活動記録!

5/4-5,5-6 北川園さんの新茶摘み手伝い隊

今年もやってきました北川園の新茶摘み。
毎年大人気のこのイベント、今年はついに2回連続の開催。
のべ25人の方に参加して頂きました。

集合1

集合2

1、2年目は春先の寒さで新茶が摘めず茶畑の除草。
3年目は茶摘み初日。
4年目の今年は、既に1週間前に茶摘みが始まっており、忙しい最中のお手伝いでした。

北川さんが所属している「自然のわ研究会」の北川園、杉本園、善光園は、
お互いに協力してメンバーの畑の茶刈りを行っているので、
週末農風も色んな畑に行き、茶刈り機の補助、刈り取った茶葉の運搬、
茶刈り前の畑の除草などお手伝いしました。

崖のように傾斜がきつい畑。
収穫した茶葉を担いでトラックまで運ぶのは大変でした。

崖

崖2

杖をついて山を登り、たどり着いた茶畑は一面わらび!
全員でわらびを引っこ抜いてスッキリ~やりがいがありました。

杖

わらび

畑によって茶の成長具合が違うのはもちろんですが、
生えている雑草の種類も異なっていて、そんなところも自然栽培ならではの発見です。

刈り取った茶葉は杉本さんの母屋に併設されている製茶工場に運ばれて、
4時間かけてお茶になります。
4日の午後にみんなが収穫した茶葉が、帰るときには「初芽」と名づけられて販売されていました!
自分が刈り取ったお茶を飲めるなんて最高じゃない?!

初芽かいました

GW中に島田市で開催されていた「世界のお茶まつり」に合わせて、
自然のわ研究会でも杉本さんの駐車場で新茶の試飲・販売をしており、
女子達は茶娘に変身して販売のお手伝いもしました。

茶娘

お客さんにも好評でしたが、一番喜んでいたのは北川さんかもしれません(^^)

茶娘&北川さん

茶畑では共同作業をしている自然のわ研究会のメンバーですが、
お茶の製造はそれぞれ独自に行い、調合は仲間といえども秘密だそうです。
だから当然、お茶の種類によって味が変わるわけで、
しかもお茶のいれかたも変えないと、美味しくいれられないそうです。
買う時にお湯の温度や蒸らし時間を聞いておくと良いですよ☆

お茶の種類

家で日本茶を飲む人が減ってきて、日本茶用の急須がない方も多いのでは?
急須の大きさと茶漉しの目の細かさも、美味しいお茶を飲むには大事だそうです。
3~4杯いれられる大きさで、目の細かい茶漉しが良いそうです。

130503~6 092

夕飯は静岡の美味しい物がズラリ~
静岡の黒いおでん、釜揚げしらす、旬のタケノコご飯に、摘みたての茶の芽の天ぷら♪
連夜の宴会は食べて呑んで、盛り上がりました(*^o^*)

130503~6 046

130503~6 151

北川さんのお母さんが育てたほうれん草は、おひたしでも、胡麻和えでも、白和えになっても
最高に美味しかったです。

130503~6 049

翌朝、眠気も吹き飛ばす北川さんのいれたお茶で極上の一服。

130503~6 156

130503~6 155

忙しい最中だというのに、北川さんをはじめ自然のわ研究会の皆さんにはお世話になりました。
メンバーの方たちは皆さん気さくで話好き。
そして、お茶のことを語らせたら熱い!
お茶の木を子供のように語ります。
栄養を与えすぎて甘えさせないように。重い機械で根を踏み潰したらかわいそう。
大切な茶木が長生きするように育てています。

有機のお茶を作り続けるのは色々な苦労があるそう。
慣行農法では夏にも2番茶を収穫するのですが、すごい量の農薬を使っているため北川さん達は刈り捨てます。
年間収量が1回分少ない上に、茶葉が虫に食われれば等級を落とされ。
更にお茶問屋さんでは『無農薬』と言ってしまうと、大多数の農薬を使っているお茶農家さんを否定してしまう事になるので大きくとりあげてもらえない。
有機認証を取るのは、お金も手間も非常にかかる。。。

利益だけを考えたら慣行農法には全くかなわない。
ぞれでも自分達の納得のいく、安全で美味しいお茶を作るために頑張っている北川さんはカッコいいと思いました(^^)

5/26のアースデイマーケットでは、北川さんにお茶のいれ方ワークショップをしてもらいます!
新茶ももちろん販売します!
お楽しみに~