活動記録!

5/4-5,5-6 北川園さんの新茶摘み手伝い隊

今年もやってきました北川園の新茶摘み。
毎年大人気のこのイベント、今年はついに2回連続の開催。
のべ25人の方に参加して頂きました。

集合1

集合2

1、2年目は春先の寒さで新茶が摘めず茶畑の除草。
3年目は茶摘み初日。
4年目の今年は、既に1週間前に茶摘みが始まっており、忙しい最中のお手伝いでした。

北川さんが所属している「自然のわ研究会」の北川園、杉本園、善光園は、
お互いに協力してメンバーの畑の茶刈りを行っているので、
週末農風も色んな畑に行き、茶刈り機の補助、刈り取った茶葉の運搬、
茶刈り前の畑の除草などお手伝いしました。

崖のように傾斜がきつい畑。
収穫した茶葉を担いでトラックまで運ぶのは大変でした。

崖

崖2

杖をついて山を登り、たどり着いた茶畑は一面わらび!
全員でわらびを引っこ抜いてスッキリ~やりがいがありました。

杖

わらび

畑によって茶の成長具合が違うのはもちろんですが、
生えている雑草の種類も異なっていて、そんなところも自然栽培ならではの発見です。

刈り取った茶葉は杉本さんの母屋に併設されている製茶工場に運ばれて、
4時間かけてお茶になります。
4日の午後にみんなが収穫した茶葉が、帰るときには「初芽」と名づけられて販売されていました!
自分が刈り取ったお茶を飲めるなんて最高じゃない?!

初芽かいました

GW中に島田市で開催されていた「世界のお茶まつり」に合わせて、
自然のわ研究会でも杉本さんの駐車場で新茶の試飲・販売をしており、
女子達は茶娘に変身して販売のお手伝いもしました。

茶娘

お客さんにも好評でしたが、一番喜んでいたのは北川さんかもしれません(^^)

茶娘&北川さん

茶畑では共同作業をしている自然のわ研究会のメンバーですが、
お茶の製造はそれぞれ独自に行い、調合は仲間といえども秘密だそうです。
だから当然、お茶の種類によって味が変わるわけで、
しかもお茶のいれかたも変えないと、美味しくいれられないそうです。
買う時にお湯の温度や蒸らし時間を聞いておくと良いですよ☆

お茶の種類

家で日本茶を飲む人が減ってきて、日本茶用の急須がない方も多いのでは?
急須の大きさと茶漉しの目の細かさも、美味しいお茶を飲むには大事だそうです。
3~4杯いれられる大きさで、目の細かい茶漉しが良いそうです。

130503~6 092

夕飯は静岡の美味しい物がズラリ~
静岡の黒いおでん、釜揚げしらす、旬のタケノコご飯に、摘みたての茶の芽の天ぷら♪
連夜の宴会は食べて呑んで、盛り上がりました(*^o^*)

130503~6 046

130503~6 151

北川さんのお母さんが育てたほうれん草は、おひたしでも、胡麻和えでも、白和えになっても
最高に美味しかったです。

130503~6 049

翌朝、眠気も吹き飛ばす北川さんのいれたお茶で極上の一服。

130503~6 156

130503~6 155

忙しい最中だというのに、北川さんをはじめ自然のわ研究会の皆さんにはお世話になりました。
メンバーの方たちは皆さん気さくで話好き。
そして、お茶のことを語らせたら熱い!
お茶の木を子供のように語ります。
栄養を与えすぎて甘えさせないように。重い機械で根を踏み潰したらかわいそう。
大切な茶木が長生きするように育てています。

有機のお茶を作り続けるのは色々な苦労があるそう。
慣行農法では夏にも2番茶を収穫するのですが、すごい量の農薬を使っているため北川さん達は刈り捨てます。
年間収量が1回分少ない上に、茶葉が虫に食われれば等級を落とされ。
更にお茶問屋さんでは『無農薬』と言ってしまうと、大多数の農薬を使っているお茶農家さんを否定してしまう事になるので大きくとりあげてもらえない。
有機認証を取るのは、お金も手間も非常にかかる。。。

利益だけを考えたら慣行農法には全くかなわない。
ぞれでも自分達の納得のいく、安全で美味しいお茶を作るために頑張っている北川さんはカッコいいと思いました(^^)

5/26のアースデイマーケットでは、北川さんにお茶のいれ方ワークショップをしてもらいます!
新茶ももちろん販売します!
お楽しみに~

5/3 アイガモ米トラストほ穂の会☆田植え

2年目のアイガモ米トラストほ穂の会、はじまりました~
今年は晴天!しかも大人29人・子供3人と大勢の方たちに参加して頂きました!

みやもと山のご主人、斉藤實さんに案内されて水田に到着。
まずは水田に目印のロープを張り、トラックからコシヒカリの苗をおろしました。

苗

この日は日差しが暖かだったものの、風が強く肌寒かったのですが、
膝までパンツのすそをまくり上げて肌足になって準備万端。

説明

まずは斎藤さんから田植えを教わりました。
苗を3本ずつ取り、右端は目印のロープの下。
右足の外にもう1つ、両足の間に2つ、左足の外側に2つ。
1列に計6つずつ植えていきます。

田植え1

みんな手に手に苗を持ち、田んぼに散開。
等間隔に、且つ、1列に真っ直ぐ植えるのって難し~

田植え2

水田の深いところでは田水も水底の泥もひんやりしていましたが、
浅いところは水も泥も温かで、カエルの合唱やウグイスの綺麗な声に励まされ田植え終了!
みんな意気揚々と田んぼから上がってきたのですが、
振り返って見た田んぼは、目を覆いたくなるような光景でした。
トラクターで整然と植えられた左側に比べ、私達が植えた右側はヒドイw

田植え後

斎藤さんは毎日きれいな田んぼの風景を見るのを、楽しみにしているそうなのですが、
「この田んぼの前を通る時は目を覆って通り過ぎます」と仰ってました(^^;)
申し訳ないです。。。

お昼はみやもと山のフミちゃんのタケノコご飯とタケノコ料理と1品持ち寄りのポットラック♪
みなさんお料理上手で、美味しそうなお料理が縁台に並びました(o^-^o)

ふみちゃん

ご飯

蕎麦うち名人のSくんは、今回もお蕎麦を持ってきてくれました~
私がオススメした石臼挽きの蕎麦粉と小麦粉は、残念ながら蕎麦にはならなかったそうで、
みんなで丸めて蕎麦だんごになりました☆

蕎麦

蕎麦ダンゴ

週末農風のスタッフは、私はほ穂の酒粕と米粉でグラタンを。
カメラマンの田中は祝島のひじきでサラダを作りました。
近々「おいしい農風」にレシピをアップしますね(^^)

日本酒ほ穂でほ穂の会の門出を祝して乾杯~
皆様よろしくお願いしますm(_”_)m

乾杯

お皿もコップも中味が寂しくなってきたところで、
みやもと山恒例の近況報告タイム!
自己紹介と最近嬉しかった事を報告して頂きました。

朝、参加者の親子が集合時間よりも早く到着してしまい、
八日市場駅前で待ちぼうけしていたところ、
孫に電車を見せるために駅にきたおばあちゃんに声を掛けられ、
町内を案内してもらい、みやもと山ままで案内してもらっただけでなく、
おばあちゃんとお孫さんは、そのまま田植えにも宴会にも参加されていきました。
暖かな出会いに感謝☆

孫

次回は6月上旬に草取りです!
その頃には小さなヒヨコだったアイガモは、立派に成長してるんだろうな。
私達が行くまで、草取り頼んだよ~

写真(2)

☆アイガモ米トラストほ穂の会 会員募集中です!

「アイガモトラストほ穂の会」は、毎月代々木公園で開催されている、東京朝市・Earth Day Market に出店している農家と酒屋のコラボから生まれた、田植えからはじめる純米酒造りの会です。
説明
・お米つくりはアースデイマーケットの老舗「みやもと山」さんの田んぼで、
アイガモさん達にも手伝ってもらいながら無農薬・無化学肥料で育てます。

・お酒造りは酒屋の「魚屋」さんを介し、来福酒造さんの花酵母で純米酒「ほ穂」を仕込んでもらいます。
24年度はツルバラの酵母で造られました。来年度は何の酵母になるのかも楽しみ♪

・この会の企画・運営は、Earth Day Market に出店している農家さんの援農イベントを毎月開催している週末農風が行います。
http://週末農風.jp/

○食べてよし、呑んでよしの「アイガモトラストほ穂の会」のコースは3つから選べます。

A ほ穂コース ほ穂の原酒 720ml、酒粕、米粉 3500円
B アイガモ米コース アイガモ米の玄米5kg 4000円
C どっちもコース A+B 7000円

会員さんは、GWの田植えから稲刈りまで、月に1度開催される援農イベントに参加できます。
農作業とともに、みやもと山さんのおいしいご飯も楽しみに!

【農作業イベントの1日の流れ】

田んぼの場所:千葉県匝瑳市「みやもと山(斎藤さん)」

集合 9:45 JR総武本線 八日市場駅
到着後、農作業着に着替えて田んぼへ。
お昼頃、みやもと山さんの季節のご馳走と参加者のポットラックを囲んだり、
オーガニックカフェに行ったり。もちろん「ほ穂」も呑みます(^^)
16:24 八日市場発の電車で帰宅。

【年間活動予定】

5/3 田植え終了
6/8 アイガモと草取り
7月 アイガモの撤収
8月 交流会
9月 稲刈り、脱穀
年始 お蔵見学

【お申し込み先 shumatsu.nofu@gmail.com】
タイトルを「アイガモほ穂参加」で、メールにてお申し込み下さい。
❶氏名 ❷住所 ❸電話番号 ( 携帯 )