活動記録!

5/21 自然村~掌さんの田植え手伝い隊☆

こんにちは!イトウトモです。
5/21 快晴!夏の様な日差しで暑いくらいな陽気。
千葉県香取郡東庄町の岡野さん田植えのお手伝いに行ってきました。

この日、集まった週末農風メンバーは、11人+キッズ2人。
さらに、アースデイマーケット実行委員のTさんの仲間が11人。
珍しく男性参加者が多くて、男女比が半々くらいでした。

岡野さん&Tさんの指導のもと、苗を片手に田んぼへ足を踏み入れると、
1歩進むごとにズブズブと足が田んぼの中に沈み込み、
足を取られてコケそ~ 歩くだけでも大変ですw

そんな私達を尻目に、岡野さんのお子さんはひょいひょいと
田んぼの上を歩いていきます。
『カカトから足を抜いて歩くといいよ』と教えてもらいました。
やってみるとナルホド~ 歩きやすい!

田植えは苗を植える間隔が重要。
30cm間隔を正確に、真っすぐ1直線状に植えていきます。
この間隔は、苗に十分な日光を当て成長させる為と、後々の草刈り機や
稲刈り機が通れるようにする為です。

30cm間隔のハシゴ状の枠を目安に植えるグループと、
ヒモや苗箱で位置を確認しつつ植えるグループに分かれて、
田んぼの両端から植えていきました。

ハシゴ班は『いっせいのせ』と掛け声をかけてハシゴを動かし、
みんなで並んで苗を植えてて、すごい楽しそ~(≧∇≦)
微笑ましかったです♪

もう一方では間隔調整に余念がありません。
土が見える所は、トンボのような道具で線を引けるのですが、
水が貯まってる所は、苗箱を置いたりして見当をつけます。
(苗箱は30×60cmと丁度良くこしらえてあります)

前後左右を見回し、両隣の人とラインを合わせなきゃで難易度高↑
こちらも協調性が重要です。

『ここ曲がってるよー』『空いてるとこ植えてくね』などと声を掛けあい、
初対面の人とも自然とコミュニケーションを取るようになり、
やっていくうちに和気あいあいとした雰囲気。

手持ちの苗がなくなると『苗ちょうだ~い』の呼びかけで、
苗の固まりが田んぼの上を飛んでいき、ナイスキャッチ☆
みんな手も足も泥まみれで、笑顔全開、田んぼに活気がみなぎってました。

一方私の甥っ子(4歳児)は早々田植えに飽き、カエルを捕まえるのに夢中。
苗を踏みまくりでした。どうもスイマセンm(_ _)m

アマガエルやトノサマガエルは捕まえられたけど、
アカガエルには逃げられてましたwすごい跳躍力なんです(@.@;)

岡野さんのお子さんに、ザリガニを見せてもらったりして、
生きてる田んぼを満喫したよう。ありがとうございました。

さぁ待ちに待ったランチタイム!
岡野さんのタケノコご飯に具だくさんな味噌汁♪
浅浸けキュウリやおばあちゃんのフキの煮物も美味し~(≧∇≦)
参加者が持ち寄った品々は、和洋中のおかずからスイーツまであって、
どれから手をつけようか迷っちゃう~ 力作ぞろいでした◎

食後はそれぞれゆっくりと。
おばあちゃんと話したり、子供達と遊んだり、食べ続けたり。

一息ついた所で、田んぼへGO!
なんとあと1/5ほどで植え終わるそう。
去年は1日がかりで1/3しか植えられなかったそうだから大躍進です。
去年の経験が生きたのでしょう。
最後に曲がってる苗を植え直してフィニッシュ。

手のあいた人は、もち米の田んぼで、田植え機が植えそこなった所を
手植えしていきました。
機械はちゃんと植えてくれてるようで、意外とポコポコと抜けてて、
あっちこち植え足さなきゃでした。

その頃加工場では、お土産のおにぎり作りが始まってました。
昆布とオカカ、2種類を30こずつ。
やよいさん、おばあちゃん、参加者のSさん、私の4人で和やかに話しながらも、
手は止めずに次々とかわいいおにぎり達をこしらえました。
醤油とオカカのいい香り♪幸せ~な気分になります(^-^)

作り終えて母屋に戻ると、三々五々田んぼから引き上げてきてました。
縁台に並んだおにぎりと、初物のソラ豆、トマトにみんな目を輝かせ、
疲れが吹っ飛んでしまったよう☆

美味しい物を食べてる時って、みんな子供の様な笑顔になるんだなぁと、
みんなの顔を見て私も幸せな気持ちになりました。

この日の田植えで皆さんどんな事を感じられたでしょう?
田んぼに手足を入れた時のスッとした感覚。
太陽の光を浴びて身体を動かす気持ち良さ。
田植えが終わった時の達成感。
参加者同士の他愛のないおしゃべりや笑顔。
みんなで食べた美味しいご飯。
そして、岡野さんご家族の心地好い対応、優しさ。
色んな所に幸せや、喜びを感じてもらえていたら嬉しいです。

このような機会を与えてくれた岡野さん。
ありがとうございました。
また草取り、稲刈りなどお手伝いに行かせていただきたいと思います。

☆ イトウトモ☆

5/7-8 北川園さんの 茶摘み手伝い隊2011」第2陣♪

茶摘み手伝い隊、第2陣担当のイトウトモです。

天気予報で傘マークが土日をウロウロしてたのですが、
金谷駅に到着した頃は雨雲が去っており、参加者の皆さんも揃い一安心。
今回は男性2名、女性8名。
ほとんどの方と初対面だったので私もドキドキでした。

まずはお世話になる北川さん宅で作業着に着替え茶畑へ。
茶畑の傍らでみんなで輪になり仕出し弁当のランチ。
食べたり自己紹介したりしている間に雲が晴れ、暑いくらいに。
晴れ女or男がいたのかも♪
手に鎌を持ちいざ茶畑へ!

今週末こそは茶刈りを始められるだろうと思っていたのですが、
先週から気温が上がらず、葉が伸びなかったため茶刈りは今回もおあずけ。
茶木の周りの草取りをしました。
 
なだらかな傾斜で雑草も少なかったのですが、
何しろ暑くて。/(”;)
みんな自然と日陰に集まってしまいました。

私は夕飯のお買い物&仕度のため、先に上がらせてもらいましたが、
みんなはその後別の茶畑に移動して草取りを行ったそうです。
作業後は、夕飯の天ぷら用に茶の新芽を摘んだり、
タケノコ掘りもしてきたそうでみんな楽しそうに帰ってきました。

夕飯前に温泉へ。
向かう途中で富士山を見る事ができました!
4回目の訪問で初めて!!
しかもこの時期に富士山が見えるのは珍しいそうで、
かなりラッキーでした☆
カメラ持ってなかったのが悔やまれますw

大井川を渡った先にある伊太和里(いたわり)の湯は、
2つの源泉からお湯を引いていて、
内風呂は褐色のトロッとしたお湯、
露天風呂は透明でサラッとしたお湯でした。
泥と汗を流してスッキリ。温泉いいね~

さぁ夕飯準備ラストスパート!
みんなで協力して宴会のセッティングや盛り付けをし、
出来立てを食べたいパスタと天ぷらは参加者の方達に作って頂きました。

タケノコとワラビのパスタは、T君が自炊で鍛えたを腕を振るい、
車参加の女子4人組が、茶の芽天ぷらを揚げてくれました。
沢山摘んであったので1コ1コ揚げるのは大変そうでした。
みんなありがとう!

夕飯は北川さんのお母様が育てた野菜を中心にしたお惣菜と、
今が旬のタケノコ&ワラビのごはんとパスタ、静岡ならではのおでん、
桜エビ、お楽しみの茶の芽天ぷら!彩りもキレイ♪

いただきま~すと共に、食べる、飲む、しゃべる、しゃべる。
いつもながら北川さんのトークが一番のご馳走です☆


この夜も気が付けば0時。
名残惜しいですが、翌日6時起床に備えておひらきとしました。

翌朝もいい天気!しかも暑い!!半袖陽気でした。

朝食仕度組と布団干し組に分かれ、朝の準備。
屋根の上に乗る機会なんてなかなかないですよ~気持ち良かった(^O^)

朝食には北川さんがお茶をいれてくれました。

美味しくいれるコツ→
・ポットからお湯を別の容器に移して粗熱を取ったお湯を急須に注ぐ。
・最後の1滴(ゴールデンドロップ。コレが一番美味しい☆)まで注ぎきる。
・いれ終わった急須のフタを開けておくと2煎目も美味しく飲める。

朝からお腹いっぱい食べ、さぁ働かなきゃ~
この日は山中の茶畑に行くため、まずは北川さんお手製の竹杖選びから。
杖が必要なんてドンダケ?!と思ったら、軽いハイキング並。
みんな途中から無言になり、黙々と杖で漕ぐように登っていったのでした。

たどり着いた茶畑は、秘密の花園ならぬ『秘密の茶畑』。
周りは山に囲まれ、夏場は途中の道が雑草で覆われて入る事ができないそう。

ここなら他の茶畑で使われる農薬を気にする事なく、
理想的な無農薬のお茶を作る事ができるでしょう。
この茶畑は北川さんの仲間の杉本園さんの茶畑なのですが、
既に売約済みだそうです。
どんな味なのか飲んでみたいものです。

ここの茶木の間にはワラビが沢山生えていて、
飛び出てるワラビを引っこ抜きつつ下草を取っていきました。

お茶休憩もはさみつつ、ひたすら草取り。
時々吹く風が汗を乾かしてくれ、気持ち良く作業できました。

お昼ご飯の後は、帰りの電車を1時間遅らせワラビ摘みをする事に♪
残念ながらT君は、予定があるそうで一足先に下山。
お疲れ様でした(^o^)/

茶畑の背面の山を登りながら、雑草に紛れてる
柔らかそうなワラビの若芽を探しました。

ふと振り返って下を見ると、いつの間にかすごい登っていて、
金谷の町が見渡せました。
ホントに茶畑だらけ。。。

この斜面かなり急で、高い所が苦手な方はもちろん、
降りる時転げ落ちそうで怖かったw

みんな1食分くらいはのワラビを手にニコニコ◎
楽しさの余韻に浸っていたいところでしたが、
楽しい時間は過ぎるのが早いもので、時間おしまくりw

北川さんのお母さんと名残惜しみつつ北川家を後にし、
製茶工場のある杉本さん家へ。

丁度新茶を作ってるところだったので、
工場見学をさせて頂く予定だったのですが時間切れ。残念!

でも出来立てでまだ暖かい新茶を、
杉本さんの長男のエイゴ君が煎れてくれました。
 
まろやかな甘味とコクがあって、焦ってた心もスッと鎮まり、
自然と穏やかな笑顔になりました。
お茶っていいわぁと再確認。
次はゆっくり寄らせて頂きますね。

北川さんのところへは今回で6回目。
茶畑の魅力もさる事ながら、北川さんのお人柄も
参加者を魅了してしまうパワーを持っているなぁと思いました。

5/29のアースデイマーケットには新茶を持って来るとの事。
北川さんの愛がこもったお茶を買いに、是非いらっしゃって下さい♪

4/30-5/1北川園さんの茶摘み手伝い隊2011第一弾の報告!

第一弾の手伝い隊は4/30-5/1の一泊二日。
定員10人をオーバーして、12人の参加!

今年は収穫時期が遅れていたので、茶摘みはできませんでしたが、それでも草取りや工場の掃除などをお手伝いして、農家さんと楽しく交流。
旬の味覚もお腹いっぱい食べてきました(笑)

JR東海道本線の金谷駅に昼頃到着し、北川さん宅によって着替えを済ませてから、景色のいい茶畑でお昼ごはんを食べました♪

でも強風で弁当のふたが飛ばされそうになったり、なかなか大変でした^^;
その日は、いつも以上に風が強かったそうです。

 

私たち手伝い隊は、基本的にお昼ご飯は持参にしていますが、北川園さんのところに行く時はそのご近所のお惣菜屋さんにお弁当をお願いしています。
これもひとつの地域貢献?
(しまった、弁当写真を撮り忘れた。。)

 

べにふうき茶畑にて草取り。
さすがは自然農の茶畑だけあって、なぜかあさつきやシソの葉、自然薯、夏場にはゴーヤも採れる茶畑(?)なのです。

私は夕食の準備のため、途中でお買い物へ。
参加者の一人にも付き合ってもらい、杉本さん奥様と北川さんお母さんに近所のスーパーへ連れて行っていただきました。
東京では珍しい黒はんぺんや生しらすも買い物かごへ。

夕食の準備中、17時過ぎに作業から帰って来たみんなと合流、一緒に温泉に行きました♪

夕食は参加者12名に北川さんや茶農家仲間の杉本さんご家族も加わって、20名近い大宴会!

 →  

摘みたての茶の芽を天ぷらに!

筍ご飯、味噌汁、蟹玉クリームパスタ、豆腐マヨネーズのポテトサラダ、ほうれん草と人参のナムル、大根おろしとしらす干し、茶の芽の天ぷら、かき揚げ、生しらす、エシャレット、無添加チーズのサラダ、静岡おでん、など。
参加者の方からもお酒や食べ物の差し入れもあって、豪華でした♪

2日目、目が覚めると雨音が。。
いやいや、これも恵みの雨。
朝6時頃から朝食の支度を開始しました。
早く起きた人がキッチンに来て、朝食を準備するというゆるい感じ。
他に手のあいた人には布団の片づけや掃除をお願いしました。

雨ふりのため、作業はお茶工場の掃除。
掃除の前に、一通り工場見学をさせていただきました。

前のブログでも紹介しましたが、北川園さんは「しぜんのわ研究会」という4軒の有機栽培のお茶農家さんのメンバーです。
仲間の杉本園さんが工場を持っていて、そこで採れたお茶を加工します。
オーガニックの認証のためには、慣行栽培の茶葉と混ざらないように専用の工場が必要なのです。

なかなか掃除のやり甲斐がありました。
雑巾が、みるみるうちにまっ黒・・ではなく、緑!
お茶の汚れなので、汚い感じはしませんでした。

いつの間にか夢中になって、あっという間にお昼に。
そろそろお別れの時間です。。

「お茶畑に来たいと思っていた夢が実現できてよかった。」
「去年も参加して楽しかったから、今回も参加しました。ぜひまた来たいです。」
「草取りが思った以上に楽しくて、みんなでワイワイできたのがよかった。除草剤を使った草の生えていない隣の畑に比べて、雑草があって虫たちがいる北川さんの畑は生きていると感じた。」

など、お昼ごはんを食べながら様々な感想をいただきました。
今回は茶摘みの手伝いができずに参加者のみなさには申し訳なかったのですが、私たちのコンセプトは農体験というよりも農家さんのお手伝いになることに重点を置いています。
農作業の楽しさを知ると同時に、農家さんがふだんどんな仕事をしているかも知って、楽しく交流してほしい。
そういう意味ではコンセプトに合っているつもり、ですが、楽しかったという感想をいただけて、ホッとしました!
というか、私自身もとても楽しかったです。

またぜひお会いしましょう♪

まさこ