活動記録!

6/22-23 豊穣醤油の会☆大豆の種まき

今年の豊穣庵さんでのイベントは、大豆を収穫して醤油を造る「豊穣醤油の会」をメインにしていく予定です。
豊穣庵さんのファンは年々増加していって、毎回すぐに満員御礼になってしまうので、
豊穣醤油の会のイベントは、完全会員制で進めていこうと思っています。
年会費は1000円。
会員さんには、醤油の元となる大豆と小麦に醤油麹をつけたものを配布する予定です。

さて、記念すべき第一回目は「大豆の種まき」。
今回は新旧の豊穣庵ファン13名の方が参加しました。
初参加はお1人様。とうとうリピーター率9割超えです!

0622 265

東京は晴れていたのですが、那須は朝方雨が降り曇りがち。
お昼ご飯までは黒米の選別をして過ごしました。
これも人数がいると早いね~

0622 005

お昼ごはんは山菜おこわとレタスの卵とじ汁。
卵は新たに飼い始めた鶏さんの。
処分される廃鶏を引き取って飼い始めたそうです。
益々おいしいメニューが増えそう(^^)

0622 011 0622 013

土曜日は醤油用の大豆以外の色んなお豆の種まきをしました。
小粒大豆、黒小豆、赤大豆、小豆、祝島のあずき。

0622 031
1人が歩幅で穴を開けていき、もう1人が種を3つずつ植えていきます。
声を掛け合い、協力し合ってやるのが農作業のいいところ。

0622 0490622 098

豊穣庵さんではこのほかにも、花豆、パンダ豆、サヤエンドウなど、色んなお豆を育てています。
大豆は味噌や納豆に、小豆はあんこに、花豆は煮豆に、赤大豆はピンク豆腐を作ろうと思っているそう。
色んな調理法で豆たちは美味しく変身して、私達のお腹を満たしてくれます(^^)

時折顔をのぞかせる太陽がジリジリと暑く、作業終了後は汗ばむくらいでした。

0622 099

夕飯のメインは旬の野菜のひき肉はさみ揚げ。
ズッキーニの花や、まだ指の太さくらいのベビーズッキーニなんて珍しいものも頂きました。
いつもどおり、持ちよりのお酒もズラリと並びましたよ~

0622 151  0622 116

この日お誕生日だったAちゃんへ、サプライズのバースデイケーキ登場!
うれしいよね~~オメデトウ!

0622 132

0622 142

みんなが持ち寄ったお酒達も宴が終わる頃にはほとんど空に。。。
よく食べ、よく呑みました◎

翌朝は、POCO A POCO農園の和知さんが、6:05からラジオに出演されるというので早起き。
野菜スイーツ「ポタジェ」の柿沢さんがパーソナリティーをされている
「The voice of farmers」という番組で、ズッキーニをテーマに自然農法について語られていました。
折りしも翌週のイベントでPOCO A POCO農園へ伺う予定。
ズッキーニみせてもらわなきゃ~

朝食が9時と遅めだったので、ヨガをしたりハンモックでゆったりしたり。

0622 155 0622 153

Sくんがお昼の蕎麦にそなえて出汁をとってる間に、
畑へサヤエンドウを採りにいき、みんなでスジ取り。

0622 152 0622 175 0622 168

朝食には、肉厚でジューシーなサヤエンドウを味噌汁や胡麻和えにしていただきました。
かまど炊きのご飯に、自家製納豆や産みたての生卵、きゃらぶきにおかか。
ご飯が進んで進んで、おかわり続出でした。

豊穣醤油の会を共に進める慶応大学のスローフードサークル(スロフ)の15名が到着した後、
いよいよ大豆の種まきへ!
イングリッシュガーデンのようなかわいらしい渦巻き畑の両脇に、大学生達と一緒に大豆の種をまきました。

0622 102 0622 179

片側の種まきが割りと早く終わったので、残り半分もこの調子で。。。と思ったら、
反対側は倍くらいの広さがあり、しかも一部のスロフメンバーが蕎麦打ちで抜けてしまうし、
空模様はどんどん怪しくなってくるし、お腹は減ってくるしで、
みんな段々と真剣な面持ちになり、テキパキと作業を行っていきました。
修練してくると作業が早くなるだけでなく、土にスタンプされる足跡も規則正しくキレイに並ぶようになりました。

沢山あった大豆は片側1枚と反対側の1/3ほどで全て蒔き終わり、
残ったスペースには赤大豆を蒔きました。
沢山大豆が実りますように(^人^)

種まきをしている間、Sくんが蕎麦打ちワークショップを開いてくれてました。
Sくんの手打ち蕎麦は、何度か他のイベントでご馳走になっていて、その腕前はプロ並み。
出汁や蕎麦つゆ(かえし)にもこだわって作っています。
家から蕎麦打ち道具一式を持ってきてくれ、農風メンバーだけでなく、
スロフメンバーにもその技を伝授してくれました。
Sくんの切った蕎麦は細くて美しかった~

0622 206  0622 232

0622 242

蕎麦アレルギーの子にも楽しんでもらうために、母屋のキッチンではうどん打ちもしてました。
ん~ちょっと太めなんじゃぁ(^^;)

IMG_3418 IMG_3429

お昼ごはんは30人前! おにぎりも沢山にぎりました。

0622 227

畑や林でつんできた、タラの芽、雪ノ下、コンフリーなどの山菜の天ぷら。
こういう自然のものがいただけるのも豊穣庵さんのいい所です☆

Dd123

みんなそろっていただきま~す

大学生の男の子達の食べっぷりの良さは爽快!
いつも食べきれないで沢山余ってしまうのにほぼ完食です(^^)

0622 216 0622 259

スロフとの共同開催で、人数も多いしどうなる事やらと思いましたが、
自然と役割分担ができて、いつもとは違うペースながらも楽しく過ごせました。

今後のイベントはスロフと別日開催になりますが、お互い来た時に草取りなどを行っていく予定。
彼らはすでにキッコーマンの醤油工場へ行き、醤油造りを学んできたそう。
うちらの醤油工場見学も予定立てなきゃ~
あと、彼らは帰る前に部屋の掃除をしていたので、私達も次からは掃除をして帰ろうと思います!

次回は7/13-14 大豆の畝上げと、花豆の支柱たてをする予定です。
お申し込みはお早めに~

6/9 アイガモ米トラストほ穂の会☆草取り

今年は5/29に梅雨入りしてからほとんど雨が降らず、この日も夏のような暑い日でした。
去年は雨に降られどおしだったけど、今年は晴れ女or男がいるのかも?! どなたでしょ~(^o^)

0608 001

私達の植えた苗がどうなっているか?ドキワクしながら歩いて田んぼへ歩いて行きました。
道すがら目に入る田んぼは、整然とイネが並び水面が光り、緑が鮮やかな美しい光景でした。

Lets go

さてさて、私達の田んぼはというと。。。
ギョギョッ(◎o◎) なんか枯れ木見たいのがニョキニョキと水田から出てきてるじゃないですか!

栗
どうなっちゃたの~~と呆然としてたらお父さんが「あれは栗の木だよ」と。
栗の木を水田にさしておくと、藻の防除になると雑誌に載っていたので試してみたそうです。
あ~~良かった~ 焦りました(^^;)

大きくなったアイガモ達の姿も、遠くからですが確認できました。
もうひよこだった頃の面影はなく、みんなで固まってバシャバシャと苗の間を泳いでました。

アイガモ
今年は40羽ものアイガモが、鷹やカラスに食べられてしまったそうです。
ちなみに去年は10羽くらいの被害だったので今年はヒドイ。。。
カラスは賢いから防鳥糸の効果もなかったみたいです。
来年は新たな対策を考えないと。

畦から見た感じだと、栗の木の効果とアイガモ達のお陰で藻も草も、それほど生えてなさそう。
早く終わりそうだなぁ なんて始める前は思っていたのでした。

お父さんに教えてもらったように、田んぼに入って泥を手でかき混ぜると、
水面下の泥の表面には草が生えていて、指でからめとっては泥に埋めていきます。

イネと同じくらいの大きさなので、うっかり見逃してしまいがちですが、
畳に使われるイグサ(写真手前中央)がイネに混じって所々に生えていて、これも見つけたら抜いていきます。

イグサ

四つん這いで田んぼに向き合い、目と手の感覚に意識を集中して作業をしていくと、
いつの間にか無になれ、この感じが私はとても好きです。

草取り

田んぼの中心に近づくにつれて、浅くなっていき、水は温かくなり、草が増えてきました~
これは前途多難!!

前途多難

 

アイガモが泳げるくらいの深さだと、足ひれで泥がかきまぜられるので、草が生えにくくなりますが、浅い所はアイガモ達が泥の上を歩いてしまうので、草がはびこってしまうそうです。
しかも太陽光も届くので、ギッシリ分厚く草がはびこっていてなかなか作業がはかどらず、気が付けば終わっていないのは私だけでした。。。
お父さんに助けられやっとFinish!
草取りを甘くみてました~大変でした(^^;)

この田んぼの半分は私達が手で植えて、残り半分は機械で植えてあるのですが、贔屓目ではなく、私達が植えた方が沢山分けつして力強く育っていました。
「大勢で田んぼに入って作業したお陰で、泥が良く混ざったのが良かったんだろう」
とお父さんが話してくれました。

私達が手植えをした成果が、イネの成長に現れるなんて!こんなに嬉しい事ないです(^o^)
今回の作業でも、泥をかき混ぜたり、田んぼの中を歩くたりした時に、泥の中からブクブクとメタンガスの泡が出ていき、これがまたイネの根っこにとっては良いことだそうです。

ぐにゃぐにゃに曲がって植えられた様を見た時は肩を落としましたが、
人が田んぼに入ることで得られる効果があると分かって、
ますますやり甲斐が湧いてきましたp(^-^)
でももう少し真っ直ぐ植えられるようにしたいです。。。来年はそこもがんばろう!
ひどい

草取りのあとは、息子のこゆるくんの自然農の田んぼの見学へ。
すごいとは聞いていたけど、アオミドロで水面が半分くらい隠れていました。
でも「綺麗だなぁ」なんて思ってしましました。
こゆる田んぼ
水面をジッと見ていると小さい生き物が沢山動いていて、カエルも沢山いて、
アイガモのいる田んぼとも全く違う、生き生きとした田んぼでした。
ここで、どんな味のお米がとれるのか?今後が楽しみです。

母屋に帰るともう縁側には、ふみちゃんの手料理とみんなの持ち寄ったオカズが並んでました。
今回も豪華~おいしそう~いただきます!
0608 009
暑い時に飲むビールはおいしいのですが、おいしいお料理には日本酒が合います。
フミちゃんのホタルイカの沖漬けとほ穂はベストマッチでした!
0608 011

食後、みやもと山と歴史をともにしてきたといわれる熊野神社へお参りに。
806年に創建された由緒のある神社で、境内に入ると太い杉たちに囲まれ、見下ろされ、
鳥居の外とは別世界、厳かな場所でした。
0608 017
次回は7/28(日)に、アイガモが田んぼから逃げないように囲っているネットや防鳥糸などの撤去作業を行います。
夜は田んぼへ平家ホタルを見に行きましょう♪
ご予定を空けてお待ち下さい(^^)