活動記録!

11/6 農園ゆうの収穫手伝い&塩づくり隊

農園ゆうの堀江さんの地元千倉町では、毎年お祭りで塩作りをしていて、
その塩作り隊長がお知り合いだという事で、
今回のイベントを企画しました。

「塩作り」なんてそうそう体験できないですし、
興味を持ってくれた方が沢山参加してくれました。
それなのに朝から小雨大雨を繰り返す悪天候。
こんなに雨に降られた事は今までなかったのに。。。

でも、堀江さんご家族やお仲間の方が、前もって用意をしてくれたお陰で、
無事に開催する事ができました。
参加していただいた皆さんも、雨にもめげずありがとうございました。

堀江さん宅に到着後、まずは気になる塩作り様子を見に行きました。
畳1枚くらいのバットからはもうもうと湯気が出ていて、
薄茶色の液体がグラグラと煮えていました。

堀江家の長男司くんが、水産試験場から海水を運んできたり、
まきを用意したりして準備を整え、
前日の朝から、バットに海水を継ぎ足しながら煮詰め、
300Lの海水が今やバットの半分くらいの量になっていました。

まきの燃えカスを網ですくいつつ、時折まきをくべて更に蒸発させていきます。
この段階でできるだけカスを取り除くのが、きれいな塩を作るポイントだそう。

塩ができるまで後1時間くらいかかるという事で、
その間に大ピーナッツ「おおまさり」を収穫しに行きました。

ピーナッツは枝から地面に伸びた根の先に実がなります。
横に伸びた枝をかき集めるようにして引き抜くと
沢山のピーナッツがついていて大歓声(^o^)
更にその大きさにも驚きの声☆
おおまさりは普通のピーナッツの倍くらいあるのです!

引き抜いた後は地中に残ってるピーナッツ探し。
シャベルで掘り返すと場所によっては、ゴロっと大きなのが見つかり、宝探しのよう☆
みんな『掘り出し物』を見つけようと真剣でした。
枝からピーナッツをむしって回収すると箱2つ分もあり、
2畳分くらいの収穫だったのにこんなに取れるんだと。
土ってスゴイなぁと思いました。

今回私と飯田が通っていた、クシマクロビオティックアカデミーの同期の方が
お二人参加されていたので、その方達にお昼ご飯の準備をお願いし、
サツマイモを堀りに行くチーム、塩を煮詰めるチームに別れて作業開始。

昼餉の用意は、野菜を収穫するところからだったので、
土を落とすだけでも時間がかかって、しかも人数も多かったし、結構大変でした。

サツマイモはお土産用と焼き芋用。
太いのやら小さいのやら色んなサイズのが、土から掘り出されました。
中くらいのを濡れ新聞紙とアルミにくるんで、塩を煮詰めてる焚火に投入。
こういう事ができるのも焚火のいいところ♪

『そろそろ塩の花が咲きますよ』と司くんが呼びに来てくれて、
みんな塩の周りに再集合。
朝見た時より更に水が少なくなって、グツグツと沸き立っていました。
トンボをゆっくり動かしてバットの角に塩水を寄せるようにしていくと、
端からサーッと白くなり塩が現れました。

できた塩をスコップですくって、ザルの上にひいた手ぬぐいの上に上げていきます。
みんなで順番に塩をすくっていき、ザルに山盛りの塩ができました。
海水の塩濃度は3%なので、計算上は300Lから約10kgの塩ができます。

みんなが昼食の用意をしている合間に、堀江さんがおじさんから譲りうけたミカン畑へ。
もちろんこれも無農薬。というより手が回らずほとんど放置してあるそう。
なのにこんなにたわわ~

もぎたてのミカンのジューシーなこと。
こんなに美味しいミカンは初めて☆
でも去年は収穫が間に合わず、半分以上捨ててしまったそうです。
今年は救済してあげたい!

ザルの下からポタポタと染み出してきているのが、豆腐を作る時に使うにがり。
茶色い液体で苦辛いw

コレが肌荒れに効くと塩作り隊長の福原さんに勧められ、
試しに手にすりこんでしばらくすると、、、
驚いた事に指の関節にできていたガサガサの湿疹がキレイに消えました!
後で調べてみたところ、にがりの成分であるマグネシウムは、
肌のシワや毛穴に詰まった汚れを吸い出す効果があるそう。
知らなかった~!もらってから毎日使ってます。

畑の野菜を沢山入れたお味噌汁が完成して、
長女のユキちゃんが作ってくれたおむすびと共にいただきます♪

おにぎりは塩むすびとサツマイモを炊き込んだのがあって美味しかったなぁ~

朝収穫したおおまさりが大人気!ホクホクして栗のような味。
サツマイモも焼けて、作った塩をかけて頂きました。
採れたて出来立てのお料理、最高の贅沢でした。

沢山食べた後はもう一働き。生姜を収穫に行きました。
生姜は地表から浅いところにできるので、引っ張るとすぐ抜けます。
茎の根元をカットして、根を取って終了。
13人もいるとあっという間に終わってしまいます。

お土産には収穫したサツマイモ、生姜、みかん、そしてお塩を頂きました。

お塩はまだ湿っている状態で、1ヶ月くらい天日干ししてにがりを抜くと
まろやかな塩が出来上がるそうです。
ウチではザルに入れて置いてあるのですが、
毎日受け皿ににがりが溜まっていて、塩は段々白くなっていってます。

生姜はレモンと一緒にハチミツ漬けにしたり、
サツマイモと一緒にご飯と炊き込んだり。
みかんは皮を取っておいて薬味にしてます。

自分で収穫してくると、大事に使って、美味しく食べてあげようって
気持ちがより強くなります。
みなさんはどうやって食べたでしょうか?
コメントお待ちしてます♪

今回はずっと雨で、大人数で参加したのに力が発揮できず残念でした。
また今度行く時は農作業に貢献したいです!

トモ