活動記録!

11/21,22 いろんなお豆の収穫隊♪ 豊穣庵にて

那須の豊穣庵でいろんなお豆の収穫隊頑張ってきました♪
メンバーは女性4名、男性2名。
20代~60代の仕事もイロイロ、個性的なメンツが集結しました。

今回1泊2日お世話になる渡辺さんのお宅は、
東北線の黒田原駅から車で15分ほどの林の中にあり、
耕地面積は東京ドーム2こ分もあるそうです。
それでも周辺では小規模な方だとか。
広すぎて想像がつきません(@-@)

母屋に荷物を置き作業着に着替えて、農園レストラン豊穣庵へ集合。
お茶と甘く煮た花豆を頂きながら、自己紹介と作業説明。
のんびりお話ししてるうちにお昼近くなり、作業は昼食後から。

最年長のサッチャンが渡辺さんの奥様のよし江さんと、
お昼の準備をしてくれてる間に、
お父さんに畑や牛舎を案内してもらいました。

渡辺さんは牛の繁殖をしていて、先月末にも1頭生まれたばかりです。
1ヶ月でこんなに大きくなるんですね。

夏ヘチマが植えてあった畑は麦が蒔かれていて、牛のエサにするそう。
お父さんが草むらから何か引っこ抜いていてなんと大きなカブ!
よく見ると、雑草に埋もれてカブがたくさん顔をのぞかせてました。

昼食に食べようとスライスしてたら、
よし江さんが「食べるの?」と微妙な表情。
?と思いつつも浅漬けにしておいしく頂いたのですが、
後でお父さんが「牛のエサ用のカブなんだ」と暴露。
固かったけど、普通に美味しかったのに~牛達贅沢!

ホースラディッシュも育てていて、
私はホースラディッシュ→ローストビーフ→ヨーロッパの連想から、
日本で育ててないと思ってたけど、
チューブ入りわさびの材料はほとんどホースラディッシュで、
本わさびと書いてあってもちょっぴり本わさびが入ってるだけだそうです。
安いと思ったらそういう訳だったんですねー

井戸には赤かぶが放たれていて金魚みたい。
きれいな湧水を引き込んでいてかけ流し状態です。

食前にお豆腐用に温めていた豆乳を味見。
できたての豆乳は甘くてクセがなく、
普段飲んでるパック豆乳とは全く別なものでした。

よし江さんに「臭みがないですねー」と言ったら、
「臭いって?」と不思議そうにされてしまいました。
独特の豆臭さってありますよね?
よし江さんがパック豆乳を飲んだら臭くてビックリしちゃうかも。

お昼は山菜おこわときのこ汁、山菜の煮物など。
どれもこれも美味しかった~

沢山食べた後は豆の収穫へ。
夏の暑さで高温障害にあい、できが悪いとは聞いていたけど、
これほどとは。。。

大豆と赤えんどう豆は鞘はできていても中味が入ってないものばかり。
小豆はまだましでしたが例年に比べたらヒドいものでしょう。
収穫していて悲しくなってしまいました。

でもよしえさんは「こんな事は今まで経験した事ない」と言いながらも、
「(今年悪い分)来年はいいはずよ」と前向き。
たくましいです。

畑からかまどの焚付けに使う小枝を拾いながら帰りました。
これこそ、いわゆる桃太郎のおじいさんがしていた「柴刈り」です。

おやつは自家製の米飴
サッちゃんが昔取った杵柄で、食べ方?遊び方?を教えてくれました。
箸でクルクル回して白っぽくするそうです~

やさしい甘さで水飴よりも柔らか、油断してるとたれてきてしまいます。
今度作り方を教えてもらお♪

一息ついたら黒小豆の殻出し作業。
収穫した黒小豆をたたいて鞘から出します。
初め遠慮がちに叩いていたのですが、
けっこう力を入れないと全然豆が出て来てくれず、
お父さんの「嫌いな人の顔を思い浮かべて」の言葉に力を借りて?
ガンガン叩いていきました。

でも、叩いただけではまだ鞘に残っているので、
さらに手でしごいて中身を出していきます。

収穫よりも手間がかかって、でも暗くなる前に終了。
とれた黒小豆は、まだゴミも沢山混じってる状態で米袋に半分程。
明日選別する事に。

夕飯前に『那須山』温泉へ。
源泉掛け流しで露天風呂もあり、広いし、キレイだし、
おススメの日帰り温泉です b(^^)

帰宅すると、コロッケを揚げてる最中でした。
中身は食べてみてのお楽しみ♪
お昼に作っておいた木綿豆腐も完成!
薬味はホースラディッシュ。
お惣菜を色々並べて、ビールやお酒を手に手に乾杯(^o^)ノ

早速コロッケに箸をのばしてパクッ。
?!とろ~リモッチリした玄米クリームコロッケでした!

玄米をとろとろに炊いて、クリームコロッケのように
仕上げたんだそうだけど、メチャ美味☆よし江さん天才♪

木綿豆腐は今まで食べた中で最高の味でした。

密度が高くてしっかりしてるけど、モソモソしておらず、
味は濃厚でクリームチーズのようでした。
もっと食べたかった~

明朝6時起床なので23時頃にはおひらきにして就寝。
寒がりの私はダウンを着たまま寝ました。
日中は暖かだったけど夜は寒いw


朝焼け。みるみる明るくなりました。
今日もいいお天気になりそう♪

朝食はかまど炊きの白米♪
「赤子泣くまでフタ取るな」と言うけど、
ちょっとなら開けても大丈夫なんだそうで、様子を見つつ火加減。
ワンこも見守ってますw

湯気が沢山上がってきて水気がなくなったところで、
かまどの中の燃え残りを隣へ移して消火。
ご飯炊けました~お焦げもなく上出来☆

かまどで炊くと、米粒がシャっきりしていて、
粒と粒の間に空気感があるふんわりした炊きあがりになります。
新米コシヒカリ見た目も味も最高でした。

自家製の大粒の納豆はしっかり納豆菌が入ってて柔らか。
ネバネバしてるのに全然納豆臭くない。

豆乳といい納豆といい、普段食べてるものと味が違い過ぎてビックリ。
これが本来の味なんでしょうね☆

作業の前に豆乳搾り。
一晩おいた大豆を生のままミキサーにかけて布袋に入れて搾ります。

搾りカスは普通のオカラより豆々しく2番搾りもいけそうなくらい。
でもこれは牛のエサに、我々は贅沢搾りの豆乳で、
お昼に汲み上げ豆腐を食べるのだ♪楽しみー

ご近所から借りて来た唐箕(とうみ)で、昨日の黒小豆を選別。
漏斗の中に収穫した豆を入れ、ハンドルを回すと、
中にある羽が回転して風を送り、
落下してきた殻やくずなど軽いものは遠くへ吹き飛ばし、
しっかり実の詰まった豆を手前の口から回収すると言う仕組み。

これを数回やるうちに、段々豆だけになり、
小粒なのや欠けていたの白っぽくなったものも選り分けられ、
黒くキレイめな豆だけになります。

それでも色は黒っぽいのから赤っぽいのまでバラバラで、形も不揃い。
この現実を知ると、スーパーで売られているピカピカした小豆って
どんな風に作られているのか、ちょっと怖くなりましたw

不作だった赤エンドウは豆が入っている鞘が少ないので、
手で鞘出ししました。

良くできた豆が少なくて、1本から数粒程度。
空鞘ばかりでまるまる捨ててしまったのもありました。

そうなってくると、まん丸くて真っ赤な豆が鞘から出て来たときは、
くじ引きで当りが出たような嬉しさ。愛おしくなっちゃいます。

我々のお土産用と、お昼用にお餅を2臼つきました。
男性の参加者がいて良かったー
パワフルな餅つきっぷりで、たちまちツヤツヤにつきあがりました。

お土産用はビニール袋に充填してのし餅に。
お昼用には小さく丸めて、きな粉とあんこと納豆に和えました。

重箱4つ分の丸め餅と、まだ温かなくみ豆腐を机に並べて最後の昼食。

手でついたお餅は弾力があって伸びがいい~
きな粉もあんこも納豆もどれも美味しくて、
もっともっと食べたいのに3種類を1こずつ食べるのがやっとでした。
1番食べた人はお餅7つとおにぎり2こ。
沢山食べられて羨ましいです☆

くみ豆腐は柔らかくてのどごしが良く、デザート感覚。
ここにきて、大豆のおいしさを再認識しました。
休みの日に豆乳を作ってみようと思ってます o(^^)o

16時の終了予定時刻まで、残りの赤エンドウの鞘だしを終えました。
いい豆だけを鞘出ししたので、採れたのはホントに少なく、
蒔いた分を回収できたのかどうか。。。

今回週末農風がお手伝いしたのは収穫と脱穀でしたが、
この後さらに地道な選別作業があります。
大規模に作っているとこなら機械でできてしまうんでしょうけど、
手作業でこなすのは大変な手間がかかることが分かりました。
豆類の自給率が低いのもうなづけます。

よし江さんの希望は、
「とにかく那須にきて欲しい」
「那須を知ってもらいたい」
「那須で就農してくれる人大募集!」

だそうです。

また、伝統技術を残していきたいとも考えていて、
今は麻の一種の「からむし」から糸つむぎにチャレンジしたい!
と思っているそうです。
農作業+そういったワークショップをするのもいいなと思ってます(^^)

とりあえず2月は
「田んぼの溝切り+ドジョウすくい+那須牛のビーフシチュー」
イベントを企画する予定です!
乞うご期待 (^-‘)♪

(イトウトモ)

11/14 自然村~掌さんの 収穫祭♪

干し柿皮むき隊の翌朝、前日にも会った顔ぶれの4人で東京駅から高速バスで千葉県東庄町ヘ。
この日は自然村~掌 岡野さんの収穫祭です。
疲れたなんて、眠いなんて言ってられません!テンション上げてGO!!

10月に稲刈り&天日干しでお邪魔した時は公民館を利用したので、
今回初めての岡野家訪問です。
広い縁側のあるイメージ通りのお宅☆庭先で収穫祭の用意が始まってました。

メインはもちろん新米!岡野さんはイセヒカリという品種を作っています。

※イセヒカリとは。。。
ある年、2度の台風で伊勢神宮神田のイネはことごとく倒れてしまったのですが、
コシヒカリの植えられていた田んぼで、2株だけ直立したまま生き延びた株がありました。
この株から取った種籾を育てた所、コシヒカリとはイネの形も味も異なり、
別品種と認められました。伊勢神宮の意向で品種登録はされておらず、
農家さんが神田から分譲してもらって栽培しているのでとても貴重です。

この貴重なイセヒカリをおばあちゃんがかまどで炊いてくれます♪
火おこしもお手の物。なんなくかまどに火がくべられて炊飯開始。

炊き上がりを待ってる間に、主催者の岡野哲也さん、冨山さんの開墾から始まった赤カエル米トラストの話。
熱い思いと汗と苦労、収穫の喜び。色んな思いが伝わってきました。

参加者全員が自己紹介し終わったところで収穫を祝って乾杯(^∀^)ノ
岡野家特製けんちん汁が振る舞われ、みんなのポットラックをおかずに宴会が始まりました。

「ご飯が炊けましたよー」の声にお茶碗を持って集まった人、ふたを開けた時のふわーと上がる湯気を撮ろうとカメラを構える人、
「米粒たってるかな♪」「カニ穴あいてるかな♪」などと、みんなワクワクしながらふたがあく瞬間を注目してました。
「開けるよー」っといざふたをあけてみたら、すでにおばあちゃんがかき混ぜてくれた後でした(^^;)

大コケしたのも束の間。みんな目を輝かせてご飯をよそってました。
チーム冨山の方々、みないい笑顔で収穫の喜びを分かち合っていて羨ましかった~

ご相伴にあずかったイセヒカリは、さっぱり味でおかずを引き立てる名脇役って感じ。
イセヒカリの後コシヒカリを食べたら甘くてモッチリしてて、味の違いは明らかでした。
おにぎりだったらコシが勝ちだけど、カレーとか丼ものはイセのが断然美味しいと思います。
コシヒカリ一辺倒ではなく、おかずに合わせてご飯を選ぶなんて事をしたら、いいんじゃないかと思いました。

みんなのお腹が満足した頃、子供達のピザ作りが始まりました。
哲也さんは昔、某ピザチェーンでバイト経験があり、華麗にピザ生地を回してました♪
焼きたてのピザはパリッと香ばしくて最高でした♪

食後一服したところで、参加者による太鼓やバイオリンの演奏、やよいさんの田植え歌などみんな芸達者!
のんびりゆったりとした時間を過ごしました(^^)

この収穫祭にはエコや健康に関わる多方面の方々が招かれていて、色んなお話ができた事も収穫の一つです。
心地の良い場には心地いい人々が集うものですね。

最後にみんなで輪になって回れ右して前の人の肩たたき、反対向いて肩たたきしてお疲れ様。
一本ジメでおひらきとなりました。
最後にまた一体感が生まれた感じがして良かったです◎

来年は是非田植えから一緒にやらせて頂きたいです♪
やよいさんよろしくお願いします(^人^)

(イトウトモ)

11/13 干し柿皮むき隊♪ 山梨くだもの園なかむらにて

6月にぶどうの房作りでお世話になった『山梨くだもの園なかむら』さんへ、
今回は干し柿皮むき隊を結成して伺いました。
メンバーは女性10名、男性3名の計13名。myピーラー持参で集結です♪

干し柿と一言で言っても作り方や柿の種類の違いから、
色んな色や形、食感、味のものがあります。
東京ではあんぽ柿が一般的かな。
なかむらさんでは、山梨名産の1つである枯露柿(ころがき)を作っています。
枯露柿は、半乾きの柿を平台で転がしながら形を整えて作ったもので、
あんぽ柿より乾燥していて、赤い色をしてます。

隊員達は柿渋対策用の服装に着替え、
まずは中村社長から干し柿作りの説明を伺いました。

『甲州百目』という円錐形の大振りな渋柿をまだ実の固いうちに収穫し、
ヘタとりマシーンでヘタとその周りの皮を除去し(干し柿作りで機械化してるのはここだけ!)、
その後は手作業で柿全体の皮をキレイにむきます。

干す前に、黒変防止と殺菌のため硫黄燻蒸します。

「ホントはこの工程を入れたくないけど、無処理だと干してるうちに真っ黒になってしまい、見かけが悪いと売れないから仕方なく処理してる」そうです。
干し柿は黒い物と認知されれば、硫黄なんて使わなくてすむんですけど。
みんなで「ブラック干し柿」広めましょう!

ビニールハウスにズラ~と吊された何千個もの柿☆壮観でした!
3日前に干した柿の表面はもうカサついていて若干しぼんだ感じ。
このまま3週間程干されます。

寒くてカラッとした気候でこそ良い干し柿ができるのですが、
温暖化の影響で干し柿を作り始める時期が遅くなっていて、
今年は最近になってようやく始められたそうです。
本来ならもっと寒くなってからがいいけど、
お歳暮に間に合わないと商品価値が半分!になってしまうそうです。

程よく乾いたら柿をもんで芯を切ります。
この乾き具合、もみ具合は各農家さんの秘伝だそうです。

もんだ柿を平台に並べ転がして形を整えます。
この『転がす』という作業から「ころがき」と命名されたとも言われてます。
太陽の光を浴びると、色が赤く、甘くなるそう。
太陽の力ってスゴい!

さらに毛布をかけて寝かせ、表面に汗をかかせた後、
さらに天日干しすると白い粉が柿の表面を覆い、きれいにお化粧されます。
こうして手間をかけて枯露柿は完成。1こ300円。納得です。

いよいよ実際の作業に取りかかります。
なかむらさんのスタッフの松木さんに、皮のむき方を教えて頂きました。

何よりも重要なのは、皮を残さず取りきる事。
残ってると黒ずんでしまい、商品価値が下がってしまいます。
先端部分に渋が溜まるので、2、3回余分にすり落として完成です。

初めは1こむくのに数分かかっていたけど、
ピーラーの扱いに慣れてくるとスピードアップしていき、
30分かからずに1箱分がむけるようになりました。

作業がのってきた頃、お待ちかねのほうとうランチ♪

社長の奥様、直子さんの手打ち麺と手前味噌。
当然空中カボチャもふんだんに入ってます(^^)

なかむらさんのカボチャは生でも甘くて美味しいけど、
ほうとうの汁に溶け込んだカボチャはそれはもう最高でした。

手作りこんにゃくの味噌田楽も美味しかったー
いつもより固くなってしまったそうだけど、そのブリブリした食感が◎でした。

デザートのハチミツゆずりんごがまたGOOD!!
私は帰ってから早速作りました。

さらにスペシャルな事に、直子さんが社長の手を借りて仕込んだ、
巨峰のワインを味見させて頂きました♪
作り方は簡単。
ぶどうを手で潰して、砂糖を混ぜて放置しておくと、
1週間くらいでブクブクと発酵してきます。
それをろ過すればできあがり♪
荒めにこしたので果肉が残っていて濁り酒のような感じ。
巨峰の味がしていくらでも飲めちゃいそう。
昔のぶどう農家はワインを密造しては畑に穴を掘って埋めていたそう。
酒の匂いを嗅ぎ当てられて飲まれてしまうなんて事もあったとか。。。

さて皮むき後半戦。
みんな手慣れてきて、最後の方はヘタむきが間に合わなくなりました。
松木さんの「休憩してー」との言葉にも、「むいてる方が楽しい」なんて人もいて、
皮むきハマルみたいです。

1日でこんなにむいちゃいました!
柿の皮を干して、白菜を漬ける時に入れると美味しく漬かるそうです。
お試しあれ☆

最初に「一人ノルマ13箱(みかん箱)だから~」って言われて、
さすがにそれは無理だったけど10箱近くはむいたのではないかと。
空箱の山と前掛けの汚れっぷりから、みんなの頑張りぶりが分かります。
お疲れ様でしたm(_”_)m

なかむらさんからお土産は甘柿と自宅学習用の渋柿、
ゆずと”直ちゃん”のほうとうを頂きました。

帰ってからベランダに干し柿を吊してますが、2日目から黒ずんできました。
カビずにブラック干し柿になってくれるといいな♪見守っていきます。

帰る前に近くのはやぶさ温泉に寄りました。
源泉掛け流しの硫黄の香りがするいいお湯でした(*^_^*)
露天風呂が長風呂にはもってこいの温さで、おしゃべりが尽きず30分以上浸りっぱなし。
男子チームには待ちぼうけさせてしまったけど、温泉女子会盛り上がりました(^-^)♪

今回は天候に恵まれ念願の富士山も見られて、楽しく美味しく過ごせました。
準備をして頂いたなかむらの皆さん、ありがとうございました。

最後になりましたが車を出してくれた山梨のメンズにも感謝!