ちょびっと穴があくものが出てしまいました。鍋底に触れすぎたようです。次からは底に1枚キッチンペーパーを敷くことになりました。ご家庭ではあれば鍋用のすのこを敷くといいそうです。

穴があいた袋はお湯が入ってしまいましたが、お湯をきってぶじに食べられました。

 

炊きあがるまでの時間を使って保存食のレクチャー。

oishinoufu_april_12

oishinoufu_april_08

炒り玄米は一度浸水してから煎ったものと、浸水しないものを食べ比べ、歯ごたえがかなり違います。醤油をふったものはスナック感覚で美味しい。

炒り大豆もフライパンを使ったもの、オーブンを使ったものや温度を変えたものと3種類を試させてもらいました。

それぞれ固さが違うので、自分好みのものを探して作ってみるのもおもしろそう。

 

oishinoufu_april_05瓶詰めは殺菌の手順をきちんと守れば中が真空状態になり、常温でかなり保存がきくそうです。

詰める前に瓶を煮沸消毒、詰めた後は瓶をひっくり返す。

これだけで詰めた後に煮沸しなくても良いとは、確かに意外とお手軽でした。

「ふだんおかずを作る時に、少し多めに作って詰めておけばOK」by 塚越

 

先生が用意してきてくれた瓶詰めの切り干し大根の煮物、茄子とトマトのオイル漬けと、炊けたごはんを盛りつけて試食開始です。袋は熱々なので持つ時は軍手で。

 

oishinoufu_april_13

oishinoufu_april_14

 

「ちゃんと炊けてる!」「といでないのにおいしい」「アルデンテだ」 いろんな声があがりました。

お米はみやもと山さんの無農薬のものを準備しました。とがなくても美味しかったのはそのせいかも。

時間の関係ですぐに食べましたが、むらすともっと美味しいそうです。

これは非常時に食べるとほっとできるでしょうね。

 

先生から農林水産省の食料備蓄ガイドの紹介もありました。ダウンロードできるのでこちらもぜひ参考にしてみてください。

http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/pdf/pdf/gaido-kinkyu.pdf

daidokoro_april_15
 
次回は5月25日です。どうぞお楽しみに〜