活動記録!

1/19-20 武藤農園さんの大根堀りと切干大根作り

再三のラブコールを受け、ようやく実現した武藤農園イベント♪
まだ雪の残る栃木県茂木町まで行ってきました!
2013.1.19 009

私が武藤さんと知り合ったのは、2年前のフードハートパーティでした。
「農家さんと仲良くなろう!」がコンセプトのパーティでお話をして、
武藤さんの憎めないキャラクターと美味しい大根に、
「絶対お手伝いに行きますから!」と言ったものの茂木町遠い!!
これはイベント立てるの難しい。。。。と保留になって1年半が経過(^^;)

次は去年の豊穣庵さんイベントに武藤さんが参加してくれた時。
宴会で披露してくれたオリジナル曲の切なくネガティブな歌とギターに、
私だけでなくその場にいた全員がハートをつかまれたはず。

「もうこれは行くしかない!」
豊穣庵の渡辺夫妻の後押しもあり、その日の内に武藤農園でのイベントが決定し、
メデタク武藤農園のイベント開催にこぎつけたのでした(^o^)

茂木までは車で2時間ほど。途中の直売所で夕飯の食材を購入しました。
茂木まで来ると野菜が安い!東京の2/3ほどのお値段でした。
今が旬の苺も忘れずにゲットd(^-^)

近くまで来たことを武藤さんに電話で知らせると、案の定お掃除の真っ最中。
『もう来ちゃったの~』と焦った声を聞くだけで、武藤さんの姿が目に浮かんでしまいました(^^)

武藤さんちの周りはまだ沢山雪が残ってましたが、太陽のお陰で覚悟してたほどは寒くありませんでした。
2013.1.19 143

武藤家に到着後、荷をほどいてお昼ご飯の準備をしていると、
那須から渡辺夫妻(よし江さん&かっちゃん)が、できたての山菜おこわに、ピーナツ餅。
自家製納豆に沢庵と沢山の差し入れを持って遊びにきてくれました!
うれし~~~い(^o^)
よし江さんがキッチンに入ると、途端にお昼の用意にも活気が沸いちゃいます♪
2013.1.19 134

お昼ごはんは、よし江さんのおこわと武藤さんが作ってくれたお味噌汁をよそい、
みんなのポットラックも並べて豪華な食卓になりました♪
2013.1.19 141

武藤さんのお父さんからウエルカムトーク。
普段は東京にお住まいですが、私達を出迎えるためにわざわざいらしてくれたのかな?
ず~~~っと家中のお掃除をしてくれてました(^^)
お父さんは、会社を辞め農業をやると決めた武藤さんへ
「自分人生だから好きなことをやったらいい」と後押ししてくれたそう。
新規就農にあたり、なかなか出てくる言葉ではないと思う。
きっと息子さんを信じて受け止めたんでしょうね。
ニコニコ優しい笑顔のステキなお父さんでした。
2013.1.19 139

大根堀りに畑へGO!
畑までの道のりも雪だらけでしたw
2013.1.19 155

畑に残ってる白菜も寒そうに出荷されるのを待ってます。
凍みた外側をはがせば内側は生き生き☆ 甘味もup!
2013.1.19 153

雪の下から大根を発掘。

2013.1.19 002

種をまくのが遅かったり、その後の寒さもあってミニサイズ。
でも使い切りできるくらいのサイズの方が嬉しいかも◎
2013.1.19 005

まずは庭先で大根洗い。寒い中お疲れ様でした~
大根あらい

皮付きのまま巨大スライサー=「大根突き器」でスライスしていきます。
手まで削っちゃわないように軍手は必須!
削った大根たちはザルに広げて一晩外におき霜にあてます。
2013.1.19 022

その頃、台所では夕飯の準備が進んでいました。
武藤さんちにある大根・白菜・人参・ねぎ・カボチャでできるもの。
という事で、白菜が沢山美味しく食べられる鍋と、野菜の味が生きる天ぷら、
直売所で買ったがんもと色んな野菜の煮物に決定!
スタッフの正海ちゃんが腕をふるってくれました☆

下見で伺った時に、台所の備品や調味料はチェックしてたので、
参加者の方に鍋、カセットコンロを持ってきていただいたり、
食器類は人数分事前に送り、足りない食材もそろえていきました。
それでもやっぱり14人分を作るとなると鍋が小さくて煮物を炊飯器でやったり、
あると思ってたポン酢がなくて、おろし醤油とゆずで即席のタレを作ったり。
次回は湯飲みも持っていかなきゃ~

そんなこんなで大わらわな夕飯準備でしたが、アースデイマーケット実行委員長の冨山一家も交えて賑やかな夕食がスタート♪
2013.1.19 029

白菜美味しかったな~すぐに鍋が空になってしまいました◎
おろし醤油のタレが意外といけました♪
お試しあれ!

待ってました!武藤さんの弾き語り♪
「キミのいない畑」を披露していただきました(^^)
歌詞を聞いていると、武藤さんが1人で畑で作業してる姿が目に浮かんでガンバレ!
と応援したくなります。
神田川の替え歌も聞きたかったな~次回はお願いします♪
2013.1.19 032

鍋の〆は参加者のSくんの手打ち蕎麦☆
前日打ってきてくれたそうで感謝感激O(^-^)O
見て~このキレイな蕎麦!
手作りのそばつゆもいいお味でした◎
2013.1.19 036

覚悟をしてたけど明け方は寒く、干しておいた大根には霜が降りてました。
美味しい切干に仕上がりますように。
2013.1.19 050

2013.1.19 047

2日目は武藤さんも一緒にお出かけ♪
まずご近所の「菓子処 いい村」さんへ。
2013.1.19 054

偶然にもイトウトモの同級生がやっている和菓子屋さんで、
次回は和菓子作りをやらせてもらおうかなと思ってます。
武藤さんの野菜を使ったお菓子ができたらいいな~

オススメの羽二重苺をイートイン。
こんなに滑らかな食感の羽二重餅は初めて!絶品でした☆
2013.1.19 059

食べてばかりですが(^^;)、昼食は益子町の雨巻山登山口近くにある「茶屋雨巻」さんへ。
店内はアチコチおしゃれな上に、本格的なピザ釜もあってステキなカフェでした。
2013.1.19 064

チーズの代わりにおからを載せたベジピザや、生ソーセージを使ったピザなど。
見た目も美しい上に美味しかった~
2013.1.19 071

次は、アースデイマーケットの「食の器市」にも出店される「川尻製陶所」さんへ。
川尻さんはご両親も陶芸家で、お父様は益子でも少ない登り窯を作れる職人さんです。
今回は息子さんの拓也さんの工房にお邪魔しました。

まずは登り窯見学。
坂の一番下に焚口があり、上に3つの作品を焼く焼成室が連なっています。
各焼成室の壁には穴があいていて、そこを通って熱が上に登っていく仕組みです。
2013.1.19 098

焚口の前で登り窯について説明をしていただき、みんなからは色んな質問があがりました。
火を入れると1300度にもなるそうで、薪だけでそんなに高温になるとは驚きでした。
2013.1.19 084

次は山から掘り出してきた粘土質の土の塊から、
粘土を精製する「水簸(スイヒ)」という作業を体験させていただきました。
水に浸った土を板を使ってかき混ぜてドロドロに溶かしていきます。
一見、草津の湯もみのようですが、沈んだ土に中々板が食い込まず大苦戦☆
2013.1.19 103

力強い男子の攪拌のおかげで、段々と粘土が水に溶けていき、
触るとちょっとヌルっとした感じになってきました。
これをこして大きな砂利を除き、沈殿させたものが陶器の原料となる粘土になります。
益子の粘土は砂利が多いのが特徴だそうで、独特のざらついた質感はザルの編目をスルーした小さな砂利の賜物。
土の塊から陶器を作り出す方法を編み出した先人の知恵に感服です☆

いよいよ工房の中に入り陶芸体験♪
手びねりでの作り方を教えていただきました。
2013.1.19 113

はじめはワイワイ「あーしよう」「こーしたい」など話をしながら
手を動かしてましたが、仕上げの段階に入ってくるとみんな口数も少なくなり
真剣な表情。
2013.1.19 123
2013.1.19 128

粘土に触っているうちに指先へ神経が集中していき、
器の厚みを感じながら仕上げていく作業はとても気持ちよかったです。
陶芸にはまりそ~

みんなの作品はコチラ↓

nyansachi

nidoyoshi

ake.19 130ara

kappakei

masamuto

tomo

焼きあがると2割ほど縮むそう。どんな釉薬をかけてくれるのかな~
仕上がりが楽しみです(^^)
自分達の作った器でオフ会とかも楽しそう♪

今回のイベントは農作業を手伝うということより、
武藤さんの人柄に触れてもらい、茂木や益子の魅力を知ってもらう事に
重点をおきました。
きっと「また行きたい!」と思ってくれたはず。
次回の武藤農園イベントは9月上旬にやろうと思ってます。
次はガッツリ農作業やりますよ~(笑)お楽しみに♪

イトウトモ